レブロン・ジェームズが古巣クリーブランド・キャバリアーズへ復帰!

NBAファン的には衝撃のビッグニュース。今オフ、二度目のFA宣言を行っていたレブロン・ジェームスでしたが、契約を結び直してヒート残留というのが大方の見方を覆し、なんと4年前に袂を分かった古巣キャバリアーズへの復帰を決意。クリーブランドの英雄が地元へ帰ってきました。

4年前、NBAを代表するスーパースターが、優勝したいがために生まれ育った地元を捨て、トップスターたちと談合の上同じチームに集結した反則紛いの移籍劇は、大きな批判を巻き起こしました。その甲斐あって悲願の優勝・連覇を成し遂げたレブロンでしたが、“自国を見捨てて逃げ出した王様”のイメージは払拭しきれず、稀代のスーパースターの名声は大きく傷付いたままでした。

そこで今度は再び古巣へカムバックするという決断。病気の母を1人残して都会へ飛び出した放蕩息子が、立派になって再び故郷の母の元へと帰ってきた感じですかね。周囲からは「人でなし」と散々叩かれましたけど、親孝行するためにちゃんと最後は実家に帰ってきたなんて美談じゃないですか。

ちなみに、絶対的なエースレブロンを失ったキャブスはその後どん底に低迷しましたが、そのぶんドラフトで有望選手を多数獲得。なんとキャブスはこの4年間で全体1位指名権を計三度も獲得しており、将来のスター候補が列を成して揃っている贅沢な状況なんですよね。

反面、レブロン・ウェイド・ボッシュの極悪トリオが猛威を振るい栄華を極めたヒートは、既に相棒のウェイドとボッシュに衰えが見え始め、この先明るい未来が見えにくい状況。そんな出涸らしのヒートに留まり続けるぐらいなら、若手有望株が揃っているキャブスに戻った方が第2の黄金期を築ける……レブロンのカムバックはただの美談ではなく、そんな強かな打算も含まれていると言えるでしょうか。親孝行のために実家に帰ってきたように見せかけて、実は母親の遺産目当てみたいな(笑)

しかし、そうだとしても私はレブロンのキャブス復帰を歓迎したいです。やはりこれだけのスーパースターなら、せこい談合で掠め取った優勝リングなどではなく、自分の力でチームを強くして優勝リングを勝ち取って欲しい。そのために、キャブス復帰は絶対に欠かせぬ条件だったと思います。

今にして思えば、当時批難されまくったレブロンのヒート移籍(私も批難しました)も、今回のキャブス復帰を見込んだ上でのものならベストの選択だったかもしれません。あのままレブロンがずっとキャブスに留まり続けていれば、“優勝もできず・補強もできず”の八方塞がりだったでしょう。一度レブロンがキャブスを離れたことで、キャブスは低迷しながらも将来への下地作りに専念することができました。ここにレブロンが戻ってくることで、キャブスは50年来のファイナル制覇の夢にグッと近付けるはず。

最後に気になるのは、キャブスファンの反応。レブロンが出ていったあと、ファンは可愛さ余って憎さ百倍でレブロンをヒステリックに叩きまくっていました。そんな彼らは、此度のレブロン復帰の報を聞いて、コロッと手の平返しするんでしょうか(笑)

レブロン批判の急先鋒は、他ならぬキャブスのギルバートオーナーで、彼は敵愾心を剥き出しにしながらレブロンを公然と批難。レブロンに対する批判文を公式サイトに掲げるほど恨みは深かったですが、レブロンがキャブス復帰を決めた瞬間、その声明はちゃっかり取り下げられていたのが面白い(笑) オーナーまでもがこんな露骨な手の平返しするんですから、ファンが手の平返すのもしょうがないよね。

NBA2K14

NBA2K14

定価:¥ 6,264

Amazon価格:¥ 1,490

カテゴリ:Video Game

発売日:2014-02-22


No Responses so far.