国際親善試合2012 日本0-4ブラジル

か、格が違う…。かつてアルゼンチンを下し、アジアでは敵なしで、先日フランスをも退けた絶好調日本だけに、少しは王国を追い詰めて拮抗した試合が楽しめるのかと思いきや…。ブラジルさん、ホントすいませんでした! 調子乗りすぎていました…!

立ち上がり日本がポゼッションで上回り、細かいショートパスが綺麗に回る。シュートに持ち込む良いカタチも何本かありましたし、フランス戦で人見知りしていたシャイボーイが積極的にアプローチしていて好感触

でも、日本にいい風が吹いている時間帯でも常に恐怖が隣り合わせで張り付いており、日本のペースで来ているという実感は全然なかったですね。

それは高い位置から執拗にボール奪取を狙い、攻撃に転じるタイミングを今か今かと伺うブラジルの牙が見え隠れしていたから。1つでもパスミス・トラップミスでボールロストしてしまえば、たちまち牙を剥いた獰猛な虎に食い殺されてしまいそうな予感。事実、ブラジルが前を向いてボール奪取した瞬間、チーム全体にスイッチが入って恐るべき猛攻を仕掛けてきた!!

攻守の切り替えの早さって強豪チームならどこでも弁えているものですが、ブラジルはボールを保持した時点で既に攻撃の人数が揃ってるからびびる。日本がボールを奪われたことに気付く前にブラジルは前線もサイドも動き出しているような感覚で、攻撃に転じるタイミングが予知レベルで早い

後半17分にパウリーニョが単独で抜け出し、GK川島をかわして決定的なシュートを放ったシーンは運良く相手のシュートミスに助けられましたが、このプレイで日本は完全に腰が引けてしまった感…。立ち上がりで見せた余裕あるパス回しは、これ以降完全に見られなくなっちゃいましたね。

結局試合終了まで日本に見せ場は1つとしてなく、ぐうの音も出ないほどの完敗。4本のゴールのみならず、ポスト2本、シュートミス2本、誤審1本と、下手すりゃ9点ぐらい取られていてもおかしくない試合でした。

あらゆる面でブラジルに劣っていたので何が足りなかったのか考えるのもバカらしいのですが、とりあえず話にならなかったのはフィジカルと1対1。この頃日本は好調だったのですっかり忘れていましたが、結局はこの問題に立ち戻ってきた感じですねぇ~。

ていうか、フィジカルに関してはブラジルが反則すぎるんですよ…! 全員CBかと見紛うほど屈曲な体格していたじゃないですか! 俯瞰の遠景カメラで見ても身体のでかさの違いは明らかで、完全に大人と子供。こりゃ10試合やっても引き分けにすら持ち込めそうにない~~!!

最近調子に乗りまくっていた日本の(ファンの)目を覚ましてくれる強烈な敗戦。ですが、サンドニの悲劇から11年後に雪辱したように、今日の日の屈辱はきっと11年後の日本代表が雪いでくれるはず! ブラジルよ、2023年を憶えておけ!!

★今日の遠藤★
ブラジルのプレッシャーを上手くいなしてボールを回して、時折イマジネーション溢れるパスでチャンスを演出。ただし、日本がブラジルの猛攻に腰が引けてしまったあとは、守備のフォローに奔走し、しばしば最終ラインに吸収されてしまう始末。点差が開いて追いかけなくてはならないはずの日本が、この有様ではどうしようもないです。

★今日の今野★
ボール奪取では冴えを見せていましたが、ハンドでのPK献上はイメージ悪すぎました。

ワールドサッカーウイニングイレブン2013

ワールドサッカーウイニングイレブン2013

定価:¥ 8,208

Amazon価格:¥ 689

カテゴリ:Video Game

発売日:2012-10-04


この記事のトラックバックURL

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。