コミケ83において黒子のバスケ関連頒布物の中止要請

考えられない対応ですね…。今回の排除決定は、コミックマーケット運営側による自主判断ではなく、警察による通達なんでしょ? つまり国家の警察がテロリストの脅しに屈したってことでしょ? どうなってんの? びっくりしますよ。

そもそも現状はテロリストですらない単なる愉快犯の仕業でしょうに。同様の脅迫事件で実際に犠牲者が出たから苦渋の決断で中止に至った……というならまだ議論の余地がありますけど、まだ何も起こっていないうちから犯人の言いなりって…。テロリストの脅しに屈しないどころか、愉快犯の脅しにすら腰砕けになる我が国の情けなさ

テロリストに屈しない姿勢はメンツの問題だけでなく、今後起こりうる同様の事件への防止策のためのもの。これから脅迫事件が起きるたびに、片っ端から服従していくおつもりですか? 悪人に歯向かわずに言われるがまま平伏すのがこの国の平和維持の手段ですか? 本当に嘆かわしい話ですね。

こんな開催間際の時期に突然黒子関連の創作物は全面禁止だと通達されるなんて、当該のサークルさんが悲惨すぎます…。必死に徹夜作業中だったサークルもいれば、もう印刷所に入稿したサークルだってあるでしょう。それがこんな土壇場で全部パーになっちゃうなんて。運営側に非はないとはいえ、コミケの歴史に暗い影を落とす愚かな決定になりましたね。

黒子のバスケTVアニメキャラクターズブック アニバス Vol.1 (ジャンプコミックス)

著者/訳者:藤巻 忠俊

出版社:集英社( 2012-12-04 )

定価:

Amazon価格:¥ 514

コミック ( 54 ページ )

ISBN-10 : 4088705939

ISBN-13 : 9784088705934


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. 良く分からんオタクのイベントで警備強化したり、
    ましてや被害者が出たりして責任問題になったら面倒だから、
    とりあえず中止させとけっていうのが警察の本音なんでしょうね。

    今回の決定の問題点として、浅生さんのご指摘に加えて、
    世界の広範囲に日本の警察は脅しに屈しますと、
    喧伝したに等しい状態であることを挙げます。

    日本のオタク文化の海外の注目度は、
    日本人が思っている以上だと思うんですよね。

    昨年の夏にイスラエルの旅番組(?)か何かで、
    首都・テルアビブの人が、数ヶ月前に日本で放送されたばかりの
    まどか☆マギカのコスプレをしていて非常に驚いた記憶があります。
    (オタク文化の話が中心ではなく、あくまで1シーンとしてででした。)

    本当に色々な意味で遺憾な決定です。

  2.  アゴストさん
    これがコミケ運営の独自の判断なら内輪の問題で済みますけど、警察の判断だというなら日本の治安維持に関わる重大問題ですよ。手紙1通で国民を人質にとって要求を通せるんですから。今日からテロリストは筆ペン教室に通うべき。

    >(テルアビブ)まどか☆マギカのコスプレをしていて非常に驚いた
    イスラエルの首都ってエルサレムじゃありませんでしたっけ…? と思ったらテルアビブが正式なのですか。小学生の頃エルサレムで憶えさせられたのになぁ…ブツブツ。

    それはさておき、確かに海外の人間が異様にオタク文化に詳しくて驚くことはありますよね。私にイスラエルの知人はいませんけど、知り合いの中国人・韓国人は驚くほど日本のオタク文化に精通しています。日頃仲の悪い日中韓がわかり合うにはオタク文化が一番の架け橋だと思うんですけど、そのオタクが一番中国韓国を嫌っているというジレンマ。

  3. おおう・・・予想外に、随分憤慨してらっしゃる様子ですね;;
    自分としては今回のは仕方ないかな・・・って感じですけど・・・。
    今までもコミケに脅迫状自体は恒例みたいなものでしたけど、
    今回初めて中止になったのは、
    致死量の硫化水素を送ってきた、ずっと黒子のバスケ関連を
    脅迫している犯人と同一人物だと思われたからじゃないでしょうか。
    (過去にも色んなイベントに脅迫状を送り、
    ジャンプフェスタやオンリーイベント等が中止になっているようです)

    強行して何かあれば、今後コミケ自体が永久中止になるかも知れませんし、
    それに被害を受けるのは一般人ですから~。
    個人的には人命優先で良かったと思います。

  4.  ユキさん
    致死量の硫化水素がばらまかれるよりも、警察が犯罪者に屈する方が怖いです。これは主権と秩序の問題であって、コミケの存続と天秤にかけられるような問題ではありません。人命優先といえば聞こえはいいですけど、秩序が失われては総ての国民生命が脅かされ、もっと深刻な事態に陥ります。

    一般人といっても、私たちは日本に住む日本国民ですし、常日頃平和という安心を国家から享受している以上、日本の秩序を守る上で犠牲となる覚悟も必要です。平和は無償のサービスではありませんから…。それにどうしても我が身が大事ならば、コミケの参加を見合わせるぐらいの対処はできるはずですよ。

  5. ええー・・・なんか自分的には無茶苦茶言われてる気がするのですが、
    とりあえず浅生さんの地雷ポイントだったみたいなので、
    これ以上の深い話は止しておきます~。
    自分としてはこの時期にやる話じゃないですし!(^^;
    目の前の原稿だ~。

  6. う~ん、これは判断的に難しいのでコメントは控えますが1点だけ
    情けないのは、これだけ手広く脅迫しているにもかかわらず未だに
    犯人大本至っていない警察が情けないなと。
    単にオタクのイベントだから手を抜いているのか犯人が巧妙なのか
    分かりませんがさっさと捕まえて実名報道して欲しいですね。

  7. テロリストに屈しない交渉しないが対テロの国際常識。人命優先でいちいち無法を許してたら秩序が守れるハズない。
    ダッカ日航機ハイジャック事件でも当時日本は相当叩かれてますから

  8. こんな記事がありました
    http://www.cyzo.com/2012/12/post_12086.html

    これが本当だとすれば、黒子排除は警察というよりもビッグサイトの意向が強かったみたいですね。

    日本の警察はこの手の一億総容疑者的な事件の捜査が苦手ですよね、昔から。

  9. やっぱりどうにも気になるのでもう少しだけ(^^;

    何というか、論点がおかしい気がするんですよね。
    今回の件はコミケの話であるはずで、
    脅迫犯のせいでコミケがこんな事態になって悔しい、
    頒布停止になってしまったサークルさんは可哀相、
    そこまでは理解出来るのですが。
    それに加えて、警察の情けなさを憂う気持ちも多少入ってくるにしろ、
    一番に恨むべきは犯人であって、それを飛び越えて
    いきなり警察批判に行くのもどうもおかしい気がしますし。

    当事者である黒子で申請してたサークルさん達は
    コピ本でも折り本でも何とか間に合わせようと奮闘している時期でしょうに
    (別ジャンルの物なら頒布OKですし、スペースも生きてるので)
    頒布停止になった事よりも、
    ただただ警察への怒りで激論してるように見えるのは・・・。
    増してコミケが中止になるのも死人が出るのも問題ではない、
    嫌なら行かなければ良いとまで言われてしまうと
    最早何の話をしてるやら・・・って気になってしまいます;;

  10.  草薙静流さん
    これだけ足がつきそうな犯行を重ねていながら検挙に至らないのは不思議ですね。例の遠隔操作の誤認逮捕があったから慎重になっているんでしょうか? オタクのイベントだから手を抜いて捜査しているということはさすがにないと信じたいですが…(笑)

     神楽坂さん
    日本にアメリカほどテロリストへの強硬姿勢を求めるのは酷ですけど、この程度の脅しで簡単に屈服する日本の警察はさすがに虚しくなります…。「人命は地球より重い」が今でも国是となっているのでしょうかね。

     ヒンメルさん
    なるほどー。信憑性はありますね。ビッグサイト側としては万一にも敷地内で大量殺人が起きるのは避けたいでしょうから、そういう事情であればもうしょうがないです。

    でも、警察も「威信にかけてコミケ前に犯人を検挙する!」ぐらいの意気込みを見せてもらいたいものですね~。

     ユキさん
    論点はコミケではなく警察ですよ。少なくとも私はそのつもりで記事を書いています。仮に準備会がこの決定を下したなら、「残念だな」「ファンが可哀想だな」「犯人許すまじ!」で終わっていた話で、わざわざこんな記事を書くこともなかったでしょう(現にこれまでの黒子脅迫事件は記事にしていません)。皆さんもそれほど憤りは感じていなかったはず。つまり、最初の時点で私とユキさんは着眼点が違っていたわけですね。

    コミケの存続は勿論大切ですし、それ以上に人命は大切ですが、でももっと大切なのは秩序。まぁ、世の中秩序より人命が大切だという考えの方もいらっしゃいますが、私個人としては秩序>人命>コミケなので、秩序のためにコミケや人命が犠牲になることも“覚悟しておく必要がある”と言いたかったのです。犠牲になれとか、犠牲は仕方ないとか問題ないとか言っているんじゃないですよ? そこは念押しして言っておきます。総ては優先順位の話です。

    「一番憎むべきは犯人だ」はぐうの音も出ない正論ですが、医療ミスで患者を殺した医者が「憎むべきは癌細胞なんだ!」と言い出したら何も議論ができないように、議論の余地がないことを敢えて俎上に載せる必要はないと判断したためです。しかし、そこは私の至らぬ点でしたので補足しておきます。一番悪いのは犯人です。

    最後に誤解を解くため申し上げておきますが、私は誠意を持って真面目に自分なりの考えを述べさせていただいただけです。無茶苦茶言っているつもりはないですし、感情的にもなっていませんから、浅生の地雷ポイントだったなんてことはないです。そこだけは理解してもらいたいですね。

  11. なるほど~。ようやく言われてる事がわかりました~。
    言い方がけっこうきつかったのでちょっとびっくりして(^^;

    ただまあ、今回の一番の被害者は頒布停止を受けたサークルさんであり、
    当のサークルさんの頭の中はコミケでいっぱいでしょうから・・・。
    秩序という大義的な事に考えを割けるのは、どこか対岸の火事というか、
    精神的に余裕がある贅沢な考えのように思えてしまって。
    (この辺は人命の話題になっても言える事でしょうが)
    いや世の中、偏りのない流れで動くべきですから、
    そういう意見も大事なのは確かなんですけど。
    やっぱり自分は描き手の立場で考えてしまいますし、この時期に
    知人にあんまりコミケの優先順位が低い事を強調されると
    けっこう気落ちするというか・・・(^^;
    すみません、自分の方が勝手なこと言ってますね。
    〆切り前でテンションがおかしいので許してください!
    いやもうほんと、色んな意味で今する話じゃねぇ!

  12. コミケにおいて「黒子のバスケ」関係の頒布中止ですか…
    今年のニュースになった殺人事件などに共通して言える事は、「恨みのある人間を直接殺すならまだしも、無関係の人間を巻き込んで多く犠牲にしている(1人殺すのも10人殺すのも同じと考えているのか)」点で、また今年は(去年の年末から)某宗教の逃亡犯が続けざまに逮捕され、それと共に風化しかけていたあの事件を「影響されて起こした」輩も出てきかねないので判断としてはいたしかたないと思いますが、警察の弱腰さなどより一番重要なのはなぜ「黒子のバスケ」という作品(及び作者)がここまで恨まれるのか、という点だと思います。
    昔のジャンプの漫画でも作者が他者からの恨みを買いそうな漫画は多かったですが(例としては「用務員差別発言」で回収騒動に至った「燃える!お兄さん」や、ラスト近くで「いじめられっ子はどうあがいてもいじめっ子には勝てない」という身も蓋もない結論に至った「まじかる☆タルるートくん」など。影響力が良くも悪くも強すぎた当時のジャンプで連載できた事が怖ろしい)、それでもそこまで執拗に一作品を狙い、無関係の人間まで巻き込もうとする事がジャンプ作品としては稀な例ですから。
    スポーツ漫画の先達があるがために、それと比較して「認めない」と思う人間もいるのかもしれませんが、それだって10年以上経てばプロのリーグの強化・戦術や練習の洗練など価値観も異なるため「それぞれの時代でのその競技に対してこうしていたのか」と割り切るべきですし。
    あるいは、作者が元々いじめっ子でそれを恨んでの犯行か(いじめっ子が大手を振り、のうのうと出世している姿を見るのは誰でも嫌である)、作者が元はいじめられっ子で出世した事を妬まれての犯行か(「ドラゴンボール」でヤムチャがラッキーパンチでベジータを倒したら「空気読め」と罵倒されるが如くに、子供達のヒエラルキーも些細な事で覆されると妬みの感情は暴発する)。案外作者の人間関係(特に子供時代。作者も周りの人間もジャンプ黄金期で思春期を過ごした世代でしょうから)含めて洗い出していくと犯人はすぐに見つかりそうな気がします。

    昔からジャンプよりライトノベルなどを好んで読んできたため、ジャンプに対して割と醒めた見方をする人間の戯言ですが…

  13.  ユキさん
    私も参加者の1人とはいえ、本当の意味で当事者ではありませんから、やはり対岸の火事として見ていることは否めません。

    国のために増税が必要と説いても、そのせいで家計が立ち行かなくなる庶民からすればたまったもんじゃないですし、優先順位は低いんだから我慢しろと言われ(てるように感じ)たら、かちんとくるのは当然ですよね。私も配慮に欠けた発言だったことを反省いたします。一応、投稿までに誤解を生まない表現かどうか何度も添削したんですけど…。

    普段バカなことしか言わない分、たま~に真面目に語るとなんだか怒っているように捉えられてしまうのも良くない。でも、ことがことですし、私自身事件への憤りはありますから、あんまり茶化してバカなコメントすることも憚られる…。テロリストは筆ペン教室通えとか抜かしていますが。

     M1号さん
    イジメられっ子でも、イジメている張本人だけでなく、無意識に荷担したクラスメイト、気付かない教師、手を差し伸べない社会と、恨みが周りに伝播しやすいですからね。怒りが爆発したとき、周囲を巻き込んで犠牲を出すのが厄介です。

    犯人の発言には一応目を通しましたが、その恨みの源泉が何なのかはハッキリとはわからなかったですね。本人が認めているように、ただの嫉妬心に狂った犯行であるとしか。まぁ、発言を全部鵜呑みにするなら…ですけど。

    でも作品の内容がどうこうという話ではなさそうですから、黒子のバスケという作品自体に何か非があったわけではなさそう。

    作品に対する不満であれば読者全員が容疑者ですけど、作者自身への怨恨ならそれこそ作者の人間関係を洗い出せばすぐ突き止められそうなものなのになぁ。未だそこまで至っていないということは、犯行声明にブラフが混じっていると考えるべきでしょうか。