プロ野球2016シーズンが開幕! セリーグ順位予想

賭博! 薬物! 銃弾! オフの間にすっかり反社会的なイメージが染みついたプロ野球(大半が巨人絡み)。普通これだけ立て続けに不祥事が頻発すれば、プロ野球そのものに興味を失うものですが、今年はどこのチームも新戦力の台頭が著しく、例年よりも開幕が楽しみで待ち遠しいという。

若手選手起用に積極的なのは、若い新監督が一気に増えたおかげですかね。若手がその起用に応えるように次々と結果を残していますし、勢いそのままに開幕スタメンを勝ち取ったルーキーもちらほらと。2015年はレジェンドと呼ばれる名選手の引退ラッシュでしたが、今年はそのぶん次代を担う新戦力が台頭してきそうな予感。まさに時代の転換点に立ち会うようなわくわく感があります。

毎年AクラスとBクラスがはっきり分かれていたマンネリセリーグが、どこが抜け出してもおかしくないぐらいに戦力均衡してきたのも興味をそそる一因。そんなわけで、今年もプロ野球(セリーグ)の順位予想をしてみたいと思います。根拠なしのにわか予想です。


1位 阪神タイガース

2~3年は泥水をすする覚悟とか言っていたくせに、すっかり今年優勝する気満々の阪神ファン(笑) でもその期待感も無理はないというか、やっぱり金本監督がすごくやってくれそうなんですよね! 前半で勢いがつくと、ファンの後押しもあって一気に上昇気流に乗りそう。正直ただ優勝するだけでなく、独走してのぶっちぎり優勝もある気がします!

キープレイヤー「打」 鳥谷敬

フルイニング出場を続ける鉄人鳥谷にも衰えの兆し。それでもまだ鳥谷は球界トップクラスのショートだと思いますし、そうでなきゃ阪神は困る。この1年、チームを引っ張る務めを果たせるか、それともチームの足手まといになってしまうのか。後者の場合、金本監督は鳥谷の記録を途絶えさせる非情の決断は下せるのか。自身も経験したジレンマにどう立ち向かうのか見物です。

キープレイヤー「投」 能見篤史

若く見えますが、こちらもそろそろ衰えが見え始めておかしくないお年頃。メッセンジャー・藤浪に続く、3人目のエースとして存在感を発揮できれば他球団にとって脅威ですが、逆にもし能見がローテーションの柱から外れるようなことになれば、阪神自慢の先発陣に亀裂が走ることに。打の鳥谷と同じく、投の能見がまだ踏ん張れるかどうかは重要なポイントと思います。


2位 横浜DeNAベイスターズ

昨年、首位に立ちながら大失速したDeNAに大いに失望しました。が、今年は本気で期待できる! 何故なら、ラミレス監督から名将の匂いがする! 間違いない! もし違ったら耳鼻科行ってくる! 「キャッチャーは打撃とキャッチングに集中しろ」など、ラミレス監督の野球哲学には同感できる部分がすごく多くて。長所だけ見ればDeNAはセリーグ屈指の強さを持っているのですから、あとは監督が短所を上手く誤魔化してくれれば…!

キープレイヤー「打」 柴田竜拓

167cmという赤星よりも低い身長で、果たしてプロで通用するのでしょうか? ルーキーながら守備は既にトップクラスとも聞きますので、打つ方がそこそこ通用すれば、チーム念願のショート固定が見えてきます。Aクラス入りのためには是が非でもセンターライン強化は必須。柴田、白崎、倉本、飛雄馬、山崎、誰でもいいからとにかく活躍して!

キープレイヤー「投」 山口俊

ラミレス監督、就任直後にいきなり山口を開幕投手指名! からの、負傷による登板回避。男を上げる最高の見せ場をあっさり逃すところに“持ってない感”満載ですが、ラミレス監督が信じる山口のポテンシャルを私も信じる! 新球ワンシームで真のエースに覚醒した山口さんの姿がはっきり見えるよ! いや、見えてないけど、見えたと思いたい!


3位 東京ヤクルトスワローズ

首位打者川端と打点王畠山が昨年と同様の活躍するかは怪しいですが、トリプルスリー山田の打棒は今年も猛威を振るうでしょう。更にバレンティンが復帰して、依然打力面ではセリーグで頭抜けている感じ。一方で、リリーフでなんとか下支えしていた投手陣が今年はその支えを失っているため、2015年のような好循環は望めないような気がします。

キープレイヤー「打」 バレンティン

今年はスタートから暴れまくるかと思いきや、開幕は肉離れでアウトのようで。彼の故障癖は悩ましいところですが、少々試合に出なくても年間60本塁打するぐらいの力はあるので、大きな離脱がないよう、無理させず慎重に使っていくしかないですね…。いくら山田が3割30本30盗塁だといっても、怖いのはやっぱりバレンティン。

キープレイヤー「投」 杉浦稔大

2年連続で杉浦。昨年は惜しかったですね。開幕から好投を続けながらまったく援護に恵まれず、肘に違和感を憶えて長期離脱。せっかくブレイクの年になるかと思ったのに、結局1勝止まり。でも、今年は2桁勝利いけるでしょ! 長身でコントロールいいってところが個人的に愛してやまない理由。長身でノーコンの国吉(DeNA)も好きですけど。


4位 読売ジャイアンツ

野球賭博発覚により、チームのみならず球界全体にまで多大な迷惑をかけまくっている極悪ジャイアンツ。大々的な自粛ムードにある中で選手は気持ちが乗りにくいでしょうし、残念ながら今年は優勝を目指すような雰囲気にないと思います。ちょっとでも勝ちが先行すれば、世間の風当たりがますます強くなるのは目に見えていますしね~。今シーズンは反省期間として割り切り、来期以降を睨んだ世代交代を進めていくことが得策じゃないでしょうか。

キープレイヤー「打」 大田泰示

いい加減覚醒しろよと言いたい。ただ、原監督は起用法を含め、我慢しきれなかった嫌いがあるので、高橋監督の下なら実力が発揮できるやも…? まぁ、オープン戦チェックする限り、高橋監督もあんまり大田使う気ないみたいですけど。スイングの美しさと当たったときの破壊力はピカイチなので、打率低くても使ってほしいなぁ。

キープレイヤー「投」 杉内俊哉

4億5000万円ダウンという普通なら首を吊りかねない減俸を自ら志願して望む今シーズン。復帰は早くても夏以降で、正直今年は戦力として計算に入っていないでしょうが、かつてのような芸術的なピッチングを再び取り戻してほしい。昨年も怪我に苦しみながら、なんだかんだで悪くない投球は見せていましたし、完治とはいわずとも多少怪我の影響が弱まれば、まだまだ2桁勝てるぐらいの力は残っていると思います。


5位 中日ドラゴンズ

ブレイク目前の期待の若手野手を数多く揃えながら、彼らが一向に覚醒してくれないがゆえに低迷を続けるドラゴンズ。今年、その中から1人2人本格化すれば上位進出は望めそうですが、ドラゴンズのチームカラーといえば、やっぱり鉄壁の守備。その守備のDNAを受け継ぐ若手選手がいないように思えますので、往年のドラゴンズの強さはなかなか戻ってこないかも…。打力は突然開花することがあっても、守備がいきなり上手くなるのは難しいよね。

キープレイヤー「打」 平田良介

国内FA権取得間近ということで、例年以上に気合が入っているんじゃないかと。まだ本領発揮し切れていない感がある彼は、恐らく今年大きな飛躍を迎え、名実共にドラゴンズの顔として、1流プレイヤーに成長するのではないかと見ています。そして、オフシーズンにFA権を行使して中日から出ていくと思います(あくまで予想ですから)。

キープレイヤー「投」 福谷浩司

偉大なる岩瀬からドラゴンズ新守護神の大役を受け継いだはずだったのに、思わぬブレーキで信頼を失った2015年。メンタル強化で本来の力を取り戻し、今年こそ絶対的守護神として君臨できるといいですね~。中日の強さの源は守備力ですが、絶対的なリリーフ陣もその1つ。


6位 広島東洋カープ

昨年、戦力と時勢が最高の状態で揃い、天の時・地の利・人の和を得た絶好の優勝チャンスでした。そのまたとないチャンスを4位という散々な結果で逃した以上、カープの優勝は当分なさそう…。エース前田が抜けた時点で上位進出すら厳しいでしょうし、大きくモチベーションが低下した黒田も通年持つか怪しい。苦しいシーズンになるのは間違いないはず。つくづくなんで昨年優勝できなかったのか。

キープレイヤー「打」 野間峻祥

監督に寵愛され、昨年あれだけ使われまくったのですから、今年は戦力としてある程度結果残さなきゃね。身体能力系の選手は昨今のトレンドで、スター選手もその系統で続いていますので、野間も今年とはいわなくても、近い将来すごい選手に成長すると思います。

キープレイヤー「投」 大瀬良大地

とりあえず、前田健太という大きすぎる穴を誰が埋めるのか。最右翼は福井優也でしょうが、大瀬良大地が次世代エースとして名乗りを上げてくれたら、カープファンとしては最高じゃないですかね。怪我で出遅れてしまったのは残念ですが、復帰後は変に中継ぎなんかで使わず、先発でエースの英才教育してあげてほしいです。

実況パワフルプロ野球2016【Amazon.co.jp限定】特典「サクセスモード用アイテム/天才の入部届」付 - PS Vita

実況パワフルプロ野球2016【Amazon.co.jp限定】特典「サクセスモード用アイテム/天才の入部届」付 - PS Vita

定価:¥ 7,538

Amazon価格:¥ 17,000

カテゴリ:Video Game

発売日:2016-04-28


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. さすがに優勝する気「満々」ではないですよ!
    「2~3年は泥水をすする覚悟(優勝も数年後でいい)」と思っていたのが、
    「2~3年は泥水をすする覚悟(あれ?もしかして今年優勝もありえるかも?)」と、若干欲が出始めているだけです(笑)
    もちろん優勝するに越したことはないですが、今年はまだ「いやいやさすがに優勝は厳しいですよ〜(チラッチラッ」ぐらいですって!

    昨日は負けちゃいましたが、色々と金本野球の片鱗が見られて楽しかったです。とにかくひたすらバントしない超強行野球にはしびれましたよ。「バントしない」と言ってはいましたが、まさか8番9番含めてマジで一切しないとは。
    高山にもヒットが出ましたし、横田も色々謎ですがとりあえず足はヤバイぐらい速いですし、全体的にベンチの雰囲気も明るくて良かったので今後に期待ですね〜。

    ちなみに阪神ファンの私的には、今年の「打」のキーマンは西岡、「投」のキーマンは歳内です。
    なんだかんだで西岡は二塁手争いで若干リードしているっぽいので、これで3割ぐらい打って勝負強さを発揮してくれると、一気に優勝に近づくと思います。西岡が調子に乗るとチームも全体的に調子に乗りそうですし。
    歳内は崩壊しつつある若手中継ぎ投手陣の希望の星なので、もし彼が1年間しっかり回してくれたら、こちらも真面目に優勝あり得ると思います。そのぐらい今年は歳内に期待していますね〜。

    相変わらず守備が全体的にファイヤー気味なのが懸念ですが、その分打って走って取り返す野球はなかなかエキサイティングなので、しばらくは静観します。昨日も苦手大野から2点もぎ取れただけ良しということで。ただ毎試合昨日みたいな感じだとどこかで息切れしそうですが…(笑)

    • 「来年は最下位でいいんだ」と殊勝なこと言っていた阪神ファンの上司が、いつの間にか「球児が優勝のラストピースだ!」とすっかり優勝の2文字を口にするようになったので、もう優勝以外考えていないんだろうなと(笑) 実際阪神は優勝狙える態勢にあると思いますが、仮に下位に低迷しちゃったら「やっぱり金本じゃダメだ!」にならないか心配です。

      >とにかくひたすらバントしない超強行野球にはしびれました
      開幕戦1回裏の攻撃見ただけで鷲掴みされましたね~。ベテラン高山のいぶし銀ヒット。横田はバントせずに強行。ゲッツー崩れでランナー入れ替わると、今度は果敢に二盗成功。得点圏で新外国人ヘイグがタイムリー。

      ランエンドヒットにディレードスチールにメッセンジャーの盗塁まで成功させ、完全に金本阪神に夢中になっていました。あの雰囲気で負けてしまったのは不思議でしたが、負けた中でも球場のファンに「また観に来たい」と思わせる魅力があったと思います。

      >西岡が調子に乗るとチームも全体的に調子に乗りそう
      ムードメーカーの西岡が好調を維持すれば、チーム全体にも好影響が波及するはず。グラティで盛り上げていたときのような一体感が戻ってくるといいですね。

      >歳内は崩壊しつつある若手中継ぎ投手陣の希望の星
      さすがに福原・安藤に例年のような大車輪を求められないので、歳内・鶴に台頭してもらわないと。鶴は早くもダメなような気がしてきましたが、歳内はセットアッパーとして確固たる地位を築いてほしいです。