WBC決勝ラウンド第1戦 日本1-3プエルトリコ

負け試合だと結果を先に知ってしまった上での録画ダイジェスト視聴。う~ん、勝てない試合じゃなかったですよねぇ。紙一重の差で敗れてしまった悔しさもさることながら、攻守共に日本の自滅による敗戦だったことへの無念が強いです。

先発前田健太は、「準決勝は任せてください!」と豪語したに相応しいピッチングでしたが、それだけに初回のフォアボール連発からの先制点がもったいなかった…。例え1失点でも、先制点を取られたというダメージは大きい

対するプエルトリコはそんなにスーパーな投手がいるわけじゃないのに、攻略できそうでできないもどかしさ。球審の不可解なジャッジに苦しめられたにせよ、日本のバッターはボール球を振らされすぎですよ。これがモリーナの好リードなんですかね。

問題だったのは、8回裏の攻撃。3点ビハインドの状況で、鳥谷が「らしい」ヒッティングから3塁打を放ち反攻の狼煙を上げると、井端がこの大会何度も見せてくれた職人的流し打ちで待望の得点。内川も連打で続き一気に押せ押せムード。打席は主砲阿部を迎えるという最高のお膳立てで、まさにここが日本のターニングポイントでした。

その大事な大事な大事な場面で、1塁ランナー内川が飛び出してアウトになってしまうまさかのボーンヘッド…。これで日本の追い風はピタリと止み、終戦を決定付ける致命傷となってしまいました。

理解に苦しむのは、阿部のバッティングに総てを任せるべきこのシチュエーションで、何故ランナーが飛び出すようなミスが起きてしまったのかということ。サインミスと言ったって、あの場面で一体どんなサインが出ていたというの? あまりに不可解です。

考えられるのは、ダブルスチールのサインですよね。バッターが4番阿部。メジャーでも屈指の強肩捕手モリーナ。勝つためにまだ3点が必要。この状況でダブルスチールという作戦は常識外ですが、だからこそ相手を揺さぶる作戦になり得ますし、投手のモーションの大きさを考えて積極果敢に攻めたという理屈であれば、私もまぁ10%……いや、15%ぐらいは納得できます。少なくとも送りバントを命じるよりはマシな作戦ですから。

しかし、試合後の山本監督の弁に拠りますと、実際は「ダブルスチールを行ってもいいというサイン」だったとのこと。「ダブルスチールのサイン」じゃなくて、「ダブルスチールを行ってもいいサイン」って何? 単独スチールの判断を委ねるのはともかく、ダブルスチールのグリーンライトなんて聞いたことがありませんよ。ランナーの連携が要のダブルスチールを各自の判断に任せるなんて正気かと。少しでも意思疎通が上手くいかなかった場合の結果は、ご覧の通りじゃないですか!

台湾戦で見せた鳥谷の盗塁も、素晴らしい判断だと賞賛を送る一方で、あれが山本監督の明確なサインによるものでなかったことに私は不安を感じていました。もしあそこで盗塁失敗していれば、勝手な判断で飛び出した鳥谷は日本中からバッシングされていたはず。そのプレッシャーを押しのけて盗塁を決めた鳥谷はすごすぎるのですが、本来選手個人にそんな重責を背負わせるものじゃないですよ。サインを自分が出して、失敗したときの責任を自分が被る。それが監督の務めでしょうに。

曖昧な采配で責任と向き合おうとしない山本監督には幻滅。嘘でも「私がダブルスチールのサインを出しました」ぐらい言うべきでしょ。敗戦の責任を一身に背負って落ち込んでしまっている内川が可哀想です。

内川は全然悪くありませんし、むしろここまで戦ってこられたのは内川のおかげ。それは日本代表選手全員にいえることで、それぞれの活躍が日本にベスト4という好結果をもたらしてくれました。今回の日本代表選手に戦犯と呼べる人間は誰1人いません。何も恥じることはなく、堂々と胸を張って日本に帰国してもらいたいですね。日本代表の皆さん、お疲れ様でした!

プロ野球スピリッツ2013 - PSP

プロ野球スピリッツ2013 - PSP

定価:¥ 4,094

Amazon価格:¥ 1,696

カテゴリ:Video Game

発売日:2013-03-20


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. 情報遮断して、録画放送を見てました。

    残念!

    仰るように、ボール球ブンブン振り回してましたね~。
    リードされてて気負いすぎたのか、やたら打ち急いでた印象。
    稲葉の3球3振は酷かったなあ。

    最終回の坂本・稼頭央の初球打ちと中田のフルスイングには呆れた…。

    内川は大嫌いだけど、アレで戦犯扱いされたらさすがに気の毒。
    そもそも内川は打ってるからこそ塁上にいるんだし。

    特に戦犯はいないけど、
    全般にピリッとしない選手が多かったかな、と。
    特に野手なんて、しっかりチームバッティングできたのは
    鳥谷井端内川糸井くらいなものでしたね。
    鳥谷井端の活躍は意外すぎたw

    山本は監督業を押し付けられたのは気の毒だったけど、
    人選から始まって今日まで、采配に関してはちょっと擁護できない。
    元々、期待はしてなかったけど。

    ベスト4と言っても、勝った相手を考えると、
    優勝は無理でも今日のプエルトリコ戦は勝って欲しかった…。

  2. ぶっちゃけWBCにはあんまり興味はなかったし期待してもいなかったのですが井端の
    予想外の活躍で少し観ていましたがよく戦ったと思いますよ。準決勝敗退は残念でしたが
    プエルトリコは普通に強かったという印象。

    まあ、あえて戦犯を捜すのならやっぱり山本監督になってしまうでしょうね…監督選出の
    ゴタゴタに加えて選ばれたのがこの人では…実績のない人だけに不可解な采配が多く
    「ああ、やっぱり・・・」という印象。これだったらノムさんにやって欲しかったですね、
    後の祭りですが。

    あとは・・・やっぱり全然打てなかった巨人の野手3人でしょう。特に阿部の不調は
    大きかったかなと。打たないと投手のリードも含めて存在価値が半減する選手だし
    これは痛かったなと。坂本と長野にしてもねぇ…これだけ打てない選手を使い続けた
    山本監督はやっぱり戦犯だと思います。

    個人的には総合的には今回でWBCの存在価値がますます無くなったという印象。
    昨年の参加不参加のゴタゴタと監督選出におけるNPBのgdgd感、そして主催の
    アメリカのやる気の無さ。
    本当にやる気があるのならもっと開催時期とか真剣に考えた方がいい気がするけどなぁ。
    少なくとも開幕直前にやる事じゃないとはつくづく感じてしまいます。

  3. やはり井端はいいバッター(挨拶)
    あのワンプレーだけに関して言えば内川のせいですけどね。サインにしろグリーンライトにしろ、一塁走者が二塁走者の動きを見ずに地面だけ見て突進とかプロとしてありえないです。
    ただ内川は今大会全体を見れば間違い無く功労者の一人ですので責めたりしませんけど。
    プエルトリコ戦はとにかく打撃がひどかった。なんですあの早打ち&外スラクルクルのオンパレード。そりゃ勝てんわ。

    ベスト4という結果について、まぁこんなもんじゃね?というのが正直なところ。参加に至るまでのNPBのやる気の無さを見るにつけ、よく準決まで行ったなぁとすら思います。
    あと大会通じてとにかく山本監督の采配には疑問疑問&疑問。

    代表常設の動きについてはまぁやればいいんじゃね?と。ただ、代表の選手には選ばれるメリットというかなんらかハクをつけて欲しいあと勿論監督にも。
    で常設する以上は試合をすべき。オールスターやめて代表vsNPB選抜の試合に替えるとか、台湾韓国オーストラリアあたりと協力してアジアシリーズ期間を対抗リーグ戦に当てるとか。

  4.  パウンだーさん
    ランナー溜めたい場面ではしっかりフォアボールを選ぶ糸井はいいですね。バカキャラ扱いされていますけど、野球IQは案外高いのかもしれません。

    >内川は大嫌いだけど、アレで戦犯扱いされたらさすがに気の毒
    なんですかそのツンデレみたいな言い回しは(笑) もう内川のことは認めてあげましょうよ~!

    >鳥谷井端の活躍は意外すぎた
    鳥谷のOPSが1.167で、井端のOPSが1.444ですからねー(ついでに糸井は1.238)。印象だけでなく、数値としても堂々たる活躍。

    鳥谷の活躍は意外だとは思わないですけど、井端は中日ファンでもここまでの活躍は予想していなかったでしょう。山本監督の最大の功績ですかね。

    >人選から始まって今日まで、采配に関してはちょっと擁護できない
    ちゃんとしたサインでダブルスチールを敢行したならば、失敗に終わったとしても擁護派反対派で議論の余地があったと思うんですけどねぇ。

    諸々の条件は確かに厳しいものがありましたが、終盤戦で2点ビハインドなんですから、元々逆転の確率なんて低かった。ならば、あそこで一度低い確率にかけるのもありでした。なんでもいい。手段は選ばない。地獄を一度くぐっちまうことさ。南郷さん、ツキの女神はいつだってその先にしゃがみこんでいる。と、麻雀の上手い中学生が言っていたように、まさかのダブルスチールが決まれば一気に日本のペースに持ち込めたはず。そういう積極的な采配なら悪くはなかったと思います。

     草薙静流さん
    井端は予想外の大活躍だったといえますけど、でも井端はちゃんと自分に与えられた仕事がわかっている選手でした。今回たまたま結果が最高のものに繋がりましたが、例えそうでなかったとしても、こういう選手がチームの勝率を高めてくれるんだなと思いましたよ。中日が強いわけです。

    >全然打てなかった巨人の野手3人
    巨人ファンとして反論させてもらいますけど、3人の成績を見れば全然打てていないことはないですよ。打点数でいえば、阿部はチーム打点王の7打点、坂本と長野も6打点。いずれもトップクラス。

    じゃあ、肝心なところで打てなかったのかというと、阿部と坂本はそれぞれビハインドの中で同点に追いつくHRとタイムリーを放っていますし、オランダ第2戦で勝利を決定付ける活躍をしたのは長野。ダメ選手扱いされるのは心外ですね。

    >総合的には今回でWBCの存在価値がますます無くなった
    どの辺でWBCの価値が低下したと感じられたかはわかりませんが、第1回、第2回、第3回と順調に大会は成長していると思いますよ。少しずつ規模も大きくなっていますし。権威なんて一朝一夕で生まれるものじゃありませんので、継続してやっていくことが大事だと思います。いきなりオリンピックやサッカーW杯みたいなのを期待してもしょうがないです。

     ヒンメルさん
    ダブルスチールの場合三塁側への送球が基本ですが、内川が二塁で刺されても日本は終わっていました。要するに2人ともセーフになる必要性がありましたので、リードランナーの井端だけでなく、内川も絶対セーフになるため最高のスタートを切りたい思いは強かったでしょう。

    急停止の可能性も含めて、井端の動向にちゃんと気を配るべきではありましたが、最高のスタートが求められ、尚且つ井端の動向で即座に帰塁するのは相当厳しいんじゃないかと。要するにこんな場面で曖昧なダブルスチールのサインを出すなって話ですね。

    >よく準決まで行ったなぁとすら思います
    こんなこと言っちゃ身も蓋もありませんが、対戦相手と全試合ホームという有利な条件に恵まれた感はありますね。もし日本がアメリカラウンドで予選を戦っていたらどうなっていたことやら。でも、私が見たいのはそっちなんですよね。

    >オールスターやめて代表vsNPB選抜の試合に替える
    多くの日本人は日本代表が見たいのではなく、外国に勝つ日本代表が見たいわけで、日本人同士の対決じゃ興味は得られないでしょうねー。

    韓国・台湾・オーストラリアも対戦相手としては新鮮味に欠ける…。野球の代表戦は難しいです。やっぱり4年に1度がベストなのかな。

  5. かれこれ二日経ってしまいましたが、今更コメントさせていただきます。
    私もあの山本監督の発言に関して、浅生さんと同じ事を感じましたね…。個人的にはその後に続いた「井端のスタートが遅れてしまった」という下りもちょっと引っかかりました。出来ればそうは言わず、「でもその指示を出した事は間違いだった」的な事を嘘でも言って庇って欲しかったです。
    ただ能見は庇ってくれているので、この発言に関してはあまり強く叩く気にはなれませんが…。

    どうやらNumberの記事によると、あの時「必ず盗塁(重盗)をしろ(しかしタイミングは任せる)」という指示が出ていたようです。「行ってもいい」よりは明確ですが、二塁走者への責任はある意味一層増えるうえに、どちらにせよ一塁走者には高度な動きが要求される作戦ですね。それにこの指示を出されると打者の阿部も結構困ると思いますが…流石にその辺は阿部もプロですから問題ありませんかね。というかそもそもあの場面、阿部にも指示の全貌が伝わっていたのでしょうか…?今でも色々と気になる事が多いです。

    内川のミスと言えばミスですが、責める気にはなれませんね。結果論と言われればそれまでですが、やはりあの場面では急造チームに二重三重に複雑な指示なんて出さず、どかっと構えて阿部に全てを託して欲しかったですよ…。浅生さんが仰るように、相当ランナー同士の連携ができていないと難しい作戦であった上に、モリーナだったらスタートの遅れた一塁走者を狙って来た可能性は高かったと思いますし。ハイリスクハイリターンで一発逆転が狙える勝負手だった事は間違いありませんが、あまりにリスクが様々な面で高過ぎて、最早無謀だったのではないでしょうか…。

    あの試合は、8回のミスで勝負が決まったのは間違いありませんでしたが、思い返してみると審判のゾーンが最後までよくわからなかった事と、その可変ゾーンを上手くモリーナに利用された事が勝敗のポイントだったと思います。皆さん仰るように日本の打者はボール球をクルクル振らされたり、際どいコースを打ってゴロばっかりでしたので。

    逆にプエルトリコの打者は、ほとんどボール球を振ってきませんでした。打ってもヒットにならなさそうなコースは見逃すかカットして、打てるコースに来るまで粘っていた印象です。能見からホームランを打ったリオスなんて今大会不調でしたが、やはりど真ん中の失投は見逃してくれませんでした。

    未だに悔しくてたまらないので、ついつい長くなってしまいました。待ちに待ったカリブ海諸国との本気の試合で、プエルトリコはモリーナを中心とした期待通りの強いチームで、そんなチームにあとちょっとで勝てそうでしたので…。本当に8回の攻撃が悔やんでも悔やみきれません。

    ドミニカとの試合も見たかったです。もういっそ次回は予選からカリブ海グループにブチ込んでくれてもいいですよ!

  6.  カズさん
    私は指揮官が自分の采配を後悔して「間違いだった」と認めるのは好まないので、「ダブルスチールを仕掛けたが、上手くいかなかった。残念だった」ぐらいのコメントがベストだと思いますね。選手を庇うことが監督の役目ではなく、責任を取ることが監督の役目。ほとんど似ていますが、チョットだけニュアンスが違う。

    >「必ず盗塁(重盗)をしろ(しかしタイミングは任せる)」という指示が出ていた
    これは迷いますよね。「必ず」というベンチ判断なのに、タイミングは選手判断。単独スチールならわかるんですが、走者が2人いるときにこの指示はないでしょうという感じ。特に1塁走者の内川は、ベンチと井端と自分の3つの判断で動かなくてはなりません。あのプレッシャーのかかる場面でこれはミスを生んでも仕方がないです…。

    >モリーナだったらスタートの遅れた一塁走者を狙って来た可能性は高かった
    そうなんですよねー。井端が絶好のスタートを切れたとしても、井端の動きを見てからスタートを切る内川は厳しい。あの場面、2アウト2塁であることと3塁であることに大した違いはありませんから、モリーナは確実に内川を刺してきたと思います。

    >ハイリスクハイリターンで一発逆転が狙える勝負手だった
    最高のカタチでダブルスチールが決まったところで、狙えるのは同点止まりですから、せいぜいミドルリターンですよね(笑) しかし、割が合わないことこそがギャンブルの神髄でもあります。

    >(プエルトリコ)打てるコースに来るまで粘っていた印象
    それこそ日本がやりたかった野球なんですが、お株を奪われてしまいました。プエルトリコはもっとパワー偏重の豪快な野球かと思いきや、結構賢い緻密な野球をしてくる。日本は東京ドームの成功体験のせいで、バッターがみんな勘違いしちゃったのかな…(笑) 

    >いっそ次回は予選からカリブ海グループにブチ込んでくれてもいい
    同感です! ドミニカ・プエルトリコ・ベネズエラの中に混じって戦う日本が見たい!