WBC1次ラウンド第2戦 日本5-2中国 ※パブリックビューイング観戦

今日はパウンだーさんと梅田ブルク7でアニメミライという映画を観に行きまして、そこの映画館ではWBCの中国戦をパブリックビューイングで放映するとのことでしたので、野球好きな私たちは早速席を予約することにしました。

国民的関心事であるWBCですから、きっと多くのファンが殺到してくるに違いありません。野球を通して大勢のみんなと一体となって盛り上がり、感動を分かち合いたい。ただ、1つ心配だったのは、周りのみんながWBC代表ユニを着込んで熱く応援している中で、私たちだけ私服だと浮いてしまわないかということ。私たち以外にも私服で来ている人がいればいいなぁと願いながら劇場内に足を踏み入れてみると……

ひいいいぃぃぃぃぃぃ!! 誰もいないぃぃぃ!!!

もう試合開始10分前だというのに、なんで人っ子一人いないの!? 空城の計なの!? 私たちを誘い込んで焼き殺すための巧妙な罠だったの!?

その後、パラパラと2組の参加者が訪れましたが、それでも私たちを含めて計6人。この広い劇場内で呼吸をしている生物がたったの6体!

一緒になって盛り上がるどころか、これだと声を出して騒いだらむしろ他の人の迷惑になるんじゃないかと気を遣ってしまう始末。ていうか、私たち以外の2組は単に暗がりでイチャついているだけのカップルだった!! 純粋に野球を愛し応援しにきたのは私たちだけ! 死にたい!!

そんな感じで、試合が始まる前から相当しょっぱい気分にさせてくれましたが、始まった試合はもっとしょっぱい。球速130km/hが精一杯の中国のピッチャー相手にどれだけ打ちあぐねているんですか。どいつもこいつも覇気のないスウィングでたまに出る安打は単打。ちっとも盛り上がれやしません。

でも、中国の打線はもっと程度が低く、明らかに日本投手陣を打ち崩せる気配がありませんでしたので、勝敗自体は心配することなく安心して見ていられる。これがまた最悪というか、序盤から勝敗が分かり切っている上で、ひたすら日本のショボイ打線を見せつけられるのはストレスでしかないんですよ。一方的な展開で勝つなら、せめて圧勝せんかい!

多少盛り上がったのは、中田翔と糸井のタイムリーぐらいで、あとは常に静寂が劇場内を支配していて空気が重たい重たい。って、気付いたら2組のカップルが途中で帰っているし!! ひいいいぃぃぃぃぃぃ!! 貸し切り状態ぃぃぃ!!!

まぁ、映画館の大きなスクリーンを私とパウンだーさんの2人で独占するなんてそうそう味わえない贅沢ですから、それはそれで良い経験になりましたけど…。でも、肝心の試合内容がねぇ。最後は山口がぴりっとせず、完封すら逃して最後までぐだぐだ

パウンだーさんと一緒に観戦していたからまだ楽しかったものの、1人だったら確実に私も途中退席していましたよ。ていうか、最初に誰もいなかった時点で怖くなって帰っていました!

こんなお寒い状況になっていたのは、WBCの関心の低さのせいでもありますが、1人2,000円という異常な入場料のせい。WBCの中国戦なんかを2,000円も払って観に来るバカがいるはずないでしょうに! パブリックビューイングなんて人を集めてなんぼなんですから、せめて半額にすべきですよ!

プロ野球スピリッツ2013 - PS3

プロ野球スピリッツ2013 - PS3

定価:¥ 8,208

Amazon価格:¥ 450

カテゴリ:Video Game

発売日:2013-03-20


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL