キリンチャレンジカップ2014 日本0ー2ウルグアイ

アギーレジャパン初陣。ガンバ大阪の選手が誰も選ばれなかったことにふて腐れて、試合を見る気はなかったんですが、たまたまチャンネル付けたら解説に宮本恒靖が出ていましたので、渋々観戦することにしました。宮本さんは声までイケメンだから解説向いているね! 解説なのに遠藤のことを「ヤット」とあだ名で呼んでいたのはどうかと思いましたが、ガンバファンとしてはむしろそれが嬉しい(笑)

新生アギーレジャパンは、ドラスティックな改革が施されました。フォーメーションは4-3-3で、森重をアンカーで使い、中盤の左に細貝、右に田中順というよくわからない並び。とりあえず、長らく日本代表の伝統であった“中盤でのゲームの組み立て”を完全に捨てたサッカーへと変貌を遂げています。

メンバーも大幅な血の入れ替えが行われ、初選出の皆川・坂井がスタメンという大胆起用。正直、メンバー選考の時点から選出に疑問を感じていましたが、試合を見ても彼らが抜擢された理由は不可解。坂井達弥は明らかに代表レベルではなく、バックパスを処理できずウルグアイの先制点に絡んだミスは、オウンゴールよりもたちが悪い無様な失点でした。

皆川佑介は恵まれたフィジカルを活かしてキッチリポストをやっていたところが好感でしたけど、何か違いを見せつけられたわけでもなく、まだまだ素材に過ぎない選手。豊田を初めとして、彼より適任なCFはいくらでもいるでしょうに、何故この実績も実力も(現時点では)ない選手を抜擢したのかは結局わからず終い

チームとしてのサッカーもいいところなし。0ー2という結果以上に日本は何もできていなかったです。右ウイングで起用された本田は、酒井宏の尻拭いのためずるずる下がって守備に奔走させられ、これなら普通に中央で使った方が良かった。中盤でのゲームメイクを求めないサッカーとは言っても、やはり本田なり柴崎なり1人パサーを配置してもらわないと、まったく攻撃が機能してくれません…

まだチームを構築し始めたばかりの段階ですから、すぐに結果を求めるのは確かに酷だと思いますけど、これはモノになるまで相当な時間がかかりそうですよ~。アジアカップに間に合うのかなぁ。

日本はワールドカップの惨敗(私はそうは思わないけど)を受けて、ザックジャパンに対するアレルギーが過剰に高まっていました。とにかくザックジャパンの否定から始まり、「ザッケローニの選んだ選手でなければ日本は強いんだ」という根拠のない妄想に支配されていた有様。結果、数多くの無名選手を呼んだアギーレが何故か逆に切れ者扱いされているほどでした。

でもこれで目が醒めたでしょう。日本は誰を使えば強くなるとか、そういう次元にはないのだと。結局上手さを見せていたのは本田・岡崎・長友といった旧来の選手でしたし、見たことも聞いたこともない選手を抜擢したら、急に日本の救世主になってくれるような、そんな都合の良い話は転がっていないのです。

だから、無作為に若手を起用する奇を衒った選手選考ではなく、今後は代表に相応しい実力ある選手を選んでくださいな。新戦力だって、FC東京の武藤のようにちゃんと結果を出した選手を選ぶなら何も文句はないですよ。その武藤はこの試合で数少ない収穫の1人でしたから。

とにかく私が言いたいのは、「何でキレキレの宇佐美を選ばず、こんな訳わかんない連中を選んでやがるんだコラァ!」ってことです(笑) 私のアギーレ批判の根源は、“宇佐美を選ばなかったことへの逆恨み”ですから。

FIFA 15 ULTIMATE TEAM EDITION (メッシ スチールブックケース&DLCセット他同梱) - PS4

FIFA 15 ULTIMATE TEAM EDITION (メッシ スチールブックケース&DLCセット他同梱) - PS4

定価:¥ 8,964

Amazon価格:¥ 1,510

カテゴリ:Video Game

発売日:2014-10-09


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL