TAG Fate/Zero

アニメ感想

Fate/Zero第21話「双輪の騎士」雑感

土蔵を強襲しアイリスフィールを拉致した卑劣漢を追跡すべく、モンスターバイクVMAXを駆るセイバー! 速度超過、ノーヘル、信号無視、車線逆走、車体改造、無免許運転と、縦横無尽に道路交通法を無視しながら追走していくシーンは超格好良かった! スピード感溢れる白熱のレース展開に手に汗握る!

アニメ感想

Fate/Zero第16話「栄誉の果て」雑感

ええーー……。いくらなんでも今回ひどすぎないですか? 騎士同士の決闘に水を差した挙げ句、ケイネスを許嫁もろとも騙し討ちで殺害させるなんて…。死にきれず、地獄の苦しみにのたうち回るケイネスが「殺してくれ…」と哀願しているのに、一瞥もなく「悪いが、それはできない契約だ」と突き放す切嗣は最低すぎる。これまで切嗣の所行に好意的だった私でも、今回ばかりはさすがに擁護できそうにない。幻滅ですよ…。

アニメ感想

Fate/Zero第15話「黄金の輝き」雑感

マスターには無視され、戦いでは不覚を取り、討論ではボコボコに虐められる。まるでいいところなしだったFate/Zeroのセイバーさんにやっと活躍の場が!! 必殺宝具エクスカリバーにて、巨大海魔をキャスターもろとも一刀の元に薙ぎ払う! 恐ろしいまでの破壊力に興奮! セイバーはやればできる子だったんだね! みんな、見直してあげて!

アニメ感想

Fate/Zero第13話「禁断の狂宴」雑感

「精魂込めて俺たちが仕上げてきたアートが……酷すぎる! こんな、こ、これが人間のやることかよォッ!!」 これには視聴者、声を揃えて同じツッコミを入れたくなるところですが、実はギャグのようでとても深いシーン。人間誰しも、被害者は自分側だと思い込みたがるもの。悪の視点からすれば、正義もまた非人道的な悪となる。そのことを実感できる良いシナリオです。

アニメ感想

Fate/Zero第11話「聖杯問答」雑感

後生の歴史に名を残す伝説の王たちが、酒杯を傾け互いに王たる資質を問う聖杯問答。この忘年会……もとい、鼎談会は映像的には少々地味であるものの、それぞれが王としてのプライドを賭けた譲れない戦い。信条とする王道がまったく異なるがゆえの白熱した討論は、ある意味で宝具を用いた対決よりも激しいバトルなのです。

アニメ感想

Fate/Zero第10話「凛の冒険」雑感

ちっちゃな遠坂凛が行方不明の友達を救い出そうと、危険な夜の冬木へと単身赴く。原作では僅か18ページしかない部分なので、話を膨らませてオリジナル展開に仕上げていました。遠坂凛のことが好きで好きで好きでたまらない私のため(?)に、わざわざ凛の見せ場を増量してくれたのはありがたい。

アニメ感想

Fate/Zero第9話「主と従者」雑感

全身の自由を失い、魔術回路は破壊され、頼みの令呪もソラウに移管された。今や何も残らぬ空蝉と化したケイネスに対し、それでもランサーの忠誠心は揺るがない。かつて主君への忠義を貫けず生涯を閉じた苦い悔恨から、サーヴァントとして再び現界した此度こそ、生前果たせなかった忠節を全うしようと誓いを立てた気高き騎士道精神の持ち主なのです。

アニメ感想

Fate/Zero第8話「魔術師殺し」雑感

ケイネスの鉄壁の防御をいとも容易く破壊せしめた起源弾の威力。原作小説では、ト書き説明で多くを占められている場面だけに、ここをどうやってアニメ化させるのかが見物でした。まさか「説明しよう! 起源弾とは──」みたいな興醒めのナレーションを入れるわけにもいかないですしね。

アニメ感想

Fate/Zero第6話「謀略の夜」雑感

龍之介の残虐シーンでは自主規制が入っていました。「規制」というとなんでも不満に感じる方は多いでしょうけど、キャスター&龍之介による極悪非道の数々は到底アニメで流せるものじゃありません。今回カットされた場面だって、少女を生きながら解体してオルガンにしてしまう胸糞悪いシーン。こんなものはアニメでやらなくていい。

アニメ感想

Fate/Zero第5話「凶獣咆吼」雑感

ライダーが周囲の英霊たちを扇動。挑発を受けたアーチャーがのこのこ登場。そこを付け狙っていた雁夜がバーサーカーで襲撃。逆上するアーチャーを時臣が令呪で制止。暴走したバーサーカーは続けざまにセイバーを襲う。ランサーがセイバーを助太刀。だが、ケイネスがセイバーの始末を指示。セイバーの窮地を救うべく、切嗣はケイネスを狙撃準備。刹那、乱入してきたライダーがバーサーカーを撃退。ケイネスは渋々ランサーと共に撤退。

アニメ感想

Fate/Zero第2話「偽りの戦端」雑感

「闇に紛れて逃げ去るのなら匹夫の夜党。凱歌と共に立ち去るならば、それは征服王の略奪だ」 やっぱりイスカンダルは痺れるわ~。Fate/Zeroのサーヴァントの中では、イスカンダルがダントツで好きですね! 横暴で粗野な性格ながら、兼ね備えている王としての威厳。ヘタレ気味なウェイバーとの相性も抜群で、この2人は純粋に応援したくなります。