SUPER BOWL2013 ボルティモア・レイブンズが優勝

ボルティモア・レイブンズが34-31でサンフランシスコ・49ersに競り勝ち、12年ぶりのスーパーボウル制覇。今年はディビジョナルプレーオフ(準々決勝)から歴史的逆転劇が数多く繰り広げられた屈指の当たり年でしたが、このスーパーボウルも後世に語り継がれる名試合となりました!

第3Qの時点では、レイブンズが22点リードを奪う一方的な試合展開。基本的にフットボールは、2タッチダウン以上(14点)の差が付くと勝負はほぼ決まり。守備に定評があるレイブンズですし、後半に入って49ersがこの点差をひっくり返すのはまず不可能な状況です。

ところが、スタジアム停電という予期せぬアクシデントによって、流れが一変。敗色ムードに沈む49ersは突如息を吹き返し、なんと一時は2点差にまで迫る猛反撃。第3Q残り5分のTDシーンでは、TEデラニー・ウォーカーがRBゴアの走路を確保するため大きな身体をミサイルのように投げ出してブロックしたり、チーム全体から逆転にかける執念を強く感じさせてくれましたね。惜しくもあと一歩及ばず破れ去りましたが、怒濤の猛追は大いに感動を呼びました。

QBキャパニックもシーズン終盤から使われ出した2年目の新人とは思えない堂々たるクォーターバッキング。私は前任QBのAスミスが好きだったので、彼を控えに追いやったキャパニックには複雑な感情を抱いていましたが、これだけ才能溢れる新人であれば納得せざるを得ません。リードオプションからの多彩な攻撃パターンは脅威。

2012年シーズンはキャパニックをはじめ、RG3やウィルソンなど機動力を持つ新世代モバイルQBが次々台頭した年でもあり、ブレイディ&マニングに代表されるポケットパサー全盛時代からの転換期を強く感じさせる1年でした。マイケル・ヴィック好きな私としては、走れるQBが増えてくるのは歓迎ですよ。ティーボウも来シーズンは頑張って。

勝利したレイブンズのQBジョー・フラッコは、終わってみればプレーオフ通算11TD・INTなしという文句なしの好成績。4年前、エロゲのレビューで「活躍はしないけど試合を壊さないジョー・フラッコのような堅実性」と称したことがありましたけど、今はそこに「大舞台に強いスター性」が加わりましたね!

ただ、MVPはジャコビー・ジョーンズに取らせてあげたかったな~という思いが。キックオフリターンの貢献も大でしたが、第2Q終了間際、ロングパスを転倒しながらキャッチし、すぐ起き上がってディフェンスバック2人をかわしてTDまで持ち込んだのは神業。あれは思わず声が出ました。

ブロンコスを奇跡の大逆転で倒し、ペイトリオッツに雪辱を果たし、優勝候補の強豪を次々とはね除けながら最後はロンバルディトロフィーを掴んだレイブンズ。フランチャイズプレイヤーとして17年間レイブンズ一筋だったMLBレイ・ルイスも、有終の美で引退の花道を飾り、最高のドラマでございました。

さーて、この記事はどれだけ理解してもらえるのやら。

Madden NFL 13 (輸入版:北米)

Madden NFL 13 (輸入版:北米)

中古価格: ¥ 639 より

Amazon価格:¥ 980

カテゴリ:Video Game

発売日:2012-08-28


2 Responses so far.

  1. Y.O.U より:

    第4Qで5点差、残り5ヤードの場面で「なんで走らねえんだキャパニック!」と思わず叫んでしまいました。4th Downまで使う覚悟ならば、2nd Downの段階ではランでいっても良かったと思うんですけどねぇ・・・素人考えですが。
    パッカーズとの試合であれだけ走りまくっていいリズムを作ったのに、SBでは前半の出来が悪すぎましたね。その点J.フラッコは冷静で安定したプレイを見せてくれてました。個人的にはMVP納得です。

    ここまでの接戦になったのは、結果的に停電での長いインターバルで切り替えられたというのもあるのでしょうね。後半は見違えるようにいいプレイしてました。

    そのほかのチームだとRG3はもっと見たかったですねー 怪我しちゃったのが残念です。そして、P.マニングとT.ブレイディは真価を見せる前に終わっちゃった感じ。ただ、ブロンコスとレイブンズの激闘はすごかった!
    逆転あるいは勝負を決めるためのタイム・コントロールは他のスポーツにはない魅力ですよね。来年も楽しみです!

  2.  Y.O.Uさん
    確かにあの場面はQBのランプレイ・スクランブルを仕掛けて欲しかったです。守備側もそれを一番恐れていたと思うので。レイブンズ守備陣相手に、残り5ヤードでTDパス通すのは相当難しいと思いますので、あのプレイコールは残念でしたねー。

    >そのほかのチームだとRG3はもっと見たかった
    すごいわかります。今年一番の注目株は紛れもなくRG3でした。足の速い黒人QBは、もれなくノーコンと素行の悪さがセットで付いてくるものなのに、そうじゃないなんて!(ジャマーカス・ラッセルを私は忘れない) 名前もロバート・グリフィン三世と超カッコイイですしね~。

    NHK BSはなかなかレッドスキンズの試合を取り上げてくれなかったのでヤキモキ。終盤ようやく放送が増えましたが、その頃RG3は怪我していて活躍が見られなかった…。靱帯断裂で来期以降完全復活できるか危ういほどの大怪我らしいですが、エイドリアン・ピーターソンの如くカムバックして欲しいものです。