福岡ソフトバンクホークスが中日ドラゴンズを下して日本シリーズ制覇

お互い本拠地での試合を大の得意としていて、戦前は「今年は内弁慶シリーズになる!」との予想が支配的であった中、第6戦までビジターチームが勝ち続けるまさかの外弁慶シリーズ。野球の神様って天の邪鬼なんだなー。

私はどちらのチームのファンでもありませんけれど、最終第7戦までもつれるとやはり興味が沸いてくるもの。ここまで常にピッチャーが奮闘する接戦で、少ないチャンスをものにした方が勝ちを拾ってきた展開。最終戦もお決まりのように投手戦となりましたが、最後の最後でホームの加護を得たソフトバンクが3-0で中日を制し、8年ぶりの日本一達成

ターニングポイントは4回裏のソフトバンクの攻撃だったと思います。目の前で敬遠された貧打の山崎がまさかのライト前ヒットを打ち、強肩藤井が素早くバックホームするも、鈍足の松中がセカンドから一気に帰ってきてまさかのセーフ。このダブルまさかの1点が大きかったですね~。

1,2戦で打たれた抑えの馬原に固執せず、あっさり配置転換した秋山監督の采配も素晴らしい。最後の優勝投手のマウンドはさすがに馬原かと思ったら、摂津が出てきてびっくり。情に流されず、常に勝つための最善手を選べるところはすごい。

勝利へ導く采配という意味では、中日の落合監督も決して劣らない、いや、秋山監督以上だったと思います。この頼りない戦力でセリーグを制し、強敵ソフトバンク相手に日本シリーズ第7戦までもつれさせたこと自体偉業ですよ。今年で球界を去りますが、歴史に残る名将であったのは間違いないですね。まぁ、私は人間的に好きじゃなかったんですけど。

冷静に振り返って、今年のソフトバンクは王者に相応しい強さでした。先発陣は盤石で、リリーフも粒揃い。ファルケンボーグなんか一生打たれる気がしません。打者も役者が揃っていますし、走攻守総てに隙がないチームという感じ。この戦力が維持できれば、数年はソフトバンクのダイナスティが続きそうな予感ですが、今オフで杉内がFA流出、和田・川崎がメジャー移籍の可能性あるんですよね~。せっかくの最強球団も1年で瓦解してしまう?

実況パワフルプロ野球2011決定版

実況パワフルプロ野球2011決定版

定価:¥ 7,180

Amazon価格:¥ 880

カテゴリ:Video Game

発売日:2011-12-22


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL