宇佐美貴史がバイエルン・ミュンヘンへ移籍

小学生の頃からズバ抜けた才能を見せていた宇佐美。中学生になり、高校生になり、プロになってもその輝きは色褪せることなく、常に観るものを興奮させてくれました。いずれ必ず、海外の大舞台へ旅立つ器であると信じていましたけど、こんなにも早くその日が訪れちゃうとはねぇ。せめてあと1年ガンバで見ていたかった。本人的にも、今はまだ早すぎるんじゃないかと思うのですが…。

バイエルン・ミュンヘンはとても立派なクラブですけど、現状、試合に出られるかはかなり微妙。この伸び盛りの時期、試合から離れてしまうのは本人にとってマイナスなんじゃないかと。完全移籍ではなく、レンタル移籍というのも気掛かりです。

というのも、10年前に同じガンバ大阪の至宝、稲本がアーセナルへレンタル移籍したときと被るんですよ。結局、稲本はアーセナルで出番はまったくなく、その後転々とレンタル移籍を繰り替えして商品価値を下げながら、その才能を完全には開花できませんでした。海外へ移籍するなら、外国人助っ人として、チームの主力としての活躍を期待されるようになってからでも遅くないと思うのです。

しかしまぁ、決まってしまったものはしょうがない。宇佐美があのバイエルン・ミュンヘンで活躍する日が本当に来るのなら、喜ばしいこと。バイエルン・宇佐美、フィテッセ・安田、マジョルカ・家長、みんな活躍して、世界にガンバユースブランドを知らしめて欲しいですね!

 

ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL