PS4
10

Amazonでは、☆1と☆5の熾烈なバトルで評価が二分されているFF最新作。でもまぁ、実際のところは、絶賛するほどの神ゲーではなく、扱き下ろされるほどのクソゲーでもなく、良いところも悪いところも両方ある作品ですので、評価は☆3が妥当なところじゃないかなぁと思います。10年の開発期間を経てようやく発売されたFFのナンバリングタイトルが☆3って時点で失敗作かもしれませんけどね…。

FINAL FANTASY XV EPISODE DUSCAEのラスボスであるベヒーモス。尋常でない強さを誇るこの巨獣は、まともに戦って倒すような相手ではなく、イベントで手に入れた召喚獣ラムウを使って葬るのが正規の攻略法。しかし、ラムウを使ってお手軽に倒すような方法で勝っても喜べない私は、ラムウを使わずに自力で倒すことを決意致しました!

ダサイ。何十億という莫大な制作費が費やされているであろう超大作が、この「ダサイ」という3文字の言葉で集約されてしまう物悲しさ。プレイしている最中、何度この「ダサイ」という言葉を呟いたかわからないほど、あらゆる部分がダサかったです…!

PS4でtorneが解禁! でもtorneは使えません! 使えるのはnasne! torneが解禁なのにtorneが使えなくてnasneが使えるようになったという混乱を招くややこしいニュース。

PS4のタイトルとは思えぬショボイグラフィックが漂わせる壮大なクソゲー臭。イマドキSRPGの新規IPなんて不安でしかありませんが、私を駆り立てたのはイージーでもクリア困難と噂される地獄の難易度。これが私のドM心を大いに擽ってくれまして(笑) 「人柱上等!」という気持ちで思い切って購入してみました。

全世界が待望していた新作メタルギア……の有料体験版。収録されているステージは僅か1つのみで、クリアに要する時間は僅か5分半という短さ(笑) まぁ、これはタイムアタック目的でプレイした時間ですから、普通に遊べば大体クリアまで1時間ぐらいが目安なんですが。それでもボリュームの少なさは否定できないところでしょう。

海外で人気シリーズのTOMB RAIDERですけど、やるのは初めて。事前のイメージでは、女主人公版アンチャーテッドでしたが、それは大きく外してはいませんでした。というか、アンチャーテッドが男主人公版TOMB RAIDERか。PS4ローンチにアンチャーテッドがないことを寂しく感じていた人は、これをやれば問題ないですね。さぁ、レッツ墓荒らし!

日本版PS4の発売が大幅に遅れたことで、お詫び的意味合いで本体に同梱されていたソフト。しかし、その可愛げの欠片もないキャラクターはまったく日本人受けする気配がなく、「こんな変なゲームいらない!」とありがた迷惑に感じていた人も多いことでしょう。私もそうでした。

PlayStation4初回版に同梱されているKNACKをダウンロードしている間に、Storeにある体験版を片っ端からプレイしてみました。

とりあえず本体だけ予約して、ソフトは何を買おうかな~と迷っていたら発売日になってしまいました。逆に言えば、欲しいソフトがないのに本体だけは発売日に購入するというSONYファンの鑑!