THE MANZAI2013 優勝はウーマンラッシュアワー

全体的に関西色がかなり強いメンバーでしたので新鮮味がなかったですけど、逆に言えば知っているコンビが多くて楽しく見られました。「客席にすごいカワイイ素人がいる!」と思ったら、指原莉乃でした

予選落ちしてしまった中で面白かったな~と感じたのは、学天即と東京ダイナマイトと天竺鼠。

学天即は普段スベリキャラ的な扱いで弄られていたのに、漫才では意外や意外、しっかりした王道漫才を見せてくれたのでびっくり。今回のメンバーの中では、最もオーソドックスな漫才だったと思います。銀シャリが王道漫才で負けたらダメだろうって思いますが。

東京ダイナマイトは、みのもんたを揶揄したブラックな時事ネタ。たけしへのリスペクトが感じられる芸風は、さすが元オフィス北野。ていうか、こういう方向性ならどうしてオフィス北野やめちゃったんでしょうね。

天竺鼠は個人的にファンだというだけで、賞レースで頂点を取れる未来はまったく見えない(笑) シュールな芸風とすら受け取ってもらえなさそうな悪ふざけは、恐らく見ていて不快感を憶えた人も多かったはず。

でも、天竺鼠の川原は普段のフリートークやロケでもあのキャラのままで貫き通すからすごいですよ。番組の流れを完全に無視して、独自の世界観でボケ倒すので、やっぱりそこでも「邪魔」「ウザイ」と嫌う人は多いんですが、どんなフリに対しても支離滅裂で荒唐無稽なボケを返す無限の発想力は天才的

南海キャンディーズの山ちゃんのように、1つ1つボケを細かく拾って突っ込んでくれるタイプとは本当に相性がいいです。なんとかケンドーコバヤシ的なポジションで、全国(東京)で受け入れてもらえると嬉しいんですけどね~! 浸透するのに何年かかるかな…(笑)

決勝は、NON STYLEに千鳥にウーマンラッシュアワーにと、関西の同期組がぶつかるという燃える展開。まぁ、個人的にはABCグループとも、一番面白いコンビが順当に勝ち抜いてきたという印象でしたが。

NON STYLEはアベレージの高い笑いで、一番安定はしています。ただオール4の笑いだけに、決勝を勝ち抜く突破力は欠けていた気がしますね。対戦相手が自爆してくれれば、消去法で選ばれるのはNON STYLEだったと思うんですけど…。賞レースでは常連のコンビだけに、来年辺りはそろそろ違った切り口の漫才も見てみたいな。

千鳥は1回目に珍しくキャッチーなネタを持ってきて、今回はマジで優勝が欲しいのかと思ったら、2回目は再びクセの強いネタを放り込み、千鳥らしさを見せつつ敗退。なんだか笑い飯的なポジションになってきましたねー。

滑舌良くないのに、何故か早口で噛まないという不思議な村本が喋り倒すウーマンラッシュアワーは、実力もあるし、独自性もあるし、華やかさもあるしで、ブレイクは時間の問題だと思われていたコンビ。ただバイトリーダーのネタを繰り返しすぎて、その印象で固定されてしまったのがもったいなかったです。

今回は、相方を陥れて自分が善人になろうとする村本のいやらしさが出たネタで、バイトリーダー以外でも質の高いネタを作れることを証明

決勝の2本目も同じネタを繰り返したので、やや笑いが下降線を描きつつありましたが、そこでネタ作りの裏事情を暴露するというメタな話に方向転換したのは上手かった。これは普段から村本がしつこいぐらい繰り返している相方弄りネタを漫才に組み込んできただけですけど、やっぱり村本のゲスな人間性が表面に出てくると面白いですね~。

この漫才が受けるってことは、村本のキャラもバラエティ番組内で受けるってことだと思いますから、来年はこれをきっかけに大きくブレイクしてくれるはず。先に名前が売れながらなかなか全国で人気定着できていないNON STYLEや千鳥よりも、後追いのウーマンラッシュアワーの方が売れるコンビになれるかも?

日清 カップヌードル 77g×20個

日清 カップヌードル 77g×20個

定価:¥ 3,888

Amazon価格:¥ 2,899

カテゴリ:食品&飲料


この記事のトラックバックURL

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。