WBC2017 2次ラウンド第3戦 日本8ー3イスラエル

これは台湾の分! バキッ! これは韓国の分! ペチッ! 日本が東アジアを代表して、みんなの仇を討ってやりましたよ! 未知数の実力を有する不気味なイスラエルをも寄せ付けず、終わってみれば1次ラウンド・2次ラウンド共に全勝! 日本すごーい! これで自信を持ってアメリカに旅立てますね!

実は試合をリアルタイムで見られなかったので、今録画をダイジェストで見終わったところです。両先発が好投して、5回まで0‐0の投手戦だったんですね。日本はチャンスを作りながらあと一本が出ない状況が続いていたのに対し、千賀はイスラエル打線をほぼパーフェクトに抑えていたようですが。

燻っていた打線は6回に爆発。4番として度々勝利を決める一打を放ってきた筒香が、この日も特大のホームランをバックスクリーンに叩き込み口火を切る! 解説の人とグラウンドレベルの人が「こういうときに打つのが4番ですからね!」「打ってほしい場面に打ってくれるのが筒香選手!」と話していたら、その瞬間本当に打っちゃうのがすごい。頼れる存在です。

均衡が破れたあとは、打者一巡の猛攻。中でも、一際盛り上がったのは小林の打席でした。ランナー2塁3塁でぼてぼてのピッチャーゴロ。でも、勢いが完全に死んでいたことが奏功して、内野安打。でも、小林がピッチャーの送球が逸れたと誤解してオーバーラン。でも、タッチアウトを追いかけた一塁手が小林ではなく、松田を刺そうとサード送球。でも、結局それがアウト取れずにオールセーフ

結果的には、なんでもないピッチャーゴロがタイムリーツーベースに化けたという…。もはやこれはラッキーというより神通力の類。小林の神通力が解けたとき、一緒に日本代表の快進撃も終わりそうで怖い(笑) ちなみに、筒香のバックスクリーンホームランが“台湾の分”で、小林の内野安打が“韓国の分”だったと思います。

終わってみれば先発全員安打で、今日も元気に8点の大量点。これでWBCでの一試合平均得点は7.66ですか~。今回の侍ジャパンは“打のチーム”だと最初に言い切りましたけど、よもやこれだけハイレベルな打線が構築されようと嬉しい誤算。4年前までの貧打が嘘のよう。WBCのボールに苦しんで、ちっとも長打が出なかった竹光のサムライはもういないんだね。

2次ラウンド突破でアメリカ行きは、日本代表として1つの目標であり至上命令だったと思います。それを全勝というこれ以上ないカタチで成し遂げた今、もう侍ジャパンのノルマは果たしたと言ってもいいでしょう。だから、これからこの先は1つでも勝てれば偉業。プレッシャーを感じることなく、精一杯日本の野球をアメリカの地でのびのび発揮してきてほしい。とはいえ、あの決勝の独特の興奮を三度味わってみたいので、なんとか次の準決勝は突破してほしいな…!?

仮に準決勝を突破できたところで、残りはたった2試合しかないという事実に寂寥感。今の魅力的な日本代表をもっともっと長く見てみたいのに、終わりがすごそこまで近付いているなんて悲しすぎます。アメリカで3次ラウンドやりませんかね!? 韓国とか敗者復活してくれていいんで!(笑) WBCが終わるの名残惜しいよ~。

がんばれ侍ジャパン! WBC2017観戦ガイド (ぴあMOOK)

出版社:ぴあ( 2017-03-01 )

定価:

Amazon価格:¥ 950

ムック ( 97 ページ )

ISBN-10 : 4835632702

ISBN-13 : 9784835632704


この記事のトラックバックURL
  1. 勝った事自体は非常に喜ばしいし実際に結果を出してる以上、
    小久保監督を迷将などと呼ぶ気はさらさらありませんが、ただ1点だけ牧田の扱い方のあまりのいい加減さには首をかしげますね。
    キューバ戦までは牧田に抑えを任せるのは異論はありませんでしたが、連日の登板であきらかに体の負担があった今回の試合にまで出すのは本気で「何でだ!?」って思いました。
    事実最後の最後に3点も取られちゃってますし、牧田本人も非常に悔しがってましたしね。
    勝ったからいいものの、昨年の日シリで連日ジャクソンを使った緒方監督とダブって見えました。
    そうでなくとも、ちょっと前まで小久保は牧田を抑えにするのか中継ぎにするのかすら明言せずに立ち位置すら定めておらず、抑えに決めたら決めたでこの酷使っぷりは・・・
    牧田自身はどの立ち位置になろうと懸命に投げるしかない訳ですから、悪い言い方をすれば小久保は牧田を壊す気なんじゃないかとすら思います。
    使い勝手の良い上にあやふやな立ち位置の中継ぎ投手がどれだけ体に負担がかかるのかはグラ○ニを読んで初めて知りましたがw

    • 広島のジャクソンは1日休みを挟んでの6連投で、さすがにあの起用はクレイジーだと私もドン引きしましたが、牧田は2日休みを挟んでの3連投ですから、別に酷使というほど無理な使い方をしていたとは思えないですねー。直前まで5点差でどっちにしろ抑えの牧田はブルペンで準備しないといけなかったので、9回に牧田を使おうが使うまいが、疲労の蓄積度は大して変わらなかったと思います。次の試合まで日にちも空きますし、そこまで無茶な起用でもなかったような。

      あと、短期決戦ではどんな試合でも目の前の試合に全力を尽くすのが大事だと思うんです。シーズンという長丁場に慣れていると、今日より明日、明日より明後日を考えてしまいがちで、むしろそういう大局観を持った監督こそが有能なんですが、短期決戦ではまったく逆で、明日より今日、明後日より明日という近視眼的な視点を持つ方が有能だと感じます。

      イスラエル戦は仮に負けてもそこで終わりじゃなかったので、私も必ずしも牧田を使うことに賛成ではなかったですが、だからといって牧田を使うことに否定的でもなく。8‐0という楽勝ムードの中でも、1ミリも油断せず勝ちに行く徹底さは1つの正しさ。それで選手が壊れるのは勿論良くないんですが、大谷を壊さないよう早めに降板させた結果、悪夢の逆転負けを喰らった苦い経験があるだけに、小久保監督はもうその辺覚悟を決めたんじゃないでしょうか。勝利のために選手の犠牲はやむを得ないと(笑)

  2. 昨日の藤波の体たらくを見ると本番でテストしなくて良かった感じですねえ
    準決勝と決勝で使う場面はないと思うんでこのままベンチで応援ですかねえ

    • 短期決戦の本番でテストなんか不要! 勝つために必要な選手だけ使えばよろしいかと。

      それにしても、藤浪の初回失点率って何%なんでしょ? こんなに立ち上がりが悪いピッチャー見たことないです。好きな選手だけに見ていて悲しい…。

  3. どうも、昔からこのサイトを見ているものですが最近違和感を感じています。
    それはこのブログはアニメサイトとなっているのにアニメの記事が少ないからです。

    もちろんどんな記事を書くかは管理人さんの勝手なので自分が文句を言うのは違うかもしれませんが、アニメの記事を楽しみに待っている者としては、ちょっと寂しいです。

    少しでもいいので自分の願いが聞き入れてもらえれば嬉しいです。
    それでは長文・駄文失礼しました。

    • いつもなでしこやまとをご覧いただき、ありがとうございます。

      現在、ちょっとプライベートでいろいろありまして、感想記事の更新をストップさせてもらっています。アニメ感想を楽しみに待ってもらってくださっているのに、申し訳ありません。落ち着いたら、平常運転に戻ると思いますので、もうしばらくお待ちいただけたらと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。