ヤマグチノボルさんがガンであると判明

ライトノベル「ゼロの使い魔」を代表作に持ち、エロゲでも多くの作品を手掛けているヤマグチノボルさん。以前、Twitterで8月に大きな手術をすると告白して話題になっていましたが、その病名はガンだったようで…。しかも、一時は手術不可能なまでに進行していたとか。「手術できるだけ奇跡に近い」との本人の弁は、大袈裟でもなんでもなかったんですね…。

先日お亡くなりになった川上とも子さんといい、40歳前後の若さでこのような大病を患うのは不運でしかありません。希望を持つには厳しい状況下にあるようですが、なんとかもう一度奇跡を起こして助かってもらいたいです。まずは手術の成功、そして一刻も早くガンが根治され元気に快復されますよう、心よりお祈り申し上げます。

 

ゼロの使い魔 (MF文庫J)

著者/訳者:ヤマグチ ノボル

出版社:メディアファクトリー( 2004-06 )

定価:

文庫 ( 263 ページ )

ISBN-10 : 4840111057

ISBN-13 : 9784840111058


この記事のトラックバックURL

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。