ヤマグチノボルさんが逝去

享年は同じく癌で命を失われた川上とも子さんと同じ41歳。30代で発症した癌というのはやはり厳しいものですね…。抗癌剤による延命治療を施すだけの末期癌でしたので、遅かれ早かれこのような運命は避けられなかったでしょうが、それでもこんなに年若くして帰らぬ人となってしまったのは痛ましい限りです。

死因はやはり膵臓癌だったんでしょうか。膵臓癌は難治で余命およそ3~12ヶ月らしいので、そうなると2年弱も生きていられたのは運が良かったと言えるかもしれません。ただ、抗癌剤での延命治療なんて調べれば調べるほど悲惨ですので、少しでも長生きできたことが本当に良かったのかどうか。

本人は未完の連載作品を終わらせるべく、病床においても執筆活動を続けておられたようですが、どうやらその望みも叶わなかったよう。志半ばで絶筆せざるをえなかった本人の無念を思うと言葉になりません。ご冥福をお祈りいたします。

ゼロの使い魔 (MF文庫J)

著者/訳者:ヤマグチ ノボル

出版社:メディアファクトリー( 2004-06 )

定価:

文庫 ( 263 ページ )

ISBN-10 : 4840111057

ISBN-13 : 9784840111058


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL