2012NBAファイナル マイアミヒートが優勝

レブロンVSデュラントというNBAを代表するスーパースター同士がファイナルで激突。前評判ではオクラホマシティ・サンダーが優勢と伝えられていましたが、マイアミ・ヒートが格の違いを見せつけ6年ぶりのファイナル制覇。

メンバーだけを見たら、確実にサンダーの方が上だと思ったんですけどねー。デュラント・ウエストブルックという最強コンビを擁し、シックスマン賞のハーデン、経験豊富なフィッシャーが脇を固めるラインナップ。若手主体のチームにありがちな守備意識の低さも、セフォローシャ&イバカの2人のディフェンススペシャリストを揃えることで隙はない。チーム総合力では完全にヒートを突き放しているように思えました

一方のヒートは、昨シーズン結成したスリーキングスが極悪であるとはいえ、ウェイドにかつてのキレはなく、ボッシュも怪我明けで迫力なし。実質レブロンの孤軍奮闘という状況だったため、今年も優勝は無理だと思っていたんです。だけど、そのレブロンがすごすぎました…。

従来のペネトレイトだけでなく、PFとしてのポストアップも身に付けたレブロンを誰も止められはしない。数的有利で中を固めれば、すぐさまインサイドアウトで外から射貫く。バティエ、チャルマーズ、M・ミラー、J・ジョーンズと、シューター陣が揃って絶好調だったのもサンダーとしては誤算。

ターニングポイントは第4戦。この日のウエストブルックは絶好調で、エルボー(フリースローラインの端)からのストップ&シュートが面白いように入りまくりでした。

しかし、好調すぎるがゆえに彼のセルフィッシュ魂に火が付いてしまい、攻撃はまさにウエストブルック一辺倒。ボールを回さず、極端に球離れの早い攻撃はチームの潤滑を悪くしてしまいます。

レブロンが負傷し守備に戻りきれていない5対4の場面で、慌ててシュートを撃ってカウンターを食らった場面と、シュートクロックが残り数秒なのにファウルゲームに行ってしまった場面で、ウエストブルックの戦術眼・状況判断の悪さを露呈。結果的に、それがサンダーの敗北を決定付けてしまいました。

苦しい時間帯に何度もチームの窮地を救ったのはウエストブルックなので戦犯呼ばわりは酷なのですが、やはりこういう試合運びをしているとファイナル制覇は難しいですよね。

逆にヒートディフェンスは、ウエストブルックの好調は止められずとも、エースデュラントのマークだけは外さない。徹底したディナイ(パスを遮ること)から、とにかく彼にボールを持たせなかった(それでも30点近く叩き出すデュラントはすごいですが)。ボールが回らなかったのはウエストブルックの独り善がりのせいもありますけど、ヒートのディフェンスの上手さでもあったと思います。

第3戦でひたすらインサイド攻撃を繰り返して、サンダーの守備意識を中央に集めておきながら、次戦では一転してアウトサイド攻撃にシフトしてきたのも、サンダーの守備の混乱を招く要因に。そこを上手く収拾できなかったのがサンダーの最大の弱点である「若さ」なんでしょう。

今回の優勝で、スリーキングスは結実。レブロンが健在である限り、この先もまだまだマイアミ王朝は続きそうな予感です。というか、レブロンはクリーブランドに留まっていてもいずれ優勝できただろうになー。レブロンは好きな選手なんですが、やはりヒート移籍の一件で私の中にもわだかまりが…。でも、これだけ見事なバスケットを見せられては祝福せざるを得ません。おめでとう!

NBA 2K12 - PS3

NBA 2K12 - PS3

定価:¥ 6,264

Amazon価格:¥ 5,500

カテゴリ:Video Game

発売日:2011-10-20


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. アロンゾ・モーニングやエディ・ジョーンズ、ブライアン・グラントがいた頃は好きなチームのひとつだったんですが、シャックを獲得したあたりから心が離れはじめ、3キングス結成で嫌いなチームのひとつになったヒート。(敗退する)チャンスはあんなにあったのにまさか優勝するなんて!(笑)

    去年のファイナルは両チームが力を出し切った上でノビツキーのグレートな活躍もあり最後はマブスが上回って優勝を勝ち取ったという感じでとても面白かったんですが、今年はサンダーが大事なところで自滅を重ねてヒートに勝ちが転がり込むという試合が多かったので、ファイナル全体でもちょっと物足りなかったというのが正直な感想です。

    ウェストブルックは浅生さんが仰る通りあれでしょうがないと思うんですが、僕が勝負を分けるポイントになったと思ったのはハーデンですね。ウェストブルックと同様にシュートセレクションが悪く、突っ込んでいっては外す or オフェンスファウルをもらって自滅を何度か繰り返していましたが、ハーデンはFG%も悪く弁解の余地がなかったです。

    サンダーは2人に加えてフィッシャーも周りを活かすというよりどんどんシュートを打っていくタイプのPGなので、オフェンスをコントロールできる正統派のPGがいないのが弱みですね。流れが悪くなったときの対応がうまくできないというか。

    あとデュラントはスコアラーとしては文句ないですがエースとしてはまだまだだと感じました。ウェストブルックに自分はセカンドオプションだと思い止まらせるくらいの絶対的なエースとしての強さを見せてくれれば(あと単純なミスパスも減らせれば)、サンダーは優勝に近づくんじゃないかと思います。

    ディフェンス面ではヘルプの対応を修正できず最後まで外を止められなかったことが一番ですが、レブロンを一番抑えていたセフォローシャのプレイタイムが短かったことも疑問。ハーデンのオフェンスが全く機能していなかったので、セフォローシャのディフェンスに期待したほうが賢明だったと思います。

    来年こそはローズにファイナルまで行ってもらって見応えのある試合をしてもらいたいなー。

  2.  蒲沢練さん
    アンチという訳じゃないんですが、なんとなくカンファレンスファイナルまではヒートが勝つことを快く思っていませんでした。でも、いざファイナルとなると、レブロンにリング取らせてあげたい気持ちが勝りましたね。

    ファイナルとしてはやや盛り上がりに欠けたというのは同意。普段の実力以上のパワーが発揮されるのがファイナルの醍醐味ですが、今回は目を瞠るようなスーパープレイは少なく、くだらないミス・自滅が多かった。特にサンダーはわかりやすいほど「若さ」が裏目に。

    >僕が勝負を分けるポイントになったと思ったのはハーデン
    なんだかんだでウエストブルックは自分の持ち味を発揮しましたけど、ハーデンは最後までいいところなしでしたからね~。レブロンのマークという重労働での消耗は同情しますが、あれだけ攻撃で足を引っ張られると辛い。途中から完全に自信を失って、シュート撃つのを躊躇したのが情けなかったです。不惑のオッサンみたいな面構えなのに、中身は年相応の22歳なんだなぁ。

    >デュラントはスコアラーとしては文句ないですがエースとしてはまだまだ
    3年連続得点王なのに、未だにデュラントの凄みが伝わってきません。見た目が地味すぎるせいもあるかも…。あのなで肩の華奢な体型は、あんまり運動神経良さそうに見えないんですよね。

    >セフォローシャのプレイタイムが短かったことも疑問
    第3戦の第4クオーター残り2分、ボール運びをするウェイドに執拗に食い下がり、ハーフライン付近でスティールを決めたセフォローシャは最高に格好良かった。最後にスローインミスして味噌が付いちゃいましたけど。ハーデンに固執したのはブルックスHCの采配ミスですね。

    >ローズにファイナルまで行ってもらって見応えのある試合をしてもらいたい
    私はベタなシカゴファンなのでそうなると嬉しいですが、来年ローズはほとんど試合に出られないですし、早くも再来年シーズンに期待という感じ。うーん、対抗馬不在の来期イースタンはヒートの独壇場になりそう。