WHITE ALBUM2
13

小木曽ぉぉ!!! すいません、言ってみたかっただけです。

第1話から敢えて顔を映さず、声も聴かせず、じっくり期待感を煽った上で満を持して冬馬かずさ登場というのはなかなか憎い演出。かずさのミステリアスな印象を植え付ける素晴らしいアイディアだったと思います。

第二音楽室から見事なピアノセッションを披露してくれた冬馬かずさを軽音楽同好会に引き入れるべく、いざ勧誘開始。ところが、いつの間にかかずさの家庭や将来のことをずけずけ指摘するバンド勧誘とは無関係な説教を展開してしまったことで、彼女の逆鱗に触れ、説得は失敗に終わってしまう。

華のあるヴォーカリストと腕のあるピアニストを手に入れ、これで役者は揃ったと思いきや、肝心の主人公がギタリストとして半人前。それでも本番には必ず間に合わせると猛特訓を約束する春希君に絆されたのか、大胆にも彼を自宅へと招き入れるかずさ。斯くして2人きりの濃密な夜が始まり…。

超絶ギターソロのある難曲「SOUND OF DESTINY」を演って欲しいと無茶振りしてくる小木曽に、「あたしが引けるようにしてやる。お前の言うカッコイイ男にしてやる」と豪語してくる冬馬。カワイイ女子2人にこうまで言われて、その期待と信頼に応えられないようじゃ男が廃るってもんでしょ!

うわぁ…。なんかかずさのことがすごく嫌いになってきました…。雪菜さんの必死な媚びの売り方には思わず苦笑いでしたけど、かずさの媚びの売り方はリアルに虫酸が走ってしまう。かずさのこういう一面は見たくなかったなぁ。

GOOOOOOAL!!! 春希君の気持ちがかずさに傾きかけていたところでショートカウンター炸裂! サイドからのダイアゴナルランで強引にカットインしてきた雪菜ちゃんが、ワンタッチで華麗にシュートを決めました!! この芸術的抜け駆けゴールで、雪菜ちゃんが鮮やかに先制点! やったぁ!!

劣勢を強いられていた雪菜が、後半開始早々の先制ゴールで形勢逆転。逆にイニシアチブを握ると、試合を優位にコントロールできる立場になりました。あとはこのままポゼッションを高めて、落ち着いて春希君をキープすることができれば、自ずとかずさにはチャンスがなくなり封殺。1-0で逃げ切るゲームプランが見えてきましたね!

GOOOOOOAL!!! 人気のない深夜の住宅街でドフリーとなった雪菜が、豪快なシュートをゴールマウスにぶち込んで追加点! これでスコアは2-0! 追いすがるかずさを突き放す決定的ともいえるゴールに、勝利を確信した雪菜サポーターから高らかにチャントが響き渡る! 雪菜フォルツァアレー♪

華麗なパス回しを主体にフィジカルコンタクトを極端に避けてきたかずさが、2-0のビハインドで窮地に追い込まれたことで、一転してパワープレイに打って出てきた! 前線に大きくボールを放り込む形振り構わぬ攻撃は、決してスマートとはいえぬ決死の戦術。自らのスタイルを捨ててまでフィジカルでごりごり押してくるかずさの猛攻に、ゲームは今大きく動き始める!!

GOOOOOOAL!!! ペナルティエリア内で形成される強固な守備ブロックに苦しむかずさが、一気のロングフィードから突破口を作ると、混戦でこぼれ球を押し込み、執念で1点を返した! リードは依然として雪菜でも、モメンタムは完全にかずさ。雪菜はここで浮き足立つことなく、危険な時間帯を踏ん張ってもらいたい! 集中集中!!

GOOOOOOAL!!! 勢いに乗り畳み掛けるかずさが、土壇場で試合を振り出しに戻す値千金の同点弾! 試合終了間際に追いつかれた雪菜としてはあまりに痛すぎる失点…。しかし、まだ勝敗が決したわけではない! 顔を上げて最後まで戦う姿勢を見せて欲しい! 興奮のるつぼと化したスタジアムで、両者プライドを賭けた最後のせめぎ合い。決勝ゴールを叩き込み、勝利の春希が微笑むのは果たしてどちらだ!?

GOOOOOOAL!!! GOOOOOOAL!!! GOOOOOOAL!!! アディショナルタイムに入った瞬間、立て続けに3ゴールを決められるという悪夢。ゴールネットに突き刺さり、転々と転がるボールを呆然と見送りながら、失意のまま立ち尽くす雪菜。拮抗していた試合も終わってみれば、2-5のぼろ負け。途中までは完全に雪菜ペースで推移していたのに、どうしてこうなるんだろう…。