TAG Fate/stay night

アニメ感想

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]第25話「エピローグ」雑感+総括

聖杯戦争終結から2年、魔術協会の総本山であるロンドン時計塔に招かれた凛と、そのお付きの士郎。背が伸びてグッと精悍さが増した士郎君は、アーチャーの雰囲気に近付きました。凛もトレードマークであったツインテールの髪型をストレートに近いワンサイドアップに変え、大学生らしい大人っぽさを湛えてますます優雅に美しく。いやぁ、理想的な美男美女カップルですなぁ!

アニメ感想

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]第24話「無限の剣製」雑感

セイバーの助力を断り、あくまでギルガメッシュと差しでの勝負にこだわる士郎。セイバーが聖杯を破壊する時間を稼ぐための自己犠牲? 否、これは彼なりの勝算があっての選択。英雄王相手でも自分は勝てるという確固たる自信。別に、アレを倒してしまっても構わんのだろう?

アニメ感想

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]第23話「顕現」雑感

正門から乗り込むセイバーがギルガメッシュを足止めする陽動役となり、裏手から侵入した士郎と凛がその隙に聖杯の停止を企てる。が、士郎たちの眼前に立ち塞がったのはギルガメッシュ。正門にはアサシンが邀撃待機していたため、ギルガメッシュを釣り出す作戦は失敗に終わった。いきなり目算の狂う展開となったが、もうあとには引き返せないクライマックス。

アニメ感想

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]第22話「冬の日、遠い家路」雑感

聖杯の器として適格だったイリヤと凛が使えなくなったため、妥協して間桐慎二で代用。イリヤの心臓を体内に埋め込まれた慎二が聖杯として強制起動されると、柳洞寺上空に聖杯の孔(アンリマユ)が浮かんだ。士郎たちは、聖杯の破壊、ギルガメッシュの打倒、ついでに慎二の救出のため、柳洞寺で決戦を迎える。

アニメ感想

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]第21話「answer」雑感

これがufotableのanswerですか…。3週に渡って繰り返された引き延ばしに、次こそは次こそはと希望にすがっておりましたが、その先に未来はなかったと知るアーチャーのような絶望感。Zeroのときから、「ここぞ!」の場面は絶対に外してこなかったufotableさんが一体全体どうしちゃったんでしょ…? ufotableのUnlimited Blade Worksは、基本骨子の想定が甘い贋作にすぎませんでした。

アニメ感想

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]第20話「Unlimited Blade Works」雑感

理想高い系男子の士郎君と、その成れの果てであるアーチャー、自分自身を否定しあう過去と未来の衛宮士郎は互いに剣を取る。未だ付け焼き刃にすぎない投影魔術で、スタイリッシュタフガイ(CV諏訪部順一)と化した未来の自分を超えることはできるのか? 剣製を競い合うUnlimited Blade Worksが今始まる!

アニメ感想

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]第19話「理想の末路(こたえ)」雑感

アーチャーの真名はエミヤ。英雄となり得た未来の衛宮士郎自身であり、「正義の味方」という終生追い求めた理想を、絶望の檻に閉ざしてゼツボーグと化した姿(わかりやすいね)。彼は激しい後悔の念から過去の自分を許せず、衛宮士郎の抹殺を企てるようになった。私ももし過去にタイムスリップしたらきっと高校時代の自分を殺しちゃうと思うので、アーチャーさんのお気持ちはすごーくよくわかります(笑)

アニメ感想

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]第17話「暗剣、牙を剥く」雑感

雌伏の体勢から助走をつけて跳ね上がり、対象めがけて魔槍ゲイ・ボルクを投げつける突き穿つ死翔の槍。敵の心臓を一突きにして絶命させる「刺し穿つ死棘の槍」とは違い、こちらはミサイルのように広範囲に甚大なダメージをもたらす大軍宝具。対するアーチャーは、無敵の防御力を誇る伝説の盾を構える! これぞヤラセなしのほこ×たて対決!

アニメ感想

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]第16話「冬の日、願いの形」雑感

凄惨なイリヤ殺害現場を目撃させられる羽目になって、士郎君は激おこ、視聴者は心ぽっきり。そんな荒んだ場のムードを変えるべく、捨て身のギャグで空気を弛緩してくれる間桐慎二は、もしかしたらいい奴なのかもしれません。Fateの神はそんな慎二を寵愛して、彼を生かし続けるのでしょう。

アニメ感想

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]第14話「コルキスの王女」雑感

ほぼアニメオリジナルエピソード。というより原作の補完エピソードで、さらっと流されていた部分を詳しく掘り下げてくれていました。ゲーム媒体の原作はあくまで主人公士郎君の視点を中心に物語が推移しますが、アニメ化にあたって、Fate/Zeroのように各陣営の視点から内情を描いていくのはいいことだと思います。

アニメ感想

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]第12話「最後の選択」雑感+中間総括

凛とのデート回じゃあぁぁぁぁ!!! 遠坂凛というスペシャルのヒロインと出かける甘美な1日は、紛うことなくスペシャルな1日! 私はアーチャー×凛派であるとはいえ、こんなに楽しげに士郎君とデートして上機嫌な凛の姿を見ていると、やっぱり身悶えるほどに嬉しいものです!

アニメ感想

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]第11話「来訪者は軽やかに」雑感

自宅に押しかけてきた遠坂凛の可愛さにひたすら悶えるだけの回。遠坂凛に特別な感情を抱いていない人には、あまり必要性を感じにくかった回かと思われますが、私にとって遠坂凛はファム・ファタールと言うべき特別なヒロインですので、美しい作画で美しい凛の姿がたくさん見られて幸せです。

アニメ感想

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]第10話「五人目の契約者」雑感

一成が容疑者から外れた今、キャスターのマスターとして最も疑わしいのは、柳洞寺の居候として出入りしている教師の葛木宗一郎。彼が本当にマスターかどうか確かめるため、待ち伏せして闇討ちを企てる凛。もし本当にマスターだったらラッキー、間違っていたらしゃーないというかなり雑な作戦でしたが、思惑通り葛木先生がマスターであることが判明しましたので、結果オーライ。

アニメ感想

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]第9話「二人の距離」雑感

さーて、今週のFateは? 「一成、服を剥ぎ取られる」「ワカメ、教会に逃げ込む」「謎の金髪さん、間桐邸を尋ねる」の三本です! ……主な出来事はたったこの3つしかなく、ストーリーがほとんど進むことなく話が終わってしまいましたので、ちょっと第9話は退屈感ありましたねぇ。

アニメ感想

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]第8話「冬の日、心の所在」雑感

今週のセイバーと凛もヤバイぐらい可愛かったね! 士郎君はそんな彼女たちに無責任なフラグを次々立てていますが、彼は誰かと付き合うから誰かと付き合わないという取捨選択を良しとしない男。目に映る総ての女性を幸せにしたい……それこそが士郎君の信ずる正義! 理想を抱いて溺死しろ!

アニメ感想

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]第6話「蜃気楼」雑感

休戦協定締結で、晴れて遠坂凛とは盟友に。放課後、2人きりで学校内に仕掛けられた呪刻を1つ1つ潰していくと、「邪魔された犯人は明日にはぼろを出す」と予告する凛。すると、その直後に間桐慎二が早くもぼろを出したのは笑いました。明日まで待つこともなかったか(笑)

アニメ感想

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]第4話「戦意の在処」雑感

嵐の前の静けさと言うべき日常回。セイバーとの邂逅を契機に、途端に士郎君の周囲は女子で華やぐようになり、まるでハーレム状態。こういったラブコメを匂わせる要素はFate/Zeroにはなかった部分ですね(主人公が子持ちの妻帯者でしたし)。聖杯を奪い合う前に、Fate/stay nightの真のヒロインの座を巡る女たちの熱い正妻戦争が始まりました。

アニメ感想

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]第3話「初戦」雑感

聖杯オリエンテーションを終えた帰り道、大巨人を引き連れた幼女に出くわした。私の経験則からいうと、初対面で「お兄ちゃん」呼ばわりしてくる女は全員ろくでもない奴なのですが、切嗣の娘であるイリヤにとって士郎は紛れもなく「お義兄ちゃん」ですから、彼女の場合は別に問題ありません……といいたいところですが、実はイリヤの方が士郎より年上なので、やっぱり「お兄ちゃん」呼ばわりは変なのです。

アニメ感想

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]第2話「開幕の刻」雑感

アニメーター魔力補充回。言峰綺礼の説法のような長話は退屈かもですが、聖杯戦争の要諦をわかりやすく説明してくれていますから、我慢してしっかりお勉強しなくっちゃ。話的にこれといった見どころはなくても、愛する遠坂凛のカワイイ姿がたくさん見られたので個人的には満足。

アニメ感想

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]第1話「冬の日、運命の夜」雑感

「問おう。貴方が私のマスターか」 Fate/stay nightで象徴されるはやはりこの構図ですね! スタジオディーン版のように初見のセイバーに対する士郎君のモノローグがなかったのはやや残念でしたが、ヴィジュアルクォリティでは圧倒的にufotableに軍配。もはやこのままゲームのイベントスチルとして用いても遜色がない、鮮烈に美しい“グラフィック”でした!

アニメ感想

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]第0話「プロローグ」雑感

過去放送されたスタジオディーン版Fate/stay nightの評判はあまり芳しくなかったですが、私はそれなりに良く出来たアニメだったと評価していました。ここぞという重要な名場面ではしっかり力を入れて、見応えあるものに仕上げてくれていましたし、取り立てて不満を感じることはなかったです。ですから、「Fate/stay nightを作り直して欲しい!」という願望はそんなになかったんですが…。