妹が欲しい男より姉が欲しい男の方が多くてお姉ちゃん大勝利!

姉が欲しい155人(35.1%) 妹が欲しい115人(26.0%) よもや妹萌えを姉萌えが凌駕する時代がやってこようとは感無量。姉の何が素晴らしいかって、自分が1歳年を取るとお姉ちゃんも自動的に1歳年を取るので、一生お姉ちゃんであり続けてくれるってことですよね! ああ、私もお姉ちゃんが欲しかった…。できればCV遠藤綾のお姉ちゃんが

しかし、連綿と続いていた「妹に虐げられし姉」という歴史が、こうも簡単に覆ってしまったとは俄に信じがたい話。私がエロゲ始めた頃なんて妹が盤石の政権与党として君臨し、そこに野党のメイド党を加えた二大政党制といった様相で、姉萌え党なんて2議席確保がやっとの社民党みたいな弱小勢力(失礼)でしたよ。

現状でもそれほど劇的な変化があったとは思えず、エロゲ業界は「姉、ちゃんとしようよ!」を皮切りに段々姉萌えが浸透していった手応えがあるものの、ラノベ業界を覗いてみると相変わらずの絶対妹至上主義。「妹」の文字を含んだタイトルの数々を見せられれば、やっぱり姉萌え勢力はまだまだ社民党(失礼)だなと思う。アンケート対象をオタクに絞れば、依然として妹が圧倒しているんでしょうね~。

なので、今回のアンケートで本当に姉人気が妹を上回ったとは信じていませんが、この結果を橋頭堡として、姉萌えの機運がもっともっと高まって欲しいという思いはあります。オタク層の支持を取り込んだときこそ、真の政権交代。日本を平和で明るい姉萌えの国に! 国民の生活より姉が第一!

最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 1 (ドラゴンコミックスエイジ ま 4-1-1)

著者/訳者:松沢 まり

出版社:富士見書房( 2011-08-06 )

定価:

Amazon価格:¥ 626

コミック ( 160 ページ )

ISBN-10 : 4047127426

ISBN-13 : 9784047127425


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL