「ビブリア古書堂の事件手帖」が月9ドラマ化。栞子役は剛力彩芽

長い黒髪。大きな瞳。豊満な胸。溢れる知性。物静かで上品。内気な人見知り。ビブリオマニア。そしてメガネ。篠川栞子と剛力彩芽を結びつける要素なんて性別以外何1つないというのに、これはもうミスキャストどころの騒ぎじゃないですね。キャスティングした人間のセンスを……いえ、コモンセンスを疑う

「ビブリア古書堂の事件手帖」は、古本屋の店主を務める美人なおねーさんと、その店でバイトする本が苦手な青年が日常のチョットした事件を紐解いていくミステリー。

栞子さんの持ち前の洞察力と該博な本の知識によって、たった1冊の古書から微かな意味を拾い上げ、そこから物語が敷衍していく爽快感。ミステリーといっても謎解きパートに焦点を当てていないので、肩肘を張らずに楽しめるのがいいところ。それでいて本格ミステリーのようなダイナミズムもあり、よく練られたストーリーだと感心させられます。

何より、栞子さん自身が非常に愛らしいキャラクターですので、「栞子さん萌え」が評価の過半数を占めているのは否定できない事実ですよね!

「だ、大丈夫ですよ……ほら、五浦さんはまだ働き始めたばかりですし……」
「少しずつ憶えていけばいいんです。今は全然ダメでも!」

私の好きな栞子さんのセリフはこれ(笑) ああ、私には五浦さんが五代さんに聞こえてしまう。美人で年上の女性と就職にあぶれたダメ青年のラブロマンスというと、どうしても大好きなめぞん一刻と重ねてしまいますよ。栞子さんは響子さんほど気が強くないですけど(笑)

ハァ…。そんな愛すべき栞子さんが剛力彩芽(呼び捨て)とはねぇ…。確かに栞子さんの魅力は芸能人に例えられるものではないので、どんな女優が演じても違和感はあったでしょうけれど、それでも比嘉愛未さんとか、香椎由宇さんとか、それなりに見た目で納得させてくれる人選はあったでしょうに。

栞子=剛力だと、第1話の夏目漱石の署名を鑑定してもらうシーンで、

剛力「残念ですけれど、この署名は偽物です」
大輔「そうでしたか。どうもありがとうございました」
剛力「すー、すすー、すー」

という風に話が終わっちゃうじゃないですか!(怒) 「ビブリア古書堂の事件手帖」は栞子さんが美人じゃないと成り立たない話ですよ! 大体、剛力にメガネが似合うわけねーだろ!(あ、メガネベストドレッサー賞取っていましたっけ…) 多分こういうのって、「月9で剛力彩芽主演」というのだけが先に決まっていて、「ビブリア」という原作はあとから付いてきたんでしょうねぇ。

散々文句を垂れてしまいましたが、イメージのギャップすら名演で埋めてしまえるのが真の女優。対極のイメージにある篠川栞子を完璧に演じきれたなら、剛力彩芽は世界に通ずる名女優であることが証明されるでしょう。それこそシマウマだろうがカブトガニだろうがカジキマグロだろうが、なんだってこなせるようになりますよ(投げやり)。

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)

著者/訳者:三上 延

出版社:アスキーメディアワークス( 2011-03-25 )

定価:

Amazon価格:¥ 637

文庫 ( 307 ページ )

ISBN-10 : 4048704699

ISBN-13 : 9784048704694


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. ご無沙汰しております。yutaです。

    生活が大きく変わった(東京⇒福岡へ戻る&新婚生活)ため慌ただしくしておりましたが、ようやく落ち着いてきたので久々に訪れてみました。
    トップ絵がかわっていましたが、浅生さんはお変わりなくなによりです。

    さてさて話題の件、私は原作を知らないのですがビブリオマニアと剛力彩芽が全く結びつかないので気になって調べてみました。(R.O.Dの読子さんを連想しました)

    これはミスキャストとしか思えませんよね。
    原作のイラスト見ましたが黒髪ロング・眼鏡・巨乳・知的・大きな瞳・美人どれも彼女に当てはまりませんよね。全部逆かな?倉科カナさんならどうでしょうか?と言うか原作も決して月9向きではないような気がします。まぁアニメの声の演技ではR.O.Dの読子・リードマン=三浦理恵子みたいな『意外とあってる』ってこともあり得ますが、ドラマでは無理でしょうね。

    私の予想では原作からはキャラ名・設定だけお借りして、恋愛要素が妙に絡んでくるか、または以前夜中に長澤まさみさんがやっていた『都市伝説の女』(ビブリオマニア=古書オタクだろみたいな安易な解釈で)みたいになってしまうのではないかと思いますね。
    (『都市伝説の女』はそういうお話なので面白かったですが)

    何にせよ原作ファンが望んでない形で作られそうですね。
    この子と武井咲は女優としては『数字取れない』ってレッテル貼られてるからそこに新たな1ページが加わりそうです。

  2.  yutaさん
    yutaさん、お久しぶりです~。帰郷しただけでなくご結婚までなさったんですか! おめでとうございます!

    私はお変わりないですけど、果たしてそれがいいことなのか悪いことなのか。ちなみにトップ絵は近いうちにまた変わるかもしれませんね。

    >ビブリオマニアと剛力彩芽が全く結びつかない
    「本の話になると目がキラキラ輝いて、生き生きとしゃべっている様子が小説なのに想像できました」このコメントだけで彼女がまったく本を読まない人だということはわかります(笑) 内面といい外見といい、本当に栞子さんと剛力の共通点がどこにもない。性格は演技でカバーできたとしても、見た目のタイプが絶望的に違うのは…。

    公式のイメージ画像なんてシュールそのもの。せめて小菅奈緒役ぐらいで我慢してください…。篠川栞子役だけはどうか勘弁して…。

    >キャラ名・設定だけお借りして、恋愛要素が妙に絡んでくる
    原作にいないライバルキャラが出てきそう。栞子が通う病院で、彼女に一目惚れしたイケメン医師とか。

    原作は明らかに月9路線とは異なる作風なので、月9の新境地を見せるつもりなのか、それとも原作の方を月9仕様に捻じ曲げるつもりなのか。まぁ、後者なんでしょうけどね。原作と違う作品を作りたいなら原作と違うタイトルで作れ。

  3. こんばんは
    結婚自体は春にしたんですけどね。秋に元の職場に戻れることが判っていたので暫く単身でした。先月からようやく一緒に暮らし始めたとこです。

    >性格は演技でカバー
    どうですかね(笑)仮に演技力があったとしてもあの鼻がつまったような声が邪魔しそうですね。未来日記がダメだったんで私は演技力に期待できない方ですが。しかし公式・・・シュールな画像だな~。

    ネットでは結構話題になってるようですね。否定的な方向で。
    声優の池澤春奈さんはこれが原因(イメージが違うと呟いた)でtwitter休止することになったようですよ。まぁ事務所が同じようなのでそれは言っちゃダメですね。(ホンダ社員が売り出し中のNBOXをけなすようなものだし)

    >月9仕様に捻じ曲げるつもりなのか
    過去編だったりして。勝手にお話し作って。
    まぁゴーリキーもイメージ全部覆す、髪形もショートのままやるってコメントしてるみたいですし別物ですよ。原作:ビックリマン、ドラマ:ドキドキ学園くらいですかね。

  4.  yutaさん
    改めておめでとうございます。まさに今、新婚生活の真っ只中ですね~。私もエロゲでは何度も経験しているんですけど。

    >あの鼻がつまったような声が邪魔しそう
    ひ、ひどい(笑) けど、確かに私もあの声は苦手。そもそも私がイメージする栞子さんの声はか細いウィスパーボイスなので、声までも正反対なんですよね。

    怖いのは、今後小説を読むとき栞子さんのセリフがあの顔と声で再生されかねないこと…。

    それにしても、剛力さんはどうしてこんなにも露出が多いのか。一体どこの層が支持しているのか不思議。デビュー2年目の新人女優とは思えないほど、TVで広告で雑誌で優遇されまくっていますよね。元アルゼンチン代表ベロンのごとく、いたるところに姿を現す本当にしつこい選手です…。

    >髪形もショートのままやるってコメントしてる
    髪形を変えられないのは事務所のせいなんでしょうけど、役柄にまったくなりきらない女優って意味あるのかなー。君に届けの爽子が多部未華子さんだったのもひどかったですが、今回の件を思うとまだ恵まれていたのかと思う。るろうに剣心や宇宙兄弟の再現度が羨ましい。

  5. お久しぶり、の割にこんな話題にイッチョカミしてすみませんのT_Uです。

    過去には、テレ朝でジャニタレを押し付けられ原作者が拒否してポシャったのち月九で見事に復活した「のだめカンタビーレ」のような理想的な事例もあったのに………。

    キムタクですら「数字を持ってる」幻想が打ち砕かれてる昨今だというのに、こういう変なキャスティングってなくならないんですよね。残念。

    >怖いのは、今後小説を読むとき栞子さんのセリフがあの顔と声で再生されかねないこと…。

    ほんとに怖いんで、なんとかドラマ版には接触せずに乗り切りたいです^^

  6.  T_Uさん
    広島カープの堂林のように我慢して使い続けることで育てる方針なのかもしれませんけど、今回の篠川栞子役といい、メガネベストドレッサー賞といい、明らかに場違いなところにまで押し出すから反感を買ってしまう。

    なんだかんだで個性派女優としてのインパクトはあるので、使い道さえ考えれば彼女が輝ける場所は用意できそうなのに。

    >なんとかドラマ版には接触せずに乗り切りたい
    それが賢明な判断なんですけど、恐いもの見たさで1話だけ見てみたい自分もいる…。