TAG ゴールデンタイム

アニメ感想

ゴールデンタイム第23話「ラストスマイル」雑感

逃げ出す香子を「待てよ!」と引き留めた万里君。彼もよ~~うやく「追いかける」という当たり前の行動を憶えましたか。ところが、万里君が引き留めたのは「サークルを辞めるな」という意味であって、「俺と別れるな」ではありませんでした。香子の言葉を杓子定規にそのまま受け入れて、まったく相手の気持ちをわかろうとしない鈍感さにイライライライラ。

アニメ感想

ゴールデンタイム第22話「パラダイスロスト」雑感

「でも、追いかけなかったんだよな? 君は香子を追いかけなかった」 「こうなってもまだ、『香子に会わせろ』とは言わない」 「香子に向き合おうとせず、ただ気が変わって戻ってきてくれることを待とうとしてる」 「随分暢気な話じゃないか」 ありがとう! 香子のお父さん! 私の言いたいことをまるっと代弁してくれて!(笑)

アニメ感想

ゴールデンタイム第20話「ヒズ・キャズム」雑感

あれだけ急勾配なドラマで楽しませてくれていたゴールデンタイムが、17話以降、道なりになってきているのが気掛かり。今週も特に何があったわけではなく、どうでもいい話をひたすら引き延ばしていただけ。あからさまにペースは落ちており、スタミナ切れを起こしている症状。まだ描くべきことはたくさんありますし、バテるのは早いと思うんですけど…。

アニメ感想

ゴールデンタイム第18話「マイ・ホームタウン」雑感

あれ、今週はつまらなさすぎた…。万里君の同窓会の話でしたけど、ここを詳細に描く必要性ってあります? 本人も視聴者も知らない昔の友人たちから、当時のノリや思い出話を聞かされたところで、何も面白いわけがない。私は他校の同窓会に呼ばれたような、所在なげな時間を過ごしていましたよ…。

アニメ感想

ゴールデンタイム第16話「ウェイクアップコール」雑感

居眠り運転であわや大惨事も、間一髪ブレーキが間に合い、悲劇に至らず。ホッと胸をなで下ろして話がまとまるかと思いきや、警察に連絡して、調書取られて、親御さんに謝罪して、修繕費に修理費を弁償して……と、事後処理までしっかり描かれているのが、ゴールデンタイムが並みのラブコメじゃない所以。ていうか、こんなに警察のご厄介になるラブコメ、他に知らないよ(笑)

アニメ感想

ゴールデンタイム第14話「レイディズトーク」雑感

「ヤナっさんに彼女できた疑惑」の話題で二次元君との電話が盛り上がる。それはいいとして、このときの万里君はなんでいつもと口調が変わっていたんですかね? 「やだー優しい❤」って、完全にオネエ言葉じゃないですか(笑) もう14話だというのに、未だに万里君のキャラには戸惑わされます!

アニメ感想

ゴールデンタイム第12話「ドント・ルックバック」雑感

本日は、怒らせてしまった彼女への正しい謝り方について学びましょう。講師としてお招きしたのは、幾多の修羅場を潜り抜けてきたプロ謝罪師の多田万里先生です。浮気現場を目撃された絶体絶命のピンチすら切り抜ける先生の謝罪テクニックを学び、皆さんも円満な男女交際にお役立てください。

アニメ感想

ゴールデンタイム第11話「トラブルパーティー」雑感

リンダの前で、見せ付けるかのように執拗にイチャ付き合う香子と万里君。私の知り合いにK原って奴がいるんですけど、そいつもT馬さんという女子の前で彼女のO木曽さんとベタベタしまくっていたら、つい先日T馬さんがとうとうブチギレて泥沼になったって言ってましたよ。毎日、目の前で心抉るような拷問を続けるのは控えよう!!

アニメ感想

ゴールデンタイム第10話「イン・ザ・ミラー」雑感

万里君の性格が未だによくわからない…。高熱でダウンしたところを助けてくれたNANA先輩に対し、やたら馴れ馴れしい態度で軽口を叩く彼を見て、「お前、そんなキャラだったっけ!?」と混乱する私。熱のせいで変なテンションになっていたとも考えられますが、とにかく度々イメージと異なる突拍子ない行動をしでかすので、毎回戸惑います。

アニメ感想

ゴールデンタイム第9話「ウィズ・ユー・アゲイン」雑感

リンダとの密やかな逢瀬は、案の定香子にばっちり目撃されており、彼女はひどくショックを受けて落ち込んでしまう。そりゃそうですよね。彼女が寝ているすぐ側で浮気するなんて、あまりに万里君が迂闊で軽率で浅薄で愚昧で頓馬で粗忽すぎました。猛省してください!

アニメ感想

ゴールデンタイム第8話「リセット」雑感

万里との仲を冷やかしてくる後輩にリンダが恥ずかしがって否定したら、聞き耳立てていた万里君がショックを受けて、リンダのことを無視し始めるように。ショックを受けるのは勝手ですけど、ふて腐れて無視するとか、小学生みたいな真似はやめようよ~。彼女がその場で本心語れるわけないってことぐらい想像つくでしょ? この辺の未熟さは高校生の若さだと許容すべき範囲なのか…。

アニメ感想

ゴールデンタイム第5話「ボディ・アンド・ソウル」雑感

香子の理解者となり、窮地を救い、失恋を慰め、男らしく告白を決めた万里君だったのに、あっさりと振られちゃった(笑) ここまでのフラグ立ては完璧だった気がするんですが、どこで好感度アップの重要イベントを取りこぼしていたんですかね~? といっても、「光央やめて多田君にするわ!」と簡単に乗り換えられても面白くありませんし、いい気もしませんので、ここは「ごめんなさい」されておくのが正解。

アニメ感想

ゴールデンタイム第4話「ブラックアウト」雑感

万里のブラフを察したり、自分の欠点を客観的に見つめたり、とても聡明で常識的な一面を見せてくれた加賀香子さんが、光央の前になると、再び感情的で身勝手で嫉妬深くて高飛車なテンプレート通りのワガママお嬢さまに逆戻り(笑) 香子はそんな痛々しい暴走に無自覚ではなく、あとになって激しく自己嫌悪に陥るところが余計カワイイ。

アニメ感想

ゴールデンタイム第3話「ナイトエスケープ」雑感

長時間に渡って熱心にサークル勧誘を続けてくる先輩に宗教臭さを感じていたら、ガチで宗教だったとは!! 白装束の集団が白バンで迎えに来て、有無を言わさず山奥の怪しい研修施設まで連行されるって怖すぎるぅぅ! おバカでお気楽なラブコメだと思っていたのに、いきなりこんなヘヴィな話になるなんて聞いていないですよ!!(笑)

アニメ感想

ゴールデンタイム第2話「ロンリーガール」雑感

大学生という設定はお飾りみたいなものかと思いきや、予想以上にキャンパスライフの楽しさが描かれた作品だったので嬉しい! やっぱ大学時代って楽しいですよね~! 個人的にも高校より大学の方が青春時代という感じでしたので、2次元がいつまでも高校だけに拘泥している意味がわかんないです。もっと大学舞台のアニメ増えろ~増えろ~。

アニメ感想

ゴールデンタイム第1話「スプリングタイム」雑感

幼い頃に結婚の約束を交わした押しかけヒロイン。普通なら、こんなカビが生えた設定を持ち出された時点で見る気力を失うんですが、その対象が主人公じゃないというのは斬新すぎる!! ヒロインからの猛アタックを傍目で羨ましそうに見ているだけの主人公! 言わば、万里君はエロゲの友人キャラの立ち位置なんですね~。あの最も報われない哀れなポジションからのスタートとは茨の道だわ。