2014NBAファイナル サンアントニオ・スパーズがヒートの3連覇を阻んで優勝

プレイオフ緒戦から上位シードが苦戦続きで、今年は大きく勢力図が変わるのかと期待していたら、結局苦戦しながらも上位シードが順当に勝ち上がり、ファイナルは去年と同じマイアミ・ヒートVSサンアントニオスパーズという若干面白味に欠けるカード。まぁ、リベンジマッチと思えば楽しめるんですけど。

ヒートのスリーピートを最大の焦点として始まったファイナルも、いざ蓋を開けてみると主役はスパーズ。ターニングポイントは1勝1敗で敵地マイアミに乗り込んでの第3戦でしたが、ここでスパーズが圧倒的な力を見せ付け始める。この試合、前半で記録したシュート成功率はなんと75.8%!(ファイナル史上最高) HCポポヴィッチによって極限まで錬磨されたモーションオフェンスと、卓越したコートヴィジョンによる華麗なパス回しは芸術の域でした。

ペネトレイトからのインサイドアウトでチャンスを広げる司令塔パーカーのパスがすごいのは言うまでもないですが、ウィークサイドのグリーンへクロスコートパスを通したジノビリ、ハイポストからワンタッチでダンカンに捌いたディアウと、こんなアクロバティックなパスを全員が当たり前のようにやるから怖い。

スパーズは長年「強いけど地味でつまんないチーム」として有名でしたけど、チーム全体が連動しながら次々得点を重ねる攻撃的バスケットは、まるでサッカースペイン代表のような華麗さ。これからは「強くて華やかで面白いチーム」と評価を改めるべきですね~。

一方、絶賛2連覇中の最強チームだったヒートは、今回完全に引き立て役。エースレブロンはレナードの好ディフェンスに苦しめながらも、さすがといえるスタッツを叩き出していましたが、それ以外の選手がまったく付いてこない。ウェイド・ボッシュは衰えを隠せず、これまでプレイオフになると必ず台頭してきたバティエ・ミラー・ハスレム・アンダーセンのような+αの存在が今年は出てこなかったので苦しい…(ルイスがその役目になると思ったのに)。

ベンチメンバー含めた全員バスケットのスパーズと、レブロン1人だけが気を吐いていたヒート。最終第5戦はその象徴的な試合でした。第1Qでレブロンが爆発して最大16点差のリードを広げるも、スパーズは波に乗れないスタメンを一気に下げてベンチメンバーにスイッチ。控え選手たちが躍動すると、第2Qには早くもゲームをひっくり返してそのまま危なげなく優勝。見事としか言い様がございません。

ファイナルMVPはカワイ・レナード。レブロンをタフにディフェンスしつつ、得点にリバウンドに頑張ったレナードは順当といえる受賞です。途中まではパーカーの可能性もありましたが、最後の試合が絶不調だったのが惜しかったですね。

しかし、スパーズもビッグスリーの限界説が囁かれる中で(5年ぐらい言われ続けていますが…)、またこんなレナードのような怪物が出てくるなんてどうなっているんだと。サラリーキャップとウェーバードラフトで戦力均衡が徹底されているNBAの世界で、17年間強豪であり続けるなんてあり得ない話ですよ。

スパーズの美しいバスケットを存分に堪能させてもらえたファイナルでしたが、惜しむらくは、試合展開的にはまったく見応えがなかったこと(笑) だって、スパーズが前半で早々に勝負決めちゃうから、後半ほとんどガベージタイムだったんですもん! 去年は最後まですごい接戦を繰り広げていたのに、どうしてこんなに差が付いた。

★今シーズンのシカゴ・ブルズ★

昨年怪我の療養で全休したデリック・ローズ復活のシーズンになるはずだったのに、またもやシーズン序盤で今季絶望。生え抜きのルオール・デングまでもシーズン途中に放出し、チーム1,2のスコアラーを一気に失うという投げやりっぷり。今年は完全にプレイオフを捨てたものだと思っていましたが、残ったメンバーでなんだかんだでプレイオフを勝ち取ってしまったHCシボドーはすごすぎるっ

今年のチーム原動力になったのは、ジョアキム・ノア。元々定評のあったディフェンスは、最優秀守備選手賞を獲得するほどに成長し、攻撃面でもパスセンスに磨きがかかり、まさかのチーム司令塔に。211cmの巨体がポストの位置からズバズバアシストパスを決めるのは爽快ですよ(ディアウも好き)。こんなにユニークなセンター見たことありません!

来年のブルズはどうなるんでしょうね。来季こそローズは復活してくれると思いますが、これだけ大怪我が続いてしまっては、もはや往年の力は残ってないでしょう。一時期はNBAの頂点に手が届いていたローズだったのに…。

とりあえず、いい加減ベストメンバーを組んでプレイオフに挑みたいです。ヒートとスパーズが安定して強いのは、両チームとも主力が大きな怪我をしないからですし。

NBA2K14

NBA2K14

定価:¥ 6,264

Amazon価格:¥ 1,490

カテゴリ:Video Game

発売日:2014-02-22


No Responses so far.