TAG Steins;Gate

アニメ感想

Steins;Gate第24話「終わりと始まりのプロローグ」雑感+総括

15年後の自分より授かった秘策は、「確定した過去を変えずに結果を変える」こと。つまり、「紅莉栖の死体を目撃した」事実を変えることなく、「紅莉栖が死んだ」という結果だけを変えればいい。紅莉栖の死体を偽装し、自らの目を欺き錯誤させることができれば、矛盾を生じず紅莉栖の死と生を両立させられる。

アニメ感想

Steins;Gate第18話「自己相似のアンドロギュノス」雑感

フェイリス編に引き続き、ルカ子編も超圧縮。ですが、ちゃんと必要なところ不必要なところを取捨選択して、綺麗に1話にまとめていたので好印象。妖刀五月雨をルカ子に買い与えた理由・ルカ子が女だとIBN5100が壊れてしまう理由に触れなかったのは片手落ちだったものの、デートイベントを1日にまとめたことで、間延びしていた原作がスッキリ収まって話がわかりやすかったです。

アニメ感想

Steins;Gate第16話「不可逆のネクローシス」雑感

失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗したあたしは失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗したあたしは失敗した失敗

アニメ感想

Steins;Gate第15話「亡環上のネクローシス」雑感

紅莉栖が“栗悟飯とカメハメ波”だったのは、鈴羽の正体がジョン・タイターだった事実より驚かされたこと。アニメではほとんど映らなかったですけど、原作での栗悟飯とカメハメ波の書き込み内容は、人を煽ってばかりのホントひどいものだったので~。これを全部紅莉栖が書き込んでいたのかと思うと笑えてきます。

アニメ感想

Steins;Gate第11話雑感

これまでタイムマシンの詳しい原理はほとんど語られずにスルーされてきたアニメですが、タイムリープマシン完成を目前に控えた今、しっかりと説明描写を入れておくべきだったんじゃないかなー。タイムリープという行為に説得力を持たせる意味でも、ここでの小難しい理論説明を省くべきでなかったように思えます。

アニメ感想

Steins;Gate第8話雑感

まゆしぃの“ショタ・イン・ザ・ゲート”の神レベルの間違いは笑ったのに、アニメではカットされていてしょんぼり。普段はのほほんとしている彼女が、嫌がるルカ君をムリヤリコスに着替えさせようとする押しの強さは萌えますね。普段のままの優しい言葉遣いでありながら、有無を言わさぬ強引さを見せるのが良い。

アニメ感想

Steins;Gate第3話雑感

電話レンジ(仮)がタイムマシン機能を備えた発明であることが判明。いよいよ本題に入ってきてテンション上がってきました。内容的にはほぼ文句なしといったところですが、SERNは今後物語の重要なキーとなってくる機関なだけに、説明はもうチョット欲しかったですね。原作だと、「HTMLとWWWを開発したところ」といった豆知識を教えてくれたりするのですが。