ブラジルワールドカップグループリーグ第1戦 日本1-2コートジボアール

遠藤・今野のガンバ勢が共にスタメン落ち。共に4年間、ザックジャパンの攻守の要として活躍してきたのに、ワールドカップ本番でスタメンから外れてしまうなんて悲しすぎる~。信じられないかもしれませんが、これで私の日本を応援する気持ちが数%落ちてしまいました(最低!)。

コートジボアールは最初そんなに“怖さ”を感じなかったです。最終ラインからパスを繋いでポゼッションを高めていたものの、整斉と乱れず組織で対応できる日本のディフェンスが、その拙いパス回しで崩される心配はまったくありませんでしたし。

身体能力を活かした個での突破はさすがに迫力があり、日本もそこで度々ピンチは招いていましたが、本当に危険な最後の部分はちゃんとカバーできていたのが頼もしい。突破されても、振り切られはしない。その粘っこいディフェンスで、コートジボアールの攻撃をしっかりシャットアウトできています。

ディフェンスを固めながら、日本は一気に牙を剥く。スローインの流れからエリア内でボールを受けた本田が左足を振り抜き、強烈なシュート!! コース、タイミング、威力、総てが完璧なゴールで日本が先制!!

今日の本田はボールタッチ回数こそ少なかったものの、強みであるキープ力を見せつつ、ドリブルでの中央突破も見せるなど、非常に内容が良かったです。さすが本田圭佑、しっかり本番に合わせてきましたね!

コートジボアールもバカではありませんから、後半はその本田を密着マークで対策。3~4人がかりで本田を潰しにかかるシーンもあり、こうなるとさすがに本田の活躍は望めなくなる。しかし、本田が敵を引き付けている状態は日本にとって望ましい状況でもあるわけで、こういうときこそマークが手薄になった香川が第2の矢となり、コートジボアールゴールを射貫くチャンス! ……だったのに、今日の彼、ま~~ったく見せ場なかったねぇ。

コートジボアールは後半17分にエースドログバを投入。遠景カメラでも一瞬でその存在が把握できるほど異彩を放つドログバに、日本DF陣も最大限に警戒を強めていましたが、結果的にドログバのオーラに必要以上に気圧されてしまったことが敗因となってしまいました…。

ドログバへの恐怖心から日本は完全に守勢に回り、ディフェンスラインを大きく下げてしまう。ザックジャパンは、エリア内で守備ブロックを作るようなディフェンスはしてこなかったはず。前線からのプレッシングが生命線であるのに、ディフェンスを下げすぎたことでクロッサーへのチェックが甘くなり、王理恵ことオーリエにドフリーの状態でクロスを上げさせてしまった

オーリエの速く正確なアーリークロスは確かにワールドクラスでしたが、あれだけフリーにさせてはダメでしょ~。しかも続けて二度も! この二度のクロスがいずれもゴールアシストに結びついてしまい、瞬く間に日本は逆転される悪夢。うっ…! ドイツ…オーストラリア…忘れていたはずの記憶が…!

直接得点に絡みこそしなかったとはいえ、ドログバ1人に試合をひっくり返されてしまった格好。36の御年だというのに、フィジカル・シュート力・ポジショニング・フィールドヴィジョンは誰よりも高みにあり、その存在感はカリスマレベル。明らかにドログバ投入でコートジボアールは“怖い”チームに変貌しましたね。

でもまだそんなに絶望感はなかったというか、今の日本ならここから1点返せる余裕は充分あったはずなんですよ。投入した遠藤を使って、中盤からじっくりゲームメイクしていけば、あと二度・三度は決定的なチャンスを作れたはず。この試合、日本は引き分けでも御の字だったんですから、1点ビハインドの残り25分はそれほど落ち込む必要もなかった。

なのに、単調な速攻の繰り返しで明らかに焦りを感じている日本。拙速な攻撃ですぐにボールをロストするから、ずっと相手のペースのままで推移するという悪循環。高温多湿の気候と過度の緊張のせいか、疲労感がありありと出て足が止まってしまっていたのも誤算でしたねー。

逆転負けで悔しい緒戦になりましたが、最も悔いが残るのは余所行きのサッカーで負けてしまったこと。攻撃も守備も、本来の日本の持ち味が出せていなかったように思います。この4年間で培ってきたサッカーを見失っちゃダメですよ。次戦こそは日本の戦い方を忘れずに。そのためには遠藤を……ね? 言わなくてもわかるよね?

ワールドサッカー ウイニングイレブン 2014 蒼き侍の挑戦 - PS3

ワールドサッカー ウイニングイレブン 2014 蒼き侍の挑戦 - PS3

定価:¥ 8,208

Amazon価格:¥ 800

カテゴリ:Video Game

発売日:2014-05-22


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. 安定した日本の守備が勝利に貢献(相手の)、二分で逆転とは90分もいらなかった試合になったのが残念。怪我明けなのもあったが、長谷部を下げる必要はなかったような気がする。遠藤出しても全然生かせず。柿谷の投入も遅い。全てが後手後手になって負けるべくして負けた感がいなめなかった試合だったのかもしれない。結果論ばかり言っても始まらないから次は頑張ってもらいたいものです。
    本田選手も言ってましたが、全てが終わってから色々言ってくれと、まだ終わっていないので応援しましょう。

    • びびって押し負けたというのが不甲斐なかったですね~。それまではちゃんとコートジボアールの攻撃を冷静に対処できていたのに、ディフェンスラインを引いちゃうから…。陣形があんなに間延びしたら、嵩にかかって攻撃されてしまうのも当たり前。

      >遠藤出しても全然生かせず
      遠藤を使え使えと言っている私が矛盾しますが、この試合展開では遠藤投入の効果は薄いです。日本は2点目を狙う必要はなく、1-0で守り勝つか、1-1で勝ち点を拾うかで万々歳。そのためには、まず1手目で守備に奔走できる今野をボランチで投入すべきでした。

  2. 前半だけ見てヤフオクドーム行ってきました。
    アンチの多い本田ですが、点取った時は『持ってんな~』と思いましたね。
    あそこは凄いカッコよかった。
    しかしまさか逆転負けするとは…。
    電車の中で経過を調べた時にはびっくりした。
    得点に絡んでもないにも関わらず、ドログバの存在感はあちこちで言われてますね。
    そんなに凄かったんですか。見たかったなあ。

    浅生さんのためにも、ガンバ勢がんばれ!w

    • 前半だけ試合見て出かけちゃうとは…(笑) こんな日でもDeNAを優先するパウンだーさんを尊敬します。その甲斐あってか、ヤフオクドームではいい試合が見られたようですしね。まさか山口がエースになるなんて想像もしなかった。

      >アンチの多い本田ですが、点取った時は『持ってんな~』と思いました
      あまりに多すぎてウンザリしますよ…。この件は、ワールドカップが終わったあとに思いの丈をぶちまけてやる。

      >浅生さんのためにも、ガンバ勢がんばれ!
      日本が負けちゃったのは私が100%の気持ちで応援していなかったせいだと思いますので、次は是非遠藤と今野をフル出場させて、100%の応援をさせて欲しいですね(笑)

  3. このグループコロンビアが頭二つ抜け出していて、日本とコートジボワールがほぼ互角でギリシャがぴったり後ろについている感じでしたから引き分けで終わっときたかったですね。
    正直前半のような戦い方をするのなら後半はガッチガチに守備を固めてでも勝ち点を取りに行った方がよかったですね。
    ディフェンスが下がりすぎていて完全に中盤が機能してなかったのが一番の問題でしたね。

    • 私はFIFAランキング程度の実力差だと思っているので、ペーターさんほど日本の実力を高く評価はしていなんですけど、でもあくまでグループリーグ突破を目指すなら、コートジボアールとは引き分けておきたかったです。なんかドイツのときと同じパターンになりそうな…。1戦目逆転負け・2戦目スコアレスドロー・3戦目虐殺って感じで。

      >後半はガッチガチに守備を固めてでも勝ち点を取りに行った方がよかった
      私も同感です。ザッケローニの哲学にないのかもしれませんが、本田ワントップなんてするぐらいなら、そこは折れて欲しかった~。