FIFAワールドカップ2014 アルゼンチンを破りドイツが優勝!

試合前のトロフィー返還式でジゼル・ブンチェンの姿が! あのプジョルよりも背が高く、圧倒的すぎるスタイルを見せ付けていたのはさすが。私は昔からジゼル・ブンチェンのことがめちゃくちゃ好きなんですよ。彼女の旦那さんのことはもっと大好きですが。

さて、試合の方ですが、私はドイツを応援していました。理由は何と言ってもGKノイアーがいるから! ゴールキーパーならぬゴールスウィーパーという新たなポジションを開拓した彼の一挙手一投足から目が離せません。GKなのになんの躊躇もなくペナルティエリア外へ飛び出し、ディフェンダー顔負けのスピードと鋭いスライディングでボールをクリアする彼は、まさに11人目のフィールドプレイヤー。こんなに面白いGKは他にいませんよ~。

時代の流れと共に消えていったスウィーパーが、まさかこんなカタチで復活するとはね。ノイアーがライン後方のスペースを完璧にケアしてくれるから、ドイツDFは思い切って最終ラインを上げられる。ポゼッションでプレッシャーをかけながら、じわりじわりとアルゼンチンを追い詰めて行くドイツ代表。

しかし、アルゼンチンもディフェンスが堅い。堅いというか粘っこい。中盤の底でマスチェラーノのディフェンスが冴え渡り、左右のクロスは中央のCBがことごとく跳ね返す。ドイツのCBコンビ、ボアテング&フンメルスは圧倒的でしたが、アルゼンチンのデミチェリス&ガライも素晴らしかった。

アルゼンチンはドリブルを仕掛けて個の突破を狙いますが、肝心のメッシに輝きがありませんでした。そもそもなかなかボールを持たせてもらえない。攻撃のために守備でスプリントしないのはいいとしても(良くないけど)、もっとボールをもらう動きはした方がいいと思うんだけどなー。ボールをキープしたときはやっぱり脅威になっていましたので、その回数を増やして欲しかったです。

お互い堅固なディフェンスで1歩も退かないまま延長戦に突入し、このままPK戦突入かと思われた延長後半8分、ドイツ代表次代の担い手ゲッツェが決勝ゴール! それまでは完全に存在が消えていたのに、ここぞの場面で大仕事をするところがFWの鑑ですね~!

南米大会でブラジルとアルゼンチンの2強を破り、堂々たる優勝を果たしたドイツ代表。5バックが猛威を振るった今大会でしたが、その大会を制したのは、GKノイアーがスウィーパーに入る変則5バックでした(笑) ホント、こんなのズルイよね。1カ国だけ5ー3ー3のフォーメーションで戦えるんだもん。

ドイツ代表から日本代表が学ぶこと

ドイツの強さの理由は、レーヴ政権8年目であること、バイエルン・ミュンヘン所属の選手が中心であったことが大きかったと思います。

4年前は、全盛期のバルセロナの選手で固めたスペイン代表が強かったように、バイエルン・ミュンヘン全盛の今、バイエルン・ミュンヘンの選手を数多く取り揃えたドイツ代表が優勝したのは必然の結果だとも言えます。

クラブで連携を高めることがそのまま代表のレベルアップに繋がるのですから、そりゃあ他の寄せ集めチームより断然有利だと思いますよ。

要するに、日本代表が強くなるためには、海外組をたくさん輩出するのではなくて、自国リーグを強化すること。代表好きな人はJリーグをすごく軽視しますけど、Jリーグのレベルアップこそが代表のレベルアップに繋がる最もシンプルな近道だと私は思うんですけどねぇ。

浅生が選ぶ今大会ベストマッチ

全試合見ているわけじゃないので、あくまでたまたま私が見ていた試合の中でのベストマッチですが、ベスト16でのドイツVSアルジェリアを選びたいと思います。

この試合はノイアーの魅力が最大限発揮されていた試合。普段バイエルン・ミュンヘンの試合を見ていない私にとっては、とにかくノイアーのゴールスウィーパーっぷりは衝撃的でした。

アルジェリアは守備的布陣でスリマニのカウンターに総てを賭ける戦法。ドイツは極端に高いディフェンスラインを敷いているため、度々カウンターで裏を取られていましたが、そこに悠然と立ちはだかる……否、猛然と走り寄ってくるGKノイアーがことごとくクリア!

中盤の高い位置でカットしたアルジェリアが、これ以上ない高速カウンターを発動させたのに、GKノイアーが自陣中央付近まで飛び出してボールをクリアしたときは思わず「うわっ」と声が漏れましたよ。ペナルティエリアどころかアタッキングサードまで飛び越してくるノイアーがヤバすぎるっ!!

もう中盤でボールがカットされる未来を予知していたとしか思えない速さ。どうしたらあの一瞬の間にGKが自陣中央のボールをカットできるのでしょうか。仮に予知できていたとしても、普通は怖くてあんなところまで飛び出せません(笑)

この試合は、アルジェリアのGKエムボリも負けじとスーパーセーブを連発し、スコアレスのゲームでありながら最高にスリリングで見応えのあるゲームでしたね(延長戦で2-1)。いい試合を見させてもらいました。

2014ブラジルワールドカップを振り返って

振り返ってみれば、今大会は何かとGKが目立っていた大会だったと思います。一躍評価を高めたアルジェリアのエムボリ、チリのブラボ、メキシコのオチョア、コスタリカのナバス。PK戦で存在感を示したオランダのクルル、アルゼンチンのロメロ。そして、悪目立ちしてしまったのは、大量失点からそのキャリアに傷を付けたスペインのカシージャス、ブラジルのセーザル。

No.1は何と言ってもゴールスウィーパーのノイアー。もはやゴールキーパーもフィールドスキル必須の時代がやってきたのかもしれませんね。4年後、西川には日本のノイアーになってもらいましょう!

ワールドサッカー ウイニングイレブン 2014 蒼き侍の挑戦 - PS3

ワールドサッカー ウイニングイレブン 2014 蒼き侍の挑戦 - PS3

定価:¥ 8,208

Amazon価格:¥ 800

カテゴリ:Video Game

発売日:2014-05-22


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. なんだかんだと面白い大会だったと思います。
    日本代表は残念でしたが正直試合を見るなら日本以外のゲームのほうがレベル高くて面白いですし。
    こんなグダグダなブラジルとスペインも珍しいのでその点でもレアな物見た感アップ。
    私が選ぶベストマッチはなんだろう、オランダVSメキシコとかかなぁ。
    確かに躍進したアルジェリアはすごく面白くて良いチームだったと思います。あと今まで無軌道だったナイジェリアがキチンとしていたのも印象に残りました。カメルーンは相変わらずでしたが。

    割りと満足な大会だったのは確かなんですが、今世間で言われているようにメッシのMVPには異論を唱えたい感じです。メッシが良かったのなんてグループリーグの間だけだったのに。そういう選び方なら別にネイマールが取っても良かった。
    実際にはノイアー、ミュラー、シュバインシュタイガー、クロースのドイツ勢にロッベンやハメスロドリゲスあたりから選ぶのが正しいんでしょうけど。

    あとW杯は関係ないけど我がアルビがこんなの公開したのでちょっとご紹介。

    http://www.youtube.com/watch?v=DrGZETpiiNw

    トップチームだけでなくレディースも一緒でみんな楽しそう。手作り感満載なのが好きです。
    ハッピーターンはレオ持って欲しかった。

    • 試合展開は面白いものが多かったですね。延長戦にもつれ込むような接戦が多く、かと思ったら想像もしなかったような虐殺あり。放送時間さえ何とかなったら、もっと楽しめたのに。

      >私が選ぶベストマッチはなんだろう、オランダVSメキシコ
      ロッベンのダイブ疑惑があった試合ですね。この試合はハイライトしか見ていませんでしたが、メキシコの先制点となるドスサントスのミドルは恐ろしかった。あんなミドル打てる選手、日本にいないし~。

      >今世間で言われているようにメッシのMVPには異論を唱えたい
      敢えて本文ではスルーしましたけど、私としても当然納得の行く選出ではなかったですね。ヒンメルさんが挙げた名前の選手だったら、誰がMVPであっても文句なかったんですが…。

      個人的にはノイアー。次点がクロース。単純に凄みを感じた選手だとロッベンかなぁ。スペイン戦の5点目、よーいドンでDFと競争して追い越してしまったロッベンの信じられない脚力に惚れ惚れ! もう而立だというのに、試合中ずっと走り回っていましたし、本当に恐ろしい選手ですよ(笑)

      日本がちんちんにされたハメちゃんも当然今大会ベストプレイヤーの1人。ウルグアイ戦の1点目、振り向きざまのスーパーミドルは感動でした。

      >我がアルビがこんなの公開したのでちょっとご紹介
      何これ、楽しい~。クラブ発信でこういうことができるのはいいなぁ。

      アルビレックスといえば、長身FWフェチの私がずっと注目していた指宿が完全移籍したんですよねー。川又・武蔵・田中達・岡本がいるのに更に指宿だなんて羨ましい…。FWがいないガンバに1人分けてください(笑)

  2. >指宿
    全くなんの前触れもなかったので第一報がきた時はびっくりしました。直前にはハンガリーへの移籍発表もありましたし。
    チームにすぐにフィットするとは思いませんが、有望選手の補強は嬉しいものです。
    ただ、浅生さんの仰るようにFWが余るので、もしかしたら川又あたりの移籍フラグではないかと不安にもなります。
    まさかまさかガンバと話ができてたりしませんよね(疑心暗鬼)
    そういえばジンスのドイツ移籍もいきなりでした。

    動画について。今更HAPPYかよ、とは思いましたがそれにつけても武蔵と舞行龍の異常すぎる圧倒的存在感。得難い人材です。そして地味に感心したのは魚役の岡本の身体能力。

    • スペイン3部相当のレベルがまったくわかりませんが、197cmという長身はJリーグでも大きな武器になると信じています。気掛かりなのは、伊藤翔のような逆輸入選手に目立った活躍がないことですかね。特に平山コースだけは勘弁願いたい!

      >もしかしたら川又あたりの移籍フラグではないかと不安
      さすがに川又・武蔵は放出しないでしょう。いただけるなら喜んでいただきますが(笑) アルビレックスは、つい最近まで鉄壁のディフェンスが売りのクラブだったのに、いつの間にかFW王国になっているのが怖い…。

      >武蔵と舞行龍の異常すぎる圧倒的存在感
      キャラ強い選手多いですよねー。他クラブの選手はなかなか顔と名前が一致しないものですが、アルビレックスはわかりやすい人多い!