ナビスコカップ2014 ガンバ大阪がサンフレッチェ広島を制して二度目の戴冠!

目指すのは優勝じゃない。観客を魅了しての優勝や! 前半で2失点を喫する苦しい立ち上がりながらも、持ち前の攻撃力で試合をひっくり返して大逆転という、実にガンバ大阪らしいドラマティックなナビスコ制覇でした。そのタイトル、獲ったったで!!

普通サッカーってのは、先に2失点してしまうと勝ちの見込みはほぼ消えてしまうもの。日本代表なんかがいきなり2失点でもしたら、もう私はその瞬間試合を諦めて、録画のプリパラでも見て現実逃避していたことでしょう。

でもガンバなら、「前半で2点差ならまだひっくり返せる!」と信じられる幸せ。パトリックのヘッドで反撃の狼煙を上げた瞬間から、この歓喜の瞬間は既に脳裏で思い描けていました。

1-2で折り返した後半から、サンフレッチェゴールに怒濤の波状攻撃で襲いかかるガンバ大阪。GK林の好セーブに度々遮られたものの、またもパトリックが得意のヘッドでゴールをこじ開けてしまう。サンフレッチェディフェンスは、1失点目でパトリックの高さを最大限警戒していたでしょうが、警戒したところで止めようがないのがパトリック。水本・塩谷の代表CBコンビをものともしないパワーと高さで、完全に制空権を掌握していました

1点目と2点目は、左サイドからのクロスをパトリックが頭で合わせるという、まるでVTRを見ているかのようなまったく同じカタチでの得点。唯一の違いはパスの出し手が遠藤か宇佐美かというだけ。

遠藤のピンポイントクロスの精度は今更語るまでもないですが、宇佐美も実は遠藤に劣らぬパスセンスの持ち主。シュートばかりが注目されがちの宇佐美ですが、パスもドリブルも日本屈指の能力があるんです。その代わり、体力と守備にはパラメーターが割り振られていませんけど(笑)

今日も後半30分にはガス欠になって引っ込んでいましたが、ベンチで見守る宇佐美は試合終了を待たずして号泣。ナビスコカップで選手がここまで感涙するのは珍しいですが、宇佐美は子供の頃からガンバの熱心なファンでしたので、自分がガンバのタイトル奪取に貢献できたことが嬉しくてしょうがなかったんでしょうね。宇佐美は、たまたまサッカーが死ぬほど上手かっただけのガンバサポーターに過ぎないんですよ。

超強力2トップで得点を量産する宇佐美とパトリック。底なしの運動量で好守に躍動する若手アタッカーの阿部と大森。代表と縁が切れたことで全盛期の輝きを取り戻した遠藤と今野(また呼ばれちゃったけど)。かつては弱点だったCBとGKにも最高に頼もしい人材が揃い、今のガンバ大阪はスタメン全員が一流と呼べる完璧な陣容に仕上がっていると思います。

毎年この時期になると、誰かしら怪我で離脱して、ベストメンバーが組めないのが常態化していましたが、今年はちゃんとベストメンバーが組めているのも強み。厳密には西野が抜けていますけど、そこは丹羽が遜色ない働きでカバーしてくれていますから。

この隙のない今のガンバ大阪の戦力なら、リーグ戦も天皇杯も制して3冠達成というのは決して夢じゃないと思います。そんなこと口にすると叶わなそうだから、敢えて口にしないだけで(笑) とにかく一番の難関はリーグ制覇なので、次の浦和レッズとの直接対決には絶対勝利! 頼む!!

ワールドサッカー ウイニングイレブン2015 - PS3

ワールドサッカー ウイニングイレブン2015 - PS3

定価:¥ 8,208

Amazon価格:¥ 1,179

カテゴリ:Video Game

発売日:2014-11-13


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL