TAG 2011年

アニメ感想

ちはやふる第1話「さくやこのはな」雑感

ちはやふるは、今連載中の漫画の中で一番面白い作品かもしれません。“競技かるた”を題材にした異例ともいえる作品なんですけど、もっと異例なのは、女性誌でありながら恋愛にまったく無頓着なところ。まるで少年誌のような熱いスポ根漫画なんですよね~(作中でもラブ成分の薄さは自虐的に指摘されている)。

アニメ感想

PERSONA4第1話「You’re myself, I’m yourself」雑感

冒頭のベルベットルームのBGMが、ゲームのままだったことにまず感動! 更には、OP曲や日常シーンに至るまで、BGMは原作のものとまったく一緒なんですね~! ペルソナシリーズは音楽がとっっっても印象的な作品なだけに、こうやってゲームで実際に使われていた音楽がそのまま流れると超テンション上がってきますよ!

アニメ感想

輪るピングドラム第1話「運命のベルが鳴る」雑感

2011年夏アニメはうさぎドロップ以外期待持てるものが1つもなかったですけど、始まってみれば掘り出し物は出てくるものですね。とはいえ、第1話を視聴しただけでは、この輪るピングドラムは一体どういうアニメなのかまるで理解できません。あまりにストーリーが奇想天外すぎて、何が何やらわからないまま終わっていました。だから、私が言えることはただ1つ、「よくわかんないけど面白い!」