ブラジルワールドカップグループリーグ第3戦 日本1-4コロンビア

未だ勝利を挙げられない日本が迎えるはグループC最強のコロンビア。ただでさえ南米に弱い日本なのでこれはノーチャンスと諦めたくなりますが、コロンビアは既にグループリーグ突破を決めているだけに、勝利にかける必死さでは雲泥の差があるはず。事実コロンビアは、メンバーを8人も入れ替えた2軍で挑んできてくれました。舐め腐っていただいたコロンビアさんのご恩に報いるためにも、ここは絶対に勝つ!!(注・負けました)

序盤は好パス&好守備を連発していた長谷部がキーマン。3戦目でようやく試合勘を取り戻してきたのか、今日の長谷部はすごく頼もしかったですね。縦への速いパスの意識が強かったのは、恐らく試合前にザッケローニに口酸っぱく指示されていたからでしょう。これで今日遠藤の出番はないなと察しましたよ。

大久保と本田が連動して前線のスペースを空ける動きを見せ、これまで存在感皆無だった岡崎がダイアゴナルで頻繁に中央に切れ込んでくるなど、やっと“ザックジャパンの全盛期”の頃の動きが取り戻されつつありました。代表入り後初めてトップに入った大久保でしたが、元々クラブでの定位置でもあって、水を得た魚のように動きが良かったです。

しかし、日本にこれだけ絶好の追い風が吹いている中で、PKで失点を招いてしまったのは痛恨。相手のシュート数がまだ0本である状況で献上してしまったPKはあまりに重たい…。今野は自陣でピンチ直結のパスミスを2回しでかしましたし、今日は悪目立ちしていましたねー。

せっかくいいカタチで攻撃できていたのに、1発のカウンターでへこまされてしまったのは本当にやりきれません。でも、ここで気持ちが切れるかと思われた日本代表が、気丈に顔を上げて諦めず自分たちのサッカーを続けていたことを評価したい。

前半終了間際に同点に追いついたのも、そんな諦めない執念の結実。マークを外して右サイドに開いていた本田からクロスが上がると、難しい角度から岡崎がダイビングヘッドで1点を返した!

前半1-1なら全然悪くありません。絶対に勝たなきゃいけない国と、別に勝たなくてもいい国のモチベーションの差が出てくるのは後半から! この調子なら、日本にも充分チャンスある……と思ったら、コロンビアは後半ハメス・ロドリゲスを投入! おい! 話が違うぞコロンビア!

このハメちゃんが、圧倒的な存在感を見せ付けてくるのだからたまったもんじゃない。体力有り余ったキレキレのプレイを連発し、圧巻の1得点2アシスト。格が違いすぎる…。

まぁ、3~4点目は特攻に行ったところをカウンターの餌食になっただけですから、別にいいんですよ(良くないけど)。でもね、2失点めはがっくりきちゃったなぁ…。右SBのアリアスが高い位置でボールをキープしているのに、だ~れもチェックに行っていないんですもん。中央にペネトレイトしてきたアリアスに慌ててディフェンスが収縮しますが、今度は充分引き付けた上でバイタルエリアでフリーになっていたハメちゃんにパス。そのハメちゃんが冷静に左に捌いて、マルティネスが簡単に決めてしまう。

コートジボアール戦で高い授業料を支払ったばかりなのに、その教訓をちっとも活かせず、また左サイドの守備の甘さから崩されたのが情けなさすぎます…。「ここ次テスト出るよ~」ってオーリエ先生がわざわざ教えてくれたでしょ? どうして復習してこなかったの!? 日本の不安は右サイドだと思っていたら、まさか香川ー長友の左サイドがこんなにも脆かったなんて…。

後半28分には観客の子供が爆睡し、後半40分には選手交代でGKのモンドラゴン投入と、日本にとっては屈辱の連鎖。まさにこれはドイツ大会でブラジルがジーダからロジェリオ・セーニにチェンジしていたのと同じ! 本当にどこまでもドイツ大会がフラッシュバックする大会でしたよ…。再放送かと思うぐらいに。

ザックジャパンの総括は改めて行いますが、とにかく「ぶっつけ本番」があまりに多すぎたのは問題だったと思います。別にぶっつけ本番が必ずしも悪いわけではありません。予習してきたことだけで戦える甘い舞台じゃないですし、選手もプロなんですから「教えられていないからできません」という新入社員みたいな常套句で責任を放棄されても困る。

ただそうはいっても、本田のワントップだったり、吉田のパワープレイだったり、岡崎の左サイドだったり、長谷部と青山のコンビだったり、今までやってこなかったことを急に本番でやりすぎ。大久保もこんなに重用するつもりであれば、サプライズ枠なんかではなく、もっと早くから代表に呼んで連携させるべきでしたしねー。

経験の浅い日本の選手がワールドカップのプレッシャーに押し潰されてしまうのは織り込み済みのアクシデントでしたが、まさか百戦錬磨のベテラン監督であるザッケローニまでもがこの大舞台であがっていたとは想定外っ! 選手のメンタルよりも、監督のメンタルが弱いんじゃ話になりません。選手は呪文のように「日本らしいサッカーができなかった」と口々に悔やんでいましたけど、ザッケローニさんも「自分らしい采配ができなかった」と反省してください。

ワールドサッカー ウイニングイレブン 2014 蒼き侍の挑戦 - PS3

ワールドサッカー ウイニングイレブン 2014 蒼き侍の挑戦 - PS3

定価:¥ 8,208

Amazon価格:¥ 771

カテゴリ:Video Game

発売日:2014-05-22


この記事のトラックバックURL
  1. 今回の結果はある意味良かったと思いますよ。協会、選手、サポーター、メディアは如何に慢心していたか気づかされる結果だったと思います。今回は周りも選手と協会も何か勘違いをしていたのかもしれないですね。セルジオ越後が代表がタレント化していると苦言を呈していましたが、CMにたくさん出たり、国内での試合ではアイドルみたいな扱いを受けたり、果たしてそれで強くなれるのかと。
    私はプロなのだからCMだって出てもいいだろうし、国内の試合が悪いとは思いませんが、ただ、アウェーでの試合は沢山したほうがいいと思いますね。今回はブラジルW杯だったわけですから、招待されたコパアメリカには是が非でも参加しておくべきだった思いますね。惨敗したとしても一度南米の気候を経験したりすることで対策が立てられてのでないか、協会側の取り組みにも疑問が残りましたね。
    おそらく、アジア枠は今回の結果で削減される可能性が高いですが、少ない枠でも関係なく出場できるくらいのチームを作ってもらいたいですね

    • 慢心していたとしても、それを反省できれば成長へと繋がる。ドイツの経験はまったく活かされず、今回が二度目の慢心でしたので、次は三度目の正直。いい加減、世界の壁は甘くないということを学ばなくてはなりませんね。っていうか、日本人は謙虚な国民性のはずなのに、サッカーに関してはやけに強気なのが不思議(笑)

      サッカー選手のタレント化関しては、それほど問題があるとは思っていないかなぁ。CMぐらいは好きに出てもいいんじゃないかと。イチローも昔からたくさんCM出ていますけど(ドラマまで出て!)、ずっと活躍していますし。本業に影響するほどタレント業にのめり込まなければ。

      >招待されたコパアメリカには是が非でも参加しておくべきだった
      震災という不意のアクシデントがあって断念せざるを得なかった2011年のケースはともかく、2015年のコパ・アメリカを辞退する理由はまるでわかりません。今からでもJリーグ側は柔軟にスケジュール対応できるはずですし、コパ・アメリカのために多少主力が欠けてしまう期間があっても、それで文句を言うJリーグサポーターは少数ですよ。本当に意味不明の判断でした。

      >アジア枠は今回の結果で削減される可能性が高い
      最後の希望(?)であった韓国も未勝利に終わり、これで綺麗にアジア勢全滅。アジア枠削減して、もっと厳しい競争を煽るべきですねぇ。

  2. 残念な結果でしたが、あまり悔しさも湧いてこず、気持ち良いくらいの完敗。
    純粋に、日本ってまだまだ弱いんだなあ、と思った今大会でした;;
    結果は選手達が一番重く受け止めているでしょうしね・・・。

    しかしコロンビア戦は、素人目に見ても技量の差が顕著でしたね~。
    未熟な日本が攻撃的サッカーをやろうとしても
    枠内シュート数13本で入った点は1点、対してコロンビアは9本中4点とは・・・!
    カウンターとはいえ、逆の立場になっても
    日本があんな風にディフェンスとキーパー躱して
    綺麗にゴールに入れるなんて出来るように見えないですし(^^;
    コロンビアは本当に、全部が見えてるみたいに
    あっさりポンと入れるんだもんなあ。見てて惚れ惚れ。
    とにかく日本とは、視野の広さとボール捌きが全然違う感じがしました。

    あと、今大会は皆揃って「自分たちのサッカーが出来なかった」って言葉を使うのが気になりましたね~。
    (さすがに三戦目の後は言ってませんでしたけど)
    なんか「やれば出来る子」とか「俺はまだ本気出してないだけ」と似たような言い訳染みた響きで好きじゃなかった!
    この結果が、そのまま自分たちのサッカーでしょーって。
    岡田元監督も、泥臭い姿勢が足りてなかったと言っていましたけど、
    もっと格下の自覚持って(と言ったら何ですけど)、泥臭く挑戦して行かないと。

    ともかく、まだまだ先は長いなあと思ったワールドカップでしたけど、
    また4年後を目標にして頑張って行って欲しいですね。
    個人的には、残りのワールドカップは奇跡の逆転勝ち上がりをしたギリシャの行方が楽しみです(^^;
    同グループだったし、応援してるよ!

    • プロ野球の打率で考えると、13打数1安打と9打数4安打は比較にならないほど後者が上ですけど、コロンビアのようなカウンター狙いだと確率は上がりますし(さすがに4/9はすごいですけど)、サッカーはシュート確率ってそれほど重要な数値ではないと思うんですよね(あくまで持論です)。

      13本打って1本しか入らなかった効率の悪さを嘆くより、13本のシュートを打った積極性を褒めたい。特に日本の選手は失敗を恐れてシュートを打ちたがらないですから…。得点を量産している外国人ストライカーは、そもそもシュートの分母がものすごく多いです。決定力不足、決定力不足と連呼していると、ますますFWは萎縮して得点できなくなる悪循環。

      >「俺はまだ本気出してないだけ」と似たような言い訳染みた響き
      あはは。確かにあれだけ連呼されると、チョット言い訳臭くは感じましたね~。でも、確かに第1戦・第2戦では「自分たちの(やってきた)サッカー」とはまったく違うことをしていましたので、相当悔いは残ったと思いますよ。本番のための練習を4年間ひらすらやってきたのに、本番になって急に違うことをやり始めたんですから。

      同じ負けるにしても、「自分たちの(やってきた)サッカーが通用せずに負ける」の方が経験になって良かったんですが…。

      >もっと格下の自覚持って、泥臭く挑戦して行かないと
      それをドイツワールドカップのときに学んだはずなんですけどね(笑) あっさりその苦い経験を忘れてしまって、また調子に乗っちゃったら、8年前と同じ罰を受けたというお伽噺のようなしっぺ返し。

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。