プレミア12準決勝 日本3-4韓国

さすが因縁の日韓対決! 毎回毎回ハズレなしで大いに熱中させてくれますねぇ。実況も解説もファンもすっかり勝った気分で盛り上がる楽観ムードの中、9回にどん底に突き落とされるというよもやの大逆転劇。一番負けてはいけない相手に、一番やられてはいけない負け方を食らうという最悪のバッドエンドで、極上の屈辱を味わわせてもらいましたよ!

二度目の対戦も何のその、韓国打線に付け入る隙を一切見せない大谷のピッチングは圧巻すぎて、恥ずかしながら私も完全に勝ったつもりでいました。興味はノーヒットノーランなるかという記録への意識ばかりで、ここから逆転されるというシナリオはまったく想定していなかったです。3点差なんて全然セーフティリードじゃないのに、何故そんな風に驕り高ぶっていたのか。

けど、則本が9回突如乱調に陥るなんて思わなかったよね…? リリーフ陣が安定しない中、ただ一人気を吐くピッチングを見せ続け、8回も三者凡退でぴしゃりと抑えた則本なら、確実に9回も抑えてくれるものだと。続投を指示した小久保監督の判断は何も間違っていなかったと思います。

問題は、則本がノーアウト満塁のピンチを招いたあと、松井裕樹にスイッチしたところでしょうか。スライダーを使わなくなった松井はほぼストレートとチェンジアップの二択ゆえ、コースをつくピッチングが信条。しかし、フォアボールが出せない満塁の場面で、その微妙なコースをつくピッチングを求めるのは酷だったかな…と。20歳にあの特大のプレッシャーがかかる場面を任せたのも、人選を誤った感がありましたね。

この大会、劇的な逆転劇のせいで有耶無耶になっていましたが、9回の抑え不在は最後まで改善されないウィークポイントでした。澤村・山崎・松井とクローザー1年目の経験の浅いピッチャーを揃え(増井もクローザーとしては2年目)、監督自ら使えるカードを限定してしまったことが、そもそもの失策だったといえるかもしれません。

とはいえ、他に適任者(経験豊富なクローザー)がいたわけではないですし、松井を呼ばなかったら呼ばなかったで「なんで松井を呼ばなかった!」と叩かれるのは目に見えていますから、結局このメンバーで戦うしかなかったんですが…。そういう意味では、虚しい結果論ですかね。

9回に入って急に外角が辛くなった審判の気まぐれジャッジも日本を苦しめた一因でしたけど、最初は韓国がクレームをつけるほど日本に有利めな判定をしていた審判なので、審判のせいで負けたともいいにくい…。

結局、松井が悪い! 監督が悪い! 審判が悪い! と、特定の誰かに責任をなすりつけられる敗戦ではなかったと思います。ホームの圧倒的有利な状況で勝てなかった日本に言い訳できる余地も少ないですし、単純に大一番を勝ちきれる力が不足していたというだけ。逆に完全な敗戦ムードの中でも最後まで諦めることなく、ここ一番で力を発揮した韓国野球は見事でしたよ。

まだまだ日本の野球は大したことないんだと謙虚に結果を受け止め、次回のWBC・プレミア12で雪辱を果たすしかないですね。あー、悔しい。

プレミア12 公式プログラム 2015年 12 月号 [雑誌]: ベースボールマガジン 増刊

出版社:ベースボールマガジン社( 2015-11-05 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,500

雑誌 ( ページ )

ISBN-10 :

ISBN-13 : 4910079161259


この記事のトラックバックURL
  1. もちろん結果論でしかないんですけど、則本の回跨ぎはちょっと失敗だったと私は思います。
    先発則本であれば引っ張るのもやむなしですが中継ぎ則本での回跨ぎはやはり本職でないだけリスクを伴うのではないかなぁ。
    仰るように絶対的なクローザー不在なのは小久保監督もわかっていたはずなので、それこそ一人一殺、信頼の置ける抑えのいない日本が一発勝負のトーナメントを戦ううえであの9回は増井澤村松井のスクランブル体制でいくのもアリだったんじゃないかと。

    しかしやっぱり大谷はすごいなぁ。
    早くメジャーで見たいという声も聞こえてきますが、私はずーっと日本で無双し続けて欲しいと思ってます。

    あと中田の勝負強さは神がかり的。あれをシーズン中に出そう。

    • 則本の回跨ぎの判断はどうだったんでしょうね~。私は「則本代えるなよ~代えるなよ~」と願っていて、望み通り小久保監督が続投させたときは、「よし! ちゃんとわかってるじゃないか!」と上から目線で賞賛していたんで、小久保監督の采配を責める資格は1ミリもないです(笑)

      >あの9回は増井澤村松井のスクランブル体制でいくのもアリだった
      一人一殺面白そうですが、今までやっていなかったことを急に準決勝やって、それで負けたら結局叩かれますからねー。もし増井が1人抑えたあと、その次の澤村と松井が打たれたとしたら「なんで増井で最後まで行かなかったんだ!」という批判が必ず出てしまうので、逆転された時点でどんな監督も無能とされますね…。

      >(大谷)私はずーっと日本で無双し続けて欲しいと思ってます
      本人が元々メジャー志望だったのでそれは叶わないでしょうが、誰も彼も海外に行くんじゃなくて、日本で骨を埋めるスターも出てきて欲しい。「海外に行く=偉い」という考えはいい加減過去のものにならないかな。

      それより、二刀流は今後も続けてくれるの…? 私は今でもバッター大谷の方が好きですよ!(笑)

  2. 負けたのは残念ですが日本代表はよくやったと思います
    しかしスポーツ紙は全紙小久保監督の継投ミス批判
    負けるとすぐ戦犯探しが叩きが始まるのは好い加減うんざりっすわ・・
    日の丸背負って戦う人間に根本的にリスペクトが足りないと思うんですけどいかがなモンでしょ?
    7連勝してきた時はさんざ騒いでたくせに、一度負けたら掌返して否定するのも
    なんていいますか日本が負けた現実から自己逃避してるだけに見えるんですよ・・

    • 継投ミスで負けたのは事実ですが、本質ではないですね。サッカーのワールドカップもそうでしたけど、「日本が負けた」「日本は弱い」という現実を受け入れたくないから、選手や監督に責任をなすりつけている節はあると思います。今回も日本野球の敗北ではなく、小久保監督個人の失策とすれば、まだ気持ちの中で日本>韓国でいられますからね。

      今回負けても次また勝てばいいんですから、そんなに悲嘆する必要も現実逃避する必要もないと思いますけど。

  3. 8回裏まで見て、もう大丈夫だろと思ってテニスに変えたら負けていました…(^^;
    8回まで完封ムードだったのに何がどうしてこうなったの…?
    実際見てないので文章でしか試合展開知らないのですが、
    自分としては3点もあって負けたのか…と。
    ホームラン浴びたわけでもないのに、4点取られる前に流れ止めるチャンスは何度だってあったはずでしょうに、一度も物に出来なかったんですねえ…。
    全員大谷投手に土下座しろー!

    • 大谷投手を7回85球で降ろしたのは、日本の油断だったでしょうねー。韓国に1ミリたりとも隙を見せないなら、大谷を可能な限り引っ張るべきでした。といっても、私も則本なら大丈夫だと安心しきっていたので、同じくすっかり油断していたわけですが…。

      結果こそ残念でしたが、チームとしては投打共にハイレベルで、中心メンバーに若手が多かったですから次のWBCは期待できそうです。世代交代が遅々として進まないサッカー日本代表に比べたら、何倍も未来は明るいですよ(泣)。

  4. 予選好調の山﨑や東京ドームがホームの澤村の信頼度が、
    予選で不調だった松井以下だったのが謎すぎる…。
    抑え不在と言っても、「クローザー松井」以外ノープランだっただけと思えてしまいますわ。
    松井や則本は責められないのは同意ですが。

    しかし、全然興味なかったプレミア12で、
    負けてここまでイライラするとは思わなんだw

    • 澤村はともかく、山﨑が全然登板機会に恵まれなかったのは残念でした。あんまり調子良くないのかなーと思ったら、3位決定戦でいいピッチングしていましたね。あのドロップツーシームは初見では打てそうにないので、韓国戦で使ってみても良かったかも…。まぁ、それで打たれたら「なんで山﨑を使った!」と無能扱いされるんですけど!

  5. 負けた時のことも考えると大谷継投がベストの選択だったんでしょうね。
    でも則本も前の試合ですごくいいピッチングをしていたので彼を信頼したのもわかります。

    今回は単純に韓国側もいい野球をしていたからこその逆転でした。
    この打線で3点に抑えていたのは立派。

    しかしどうして韓国だけ「因縁」とか「負けられない」とか言われるのか謎です。
    韓国側にはそうでしょうが、日本にとっては強敵のひとつでしかないと思うのですが。

    • 則本はこれまでの試合と、8回のピッチングが見事すぎましたからね~。則本に回跨ぎさせたのは愚策という意見が多いのですけど、8回のピッチングを見たあと、絶対みんな9回も則本に任せようと思っていた気がするなぁ(笑) 

      >韓国だけ「因縁」とか「負けられない」とか言われるのか謎
      WBCでもオリンピックでも韓国には何度も苦杯を舐めさせられていますし、単純に日本が一番負けている相手は韓国ですから、最大のライバル国でいいんじゃないでしょうか。今回の敗戦がヒステリックなものになったのも「韓国に負けた」ことが要因でしょうから。

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。