ジョジョの奇妙な冒険
27

意外に面白かった……というとファンの人に怒られそうですが、それが素直な気持ち。ジャンプの名作って序盤は大して面白くないものが多いですし、何より20年以上前の古い作品。原作未読で想い出補正皆無の私には周りが騒ぐほど楽しめないだろうと思い込んでいたら、第1話から存分に楽しませていただきました!

OPすげええぇぇぇ!!! 何この格好良さ!! 原作漫画をベースに3D映像でグリグリ動かす映像美に痺れる憧れる! 原作へのリスペクトが半端ない。曲調も昭和を彷彿とさせる暑苦しいアニソンで超燃えます! これは是非ともカラオケで歌……っている人の隣で「ジョジョ…ジョジョ…」とコーラスを入れたい(笑)

これは第3話のテンションじゃないよなぁ(笑) 長い長い冒険の末、ようやく迎えたクライマックスのような盛り上がりで、完全に最終回のノリ。ジョジョの奇妙な冒険とは、2日間のロンドン旅行のことを差していたのかッ!

パパウ! パウパウ! またもや印象的なセリフのオンパレードでした。冷静に反芻すると何を言っているのかよくわからないセリフばかりなんですが、多少の意味不明さはその場の熱量で押し切ってしまう豪腕アニメ。それがジョジョ。

もうディオとの再戦ですか。ディオは体力回復に努め、ジョナサンは波紋の習得に努め、しばらくはお互い内政フェイズに移行して英気を養う時期かと思っていたら、双方とも中途半端な状態のままケンカを始めてしまった。チョットの我慢もできないなんて、本当にこの2人は仲が悪いなぁ~。

姉ちゃんのビンタに震えるぞハート! ポコの姉、ペコちゃん(仮名)が美人すぎて速攻で一目惚れしました。イジメられた弟をいきなりビンタで叱りつけたあと、優しく手を差し伸べて慰めてあげる飴と鞭がたまらないわ。遠藤綾さんの声がとにかく素晴らしくって、その怒った声と優しい声の両方にぞくぞくします。理想的なお姉ちゃん声ですなぁー。

ツェペリの早すぎる死。亀仙人的なポジションでこれからもジョナサンの成長を促していく存在かと思っていたら、登場3話目にして早くも亡くなってしまいました。あれだけキャラ立ちまくっていたツェペリさんを、こうもあっさり退場させてしまうなんて…。

さらわれたペコ姉ちゃん(仮名)が絶体絶命の窮地! 恐怖に怯えながらもディオの頬を張る気丈さを見せてくれますが、怪人ドゥービーと2人きり部屋に閉じ込められて、割とリアルに貞操の危機。た、大変! このままじゃ私の大好きな遠藤綾さんが陵辱されてしまう!!

次の世代へ物語は引き継がれるとはいえ、こうも普通に主人公が死ぬというのはショック。最後、ディオを胸に抱きながら静かに息を引き取った瞬間は素直に感動しました。今回とてもいいお話だったので、いつもみたいに茶化すのも悪い気がしますね。

第2部「戦闘潮流」開幕ッ!! 初っ端から怒涛の衝撃展開の連続で、まるで24-TWENTY FOUR-を見ているような疾走感! スピードワゴンがいきなり死んじゃうなんて、パーマー大統領が第1話で即射殺されたのと同じぐらいショックでしたよ! 2部はどんなもんかな~と値踏みするつもりで視聴していたら、冒頭からすっかり我を忘れてドハマりしてしまいました! 掴みは完璧!

ジョセフへのシンパシーが留まるところを知らない。195cmの恵まれた体躯を誇りながら、力のみに頼ることなく常に知略を張り巡らせて頭脳戦で挑む姿が私を魅了してくれます。フットボールファンとしては、こういったフィジカル+インテリジェンスのキャラに滅法弱いんですよ。ジョセフならきっと名QBになれる!

シュトロハイムでしょう。第12話の印象は全部彼が持っていきました。その軽妙且つハイテンションな語り口がとにかく面白い! 状況を具に説明してくれる解説っぷりも笑えますし、スピードワゴンから2代目解説者の座を禅譲されるのはシュトロハイムを置いて他にいないです! これはまたニコニコ動画で多くの実況動画が作られそうだ~。

Oh…。あれだけいいキャラしていたシュトロハイムが早々に爆死とは…。ボスかと思われたサンタナもあっけなく石化しちゃいましたし、私が第2部のキーパーソンだと睨んだ人物が次々と脱落していく。未だ第2部の全体像が見えてこないなー。

なっ、何この異様な格好良さ…!! 柱の男との戦いに挑む前の2人の決めポーズは、鳥肌が立つほどに痺れました! 冷静に考えれば、ここでわざわざ決めポーズする必要性はなかったように思えますが、ヒーローたるものスタイリッシュにポーズを決めるのは義務。意味なんかいらないんですよっ!

エロ過ぎ! こんな際どいギリギリの衣装でセクシーな肉体を惜しげもなく露出されちゃったら、目のやり場に困っちゃうよ! お色気むんむんなお兄様方に見初められて、こぞって求婚されるジョセフが羨ましすぎる! 所詮ジョジョもご都合的ハーレムアニメだったのかっ!

この思いっきり人を見下した冷たい睥睨が最高すぎるぅぅぅ!! 今やっとわかった! 俺はこれを見るために生まれてきたんだ!

柱の男ともあろうものが、片腕を切断されたぐらいで恥も外聞もなく大粒の涙を流し、「あんまりだぁぁー!」と嗚咽混じりに泣き叫ぶ。幼児退行したかのようにむずかるエシディシの姿に唖然。すると今度は突然ピタリと泣き止み、何事もなかったかのように平静を取り戻したのが不気味すぎる…! なんなんだこの男は!? まったくもって予測不能!!

おおおお!! 期待を裏切らぬリサリサ先生の超絶スタイル! なんという官能的なエロさでしょうか! こういう武の達人って隙が全然なくて、覗かれそうになっても気配で察してバレバレだったりしますが、リサリサ先生は気付かず普通に裸覗かれていたのがなんか興奮する(笑)

医学薬学の分野のみならず、科学力でも世界一を誇るゲルマン民族の叡智によって全身サイボーグ化に成功したシュトロハイムは、人間を超越した究極の滑舌を備えて舞い戻ってきた! 身体に内蔵された物々しい機関銃により、一分間に600文字ものセリフが放たれるマシンガントークは強烈! この脅威の実況能力にはさすがの究極生物カーズといえど太刀打ちできるまい!

シーザーとワムウの再戦。1ヶ月前は相手にならないほどの実力差があったものが、修行の成果によって充分太刀打ちできる力を身に付けた。必殺シャボンカッターは有効で、ダメージは軽微ながらもじわじわとワムウを追い詰める。ワムウも発生させた竜巻を放ち応戦するのものの、戦況はシーザー優勢。

感動の涙を誘ったシーザーの貴い犠牲から1週間。もし今週、何事もなかったようにシーザーがサイボーグ化して蘇ったらどうしようかと心配していましたが、さすがにそれはなかったようです(笑) 別に生き返るなとは言わないですけど、身体にマシンガン埋め込んでどや顔で再登場するシーザーは見たくないーー!!

んっ、んん~~?? なにやら急にバラエティ番組っぽいゲームが始まりましたね。馬車で競争して、先行した者が有利な武器を手に入れられるとか。そもそもこれ、ぐるぐる周回する意味はあるの? 先に何周した方が勝ちというルールじゃないなら、レース要素は特に必要ないんじゃ? 乗り物から落っこちても特にペナルティはないみたいですし…。

1対1の決闘と宣いながら、デコイを用いた姑息な騙し討ちでリサリサを仕留めたカーズ。虫酸が走るようなカーズの行いにジョセフも視聴者も怒りはMAX。あまつさえ、リサリサ先生の美脚をギターに見立ててうぃんうぃんするなんて!! う、うら……許せんッ!!

リサリサが吊されたロープを片手で握ったままのジョセフは半ば身動きの取れない状態。それもカーズが気まぐれにロープを切断してしまえば、いくら懸命にジョセフがロープを握りしめたところでリサリサの墜落は免れず一巻の終り。為す術ない状況に追い詰められたジョセフに活路はあるのか。

遂に真の究極生物へと進化を果たしたカーズ! 逆光の中で悠然とたたずむ姿はなんと禍々しく神々しいことか! 唯一の弱点であった太陽光すらも克服したカーズに太刀打ちできる手段はもう何も見当たらない…。このときの絶望感が半端ない。

マグマの中にぶち込んでも倒せないカーズを、一体どうやって葬り去ればいいというのでしょうか? 視聴しながら私も一生懸命知恵を絞って考えていましたが、どうしても方法が思いつかない。少なくともこの1話の間に決着がつくとは思えない! そんなこと言っている間にも刻々と迫る放送終了時間! ああ、Aパートが終わってもまだジョセフがカーズを倒す未来が想像できないぃぃぃ!!

総括 名作と名高いジョジョだけに、視聴前から大きな期待を持っていました。一方で、人間には想い出補正という厄介な機能が備わっていますので、ジョジョファンの評判をそのまま鵜呑みにはできず、話半分に聞いていたことも否めません。