ブラジルワールドカップに挑むザックJAPANメンバー23名が決定

「当」のサプライズが大久保なら、「落」のサプライズは細貝。しかし、完全な想定外といえる選考はなく、順当でザッケローニらしい無難なメンバーが揃ったんじゃないでしょうか。

GK  川島永嗣 西川周作 権田修一
CB  吉田麻也 今野泰幸 森重真人 伊野波雅彦
SB  長友佑都 内田篤人 酒井高徳 酒井宏樹
DMF 遠藤保仁 長谷部誠 山口蛍 青山敏弘
OMF 本田圭佑 香川真司 岡崎慎司 清武弘嗣
FW  柿谷曜一朗 大迫勇也 齋藤学 大久保嘉人

大筋のメンバーは既に確定していましたので、当落線上の誰が選ばれるかが興味の対象。私はガンバ戦で凄みを見せ付けていた豊田陽平(鳥栖)や原口元気(浦和)の選出を期待していたんですが、残念ながらどちらとも落選。開幕戦での原口なんて1人異次元の動きをしていたものですが、彼が引っかからないなんて代表は厳しいねぇ。

あらゆるポジションで局地的な争いが勃発している中、個人的に最注目していたのは、やはり遠藤が絡むボランチ戦線。長期にわたる遠藤・長谷部の安定政権で平和が保たれていたこの地区が、今や最も緊張高まる危険区域になってしまったので…。

結論から言えば、遠藤、長谷部、山口、青山というメンバーで確定したわけですが、ここにきての細貝落選は意外でした。細貝は代表での実績もあり、現在クラブでも結果を残しているだけに、当然選ばれるものだと。細貝が最後の最後で青山に取って代わられたのは、本人のアピール不足ではなく、ザッケローニの遠藤への不安感のせいでしょうね…。

遠藤とタイプこそ違えど、ゲームメイカーを担える青山は、遠藤のスペアとして細貝よりも最適(現実を見れば青山のスペアが遠藤かも…)。そういう意味で細貝は運がありませんでした。遠藤のコンディションが万全でもっとしっかりしていれば、ザッケローニも迷わず使い勝手の良い細貝をチョイスしていたでしょうに。

ただ、ボランチは遠藤だけでなく長谷部も不安を抱えているだけに、ここはもっと人員を厚くしておいて良かったかもしれません。前の選手を1人減らしてでも、遠藤・長谷部・青山・山口・細貝の5人体制が行くのがベストだったような…。ザッケローニ本人もそこを迷ったと会見で述懐していましたが。

大久保のサプライズ選出といっても、代表・クラブ共に実績抜群で選ばれたとしても全然おかしくない選手。本当なら、真のサプライズとして23人目の男に選ばれるはずだったのは宇佐美貴史だったんですよ…!

開幕からJリーグで得点を量産しまくって、奇跡の代表滑り込みという青写真を思い描いていたのに、開幕前につまらない怪我で出遅れちゃうから…。本当に持っていない。でも、シュート力に関しては他の誰よりも上だと思っていますので、4年後日本のエースに成り上がれるよう、今から期待しています。

ワールドサッカー ウイニングイレブン 2014 蒼き侍の挑戦 - PS3

ワールドサッカー ウイニングイレブン 2014 蒼き侍の挑戦 - PS3

定価:¥ 8,208

Amazon価格:¥ 1,000

カテゴリ:Video Game

発売日:2014-05-22


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. 日本代表の試合は毎回見てるんですが今年がワールドカップイヤーという気がしない
    なんか今回のは盛り上がりに欠けてる気がします
    以前までも始まる前はこういう感じでしたっけ?
    期待でいえば南アフリカ寄りも今回のが上のはずですが

    メンバーはお馴染みの選手ばかりで驚きはなかったですね
    驚きがあればいいってものでないですが
    もっと元気のいい若手をたくさん呼んでもらいたかったですね

    •  神楽坂さん
      ワールドカップ出場が早いうちから決まりすぎなんですよ。出場を決めたその喜びと勢いのまま本番に突入してもらえればいいんですが、1年も間を開けちゃうと、どうしたって気持ちが一旦冷えますね。

      1年も空白があれば、その間にベテランは衰え、若い芽は伸びてきますから、選手選考も難しくなってしまう。今勢いある若手を使いたいという気持ちはありつつ、予選で何の貢献もしていないのに、ワールドカップという美味しい舞台だけ持っていくのもなんか微妙な気持ちですし。