ブラジルワールドカップグループリーグ第2戦 日本0-0ギリシャ

ゴール前を固めて堅守速攻が売りのギリシャ。そのぶん、前線からのプレッシャーはないに等しく、日本はボランチの位置から自由に攻撃を組み立てることができました。なのに、日本のスタメンに遠藤の名前がないという不思議。ポゼッションで圧倒できることは試合前から充分想定できていたでしょうに、どうして要の遠藤をスタートで使わなかったのか、疑義を質したい!

今野がレギュラーに復帰してくれたのは、ガンバファン的に嬉しかったんですけど…。今野は期待に応えて非常にいい働きを見せてくれました。山口が股抜きされて招いた絶体絶命の場面もスライディングで間一髪クリア。球際での強さを見せ、度々ピンチの芽を未然に摘み取る活躍。

ギリシャの攻撃は、もっと身体能力を活かしたキック&ラッシュで来るかと思っていましたが、意外と正攻法。端整な顔立ちにお髭がセクシーなサマラスにボールを預ける展開が多かったですね。デカくて速くてディフェンスもしっかりするグッドプレイヤーだわ、彼。

守備面では、屈強なDF陣がゴール前に分厚いブロックを作り、噂通りの堅守を披露していましたが、中央バイタル付近は何故かアンカーのカツラニスが1人でカバーしているという陣容。この辺のギリシャの意図が私にはよくわからなかったですが、日本はこの守備網の薄い要地を橋頭堡として攻撃を展開。大迫と本田が中央で楔になれば、大久保・岡崎が内に切れ込んでチャンスを作るなど、コートジボアール戦では見られなかった良い攻撃ができていました。

それらを1人で対応するカツラニスは明らかに負担が大きすぎて、前半からファールが嵩み、なんと38分には2枚目のイエローを受けて退場処分! エースミトログルの負傷退場に続いて、文字通りチームの中心選手を失ったギリシャは、勝利を目指すには非常に厳しい立場に追いやられました。

ただ、カツラニスの退場を受け、中盤の布陣が敷き直されたことで、がら空きだったバイタルのスペースは埋められてしまう。日本は前半のような攻撃パターンを使えなくなりましたが、代わりにウイングのディフェンスが消滅したサイド攻撃に活路を見出す。内田が積極的に前線へ顔を出すようになり、次々とチャンスを演出。

後半からようやく投入された遠藤も早速持ち味を発揮して、左右にボールを散らしながら攻撃を組み立てる。決定的なアシストこそ生み出せなかったものの、ギリシャ選手の体力を消耗させることには成功していて、後半20分に入ると相手はもう完全にガス欠。ここから日本の波状攻撃が始まり、ギリシャゴールを脅かす。

あと一押し、あと一押しという場面が続き、日本の得点はもう目前まで迫っていたのに、フィニッシュでの決め手を欠き、結局最後までギリシャの堅守を崩しきれず手痛いドロー。是が非でも勝たなくてはならなかった試合で、日本は負けに等しい引き分けを喫してしまいました…。

数的優位の状況にありながら、最後までギリシャの壁を打ち崩せなかった結果に落胆は隠せませんが、内容的にはコートジボアール戦ほどひどいものではなく、選手は各々実力通りのものは出せていて、日本らしいサッカーもできていたと思います。

一方で、ザッケローニの戦術に多くの疑問を感じざるを得ません。ポゼッションサッカーで遠藤をスタート起用しなかったことに始まり、引いて守るギリシャ相手にラインブレイクが持ち味の岡崎をトップに上げたこと。そして、「あと一押し」の場面で吉田を前線に上げるパワープレイを選択したこと。

勝ち点3が絶対に必要な日本は、前のめりで攻撃を仕掛けなくてはならない終盤戦。私は、解説の岡田元監督も提言していたように、山口を下げて柿谷IN、もしくは斉藤INが最善手だと思いましたが、ザッケローニが選択したのは吉田を前線に上げてのパワープレイ。形振り構わず点を取りに行く姿勢は正しいといえど、吉田はオーバーラップしたところでボックスに張り付くことしかできませんし、ただでさえ少ない前線のスペースが埋まってしまうわけで、香川・大久保・岡崎にとって邪魔でしかないと思うんですよね。

何より、ギリシャにとって高さ勝負は願ってもないこと。パス回しでの崩しに手詰まり感があったとはいえ、吉田単機でギリシャに高さ勝負を挑むのは愚の骨頂だったと思うんですが…。それならドリブルで仕掛けられる選手を投入するか、もしくは何もせず傍観して、ピッチ上の選手に総てを託してくれた方がまだ勝つ可能性は高かったですよ。

私は監督の采配批判は好きじゃない(不毛だから)ですし、今までザッケローニの采配に特に疑問を感じることもありませんでしたが、今日の試合ばかりは本当に理解に苦しみます。ワールドカップが終わったら、是非このギリシャ戦を振り返ってもらって、ザッケローニが志向していた狙いを明かしてもらいたいものですね。書籍化されたら、喜んで買わせていただきますとも。

ワールドサッカー ウイニングイレブン 2014 蒼き侍の挑戦 - PS3

ワールドサッカー ウイニングイレブン 2014 蒼き侍の挑戦 - PS3

定価:¥ 8,208

Amazon価格:¥ 1,373

カテゴリ:Video Game

発売日:2014-05-22


4 Responses so far.

  1. ゲスト より:

    完全に引いた相手を崩せない。まあ、いつもの日本でしたね。逆に退場で一人抜けなかった方がよかったですね。一人抜けてギリシャは完全に引き分け狙いになりましたから。元々が堅守速攻のチームだから一人減ったところで大差なかったですね。日本が攻めてる時とかギリシャ陣内に9人全員いましたから。まあ、ああいった局面を打開できるプレイヤー、例えばメッシやロナウド、ネイマールみたいな選手が入ればいいのだが、残念ながら日本にはあの手のタイプがいないですから厳しかったですね。

    • 退場がなかった方が良かったかは微妙ですが、あまり日本にとって大きなプラスでなかったことは確かですね。あれでギリシャは勝利への色気を一切断ちきり、スコアレスドローだけを目指して守備に専念しましたから。その切り替えはすごいと思います。もし日本が逆の立場だとしたら、絶対そんなことできない。できたとしても、「なんで攻撃しないんだ!」とバッシングされる。

      >局面を打開できるプレイヤー
      確かにそんな選手は日本にいませんが、斉藤を使えば良かったんですよ。この試合展開で使わないなら、なんで連れてきたんだと思いますね。パワープレイで行きたいなら、素直に豊田を連れてこりゃ良かったのに…。

  2. ブランドン より:

    いまだに自分たちのサッカーをやろう等と口にしてる段階では・・・
    明日のコロンビアには絶対勝てないだろうし、いよいよ日本サッカーも低迷期に陥りそうですね

    • 私はコロンビア戦、結構勝てそうな気持ちでいるんですけどねー。モチベーションが段違いですから、コートジボアール戦よりチャンスあるんじゃないかと。GL突破はともかく、1勝できれば日本としては大手柄で有終の美ですよ。