2014Jリーグアウォーズ 最優秀選手賞に遠藤が輝く!+今年のJリーグを振り返って

昨年J2でMVPを獲得した遠藤が、今年はJ1でMVP! 今年の最優秀選手賞は複数の候補があり、決め手が難しかったと思われますが、私はこれが最も無難な選択だったと思います。アシスト王というわかりやすい指標もありますし、文句のない選出でしょう。ずっとJリーグで超一流であり続ける遠藤が、一度もMVPをもらったことがないというのもどうかと思いましたしね~。

<ベストイレブン>
GK西川周作(浦和)3
DF太田宏介(F東京)初
DF森重真人(F東京)2
DF塩谷司(広島)初
MF柴崎岳(鹿島)初
MF武藤嘉紀(F東京)初
MFレオ・シルバ(新潟)初
MF遠藤保仁(G大阪)11
FW大久保嘉人(川崎F)2
FW宇佐美貴史(G大阪)初
FWパトリック(G大阪)初

ベストイレブンは初選出の選手が多くフレッシュな顔触れ。11度目の遠藤が完全に浮いています(笑) ガンバ優勝の立役者である東口が選ばれなかったのは残念でしたが、Jリーグ記録となる7試合連続クリーンシートを成し遂げた西川の方がやはりイメージでは上ですから、これは仕方ないかな。

でも2位の浦和が西川しか選ばれていないのはちょっと不思議。躍進目覚ましかったサガン鳥栖からは誰1人選ばれていないのも気になります。逆に9位FC東京から3人は選ばれすぎじゃないかと…。

GK西川周作(浦和)
DF安田理大(鳥栖)
DF森重真人(F東京)
DF那須大亮(浦和)
DF塩谷司(広島)
MF柴崎岳(鹿島)
MFレオ・シルバ(新潟)
MF遠藤保仁(G大阪)
FW大久保嘉人(川崎F)
FW宇佐美貴史(G大阪)
FW豊田陽平(鳥栖)

私の感覚で選ぶとすればこんな感じですね~。個人的な好き嫌いも混じっていますが。

<得点王>
FW大久保嘉人(川崎F)2

2年連続となる得点王。典型的な早熟タイプだと思っていましたけど、よもや三十路になってこんな活躍ができるタイプだったとは。中村憲剛との相性が相当にいいんでしょうね。しかし、18点で得点王ってのはやっぱり寂しい…。来年は宇佐美が30点取って得点王になってください!

<ベストヤングプレイヤー賞>
MFカイオ(鹿島)

今年はめぼしい新人が出てこなかったので、MVPと並んでこちらの選考も難儀したのではないかと。Jリーグ的には武藤に取らせたかったでしょうが、受賞資格が21歳以下なので22歳の武藤は除外。「じゃあ、一体誰が選ばれるの?」と思っていたら、鹿島アントラーズのカイオでした。日本国籍を持っていなくても受賞資格ってあるのね。

惜しかったのは、21歳ながらガンバ大阪のレギュラーCBの座を奪取した西野貴治。ライバル不在の今年は狙い目だったのに、途中で怪我による戦線離脱してしまったのは無念すぎる~。

~今年のJリーグを振り返って~

ガンバのピンポイント補強を評価
宇佐美は日本最高峰のストライカー
ガンバFWの更なる補強を提言
セレッソの大型補強は徒花
西川の補強はでかい
一番優勝に近いのはレッズ
グランパスは今年は厳しい

開幕前に私が予言していたことはほとんど的中しましたよ~! さすが私は見る目ありますね(笑) 唯一、「優勝はレッズ!」という予想だけは外しちゃいましたけど! いやぁ、残念だったなぁ~!!

今年のガンバ大阪の強さは、なんといっても選手層の厚さでした。若手の台頭によってチーム内競争が極めて高いレベルにあり、NBAでファイナル制覇したサンアントニオ・スパーズのように、ベンチメンバーも高い実力の持ち主が揃っているのが強み。それを証明するように、交代選手による得点はJリーグトップである15得点でしたからね。

ガンバ大阪のメンバー変遷

開幕戦       最終節
GK 東口 順昭 → GK 東口 順昭
DF 加地 亮  → DF 米倉 恒貴
DF 岩下 敬輔 → DF 岩下 敬輔
DF 丹羽 大輝 → DF 丹羽 大輝
DF 藤春 廣輝 → DF オ ジェソク
MF 内田 達也 → MF 遠藤 保仁
MF 今野 泰幸 → MF 今野 泰幸
MF 倉田 秋  → MF 阿部 浩之
MF 二川 孝広 → MF 大森 晃太郎
FW 佐藤 晃大 → FW 宇佐美 貴史
FW 遠藤 保仁 → FW パトリック

スタメンもシーズン中にこれだけ様変わりしました。途中加入したパトリックと宇佐美の復帰が優勝の原動力だと言われていますが、決してそれだけではないのです。目覚ましい成長を遂げた阿部・大森の若手サイドアタッカー陣が、ハードワークを厭わず攻守両面で活躍してくれたことも、ガンバにとってはものすごく大きな力でした。

泥臭く走り回る阿部と大森に、決定的な仕事をしてくれる宇佐美と遠藤。モダンサッカーとアンチモダンサッカーの融合とでも申しましょうか。個人的には日本代表も「全員走れ全員守れ」ではなく、チームによる役割分担で個々の能力を引き出せるサッカーであって欲しいんですけどねぇ。

最後に、ガンバ大阪の大逆転Vと同じぐらい衝撃的だったセレッソ大阪のJ2降格。フォルラン招聘というビッグディールを成し遂げ、Jリーグ人気の起爆剤としても期待されていたセレッソ大阪が、このような悲惨な結果に終わるとはどれだけの人が想像できたのでしょうか…。

フォルランがチームの和についぞ溶け込めなかったのは、フォルラン自身の人間性が招いた問題なのか、日本人の村社会的な排他性が招いた問題なのか、外から見ている人間には定かじゃありませんけど、やはり話題性先行でチームバランスを欠く補強は危険だということですね。今のガンバ大阪に来年ロナウジーニョが加入したら、やっぱりチームは崩壊しそうですもん…。スーパースターを獲得することが徒花になることもある。これもまたサッカーの怖さ。

週刊サッカーダイジェスト増刊 2014Jリーグガンバ大阪リーグ優勝記念号 2014年 12/31号 [雑誌]

出版社:日本スポーツ企画出版( 2014-12-11 )

定価:

雑誌 ( ページ )

ISBN-10 :

ISBN-13 : 4910239981246


この記事のトラックバックURL
  1. 遠藤MVP取ったことなかったんですね。すごく意外です。
    でも今年はそれにふさわしい働きだったと思います。個人的には宇佐美か東口がかっさらうのかなという気もしなくはなかったのですが、遠藤受賞で正解でしょう。

    アルビレックスからはレオシルバがベストイレブンを受賞。これは嬉しい。なんで去年選ばれなかったのか不思議でしたから。まさに新潟の生命線です。レオシルバには惜しみなくお金(そんなに無いですが)とハッピーターン(これはいっぱいある)をつぎ込んで引き止めるべき!

    ベストイレブンにおけるFC東京祭はひとえに代表補正でしょうか。ネット上では原博実にたいする怨嗟の声が上がっています。たしかに9位のチームから3人選出はちょっとバランス的におかしいかなとは思います。

    私が選ぶメンツも浅生さんとほぼ一緒。GKを東口にしようかしら(身びいき)とか、そんな違いくらいです。
    ちなみに
    tp://www.japanfooty.com/team-of-the-year-2014
    こちらに海外のJリーグ情報サイトが選出したベストイレブンもありますがこっちも面白いメンバーです。遠藤がいませんが阿部浩之がいたり、キムミヌを選んでいたりと渋いチョイス。(ガンバがキムミヌ獲るとかいう噂もありますね)

    フォルランは、一応チーム得点王ですよね。一番フォルランを使おうとしていた柿谷の移籍がまずかったんでしょうね。
    なんかフロントと現場の確執も伝えられていますし若手は多分チョーシに乗ってたんでしょうし、チームバラバラな感じ。史上最攻、見事な空回りっぷりでした。

    • 以前ガンバが優勝したときには、アラウージョという規格外の選手がいましたからねぇ。ベストイレブン常連の遠藤も、MVPは今回が初めて。ナビスコMVPがパトリック、リーグMVPが遠藤、そして天皇杯MVPが宇佐美なら言うことなし! 東口は……ガンバTVから何かもらえるでしょう(笑)

      >(レオ・シルバ)まさに新潟の生命線
      ベストイレブンの得票数は、MVPの遠藤を抑えてレオ・シルバが155票で一番でしたね。実質的には、現在JリーグNo.1プレイヤーはレオ・シルバだといえるでしょう。攻撃も守備も何でもできる上に、この前はFKでヤバイのまで決めていましたからー。ハッピーターンたくさんあげてください(笑)

      >9位のチームから3人選出はちょっとバランス的におかしい
      ガンバが17位で降格したときに遠藤をベストイレブンに選んでもらっているので、あまり文句言えない…。

      >(海外のJリーグ情報サイト)阿部浩之がいたり、キムミヌを選んでいたりと渋いチョイス
      如何にも海外っぽいチョイス。モダンサッカーを標榜するなら、確かにこれがベストイレブンでしょうね。そういや、マリノスの中澤は候補にも選ばれていなかったんですよね。Jリーグ最少失点だったマリノスの守備の要なのに。

      >史上最攻、見事な空回りっぷり
      若手主体のチームに経験を植え付ける伝道師としての役割を自覚していたものだと思いますが、当の若手からはフォルランを天下り官僚のような目で見ていたのかも…。何にせよ、せっかく大枚はたいて購入したフォルランをほとんど使わず終いとは実にもったいないことです。

  2. >開幕前に私が予言していたことはほとんど的中しましたよ~! さすが私は見る目ありますね(笑) 
    過去記事を見ると東口が来る前にゲームで東口補強してたり、宇佐美がJ1でも活躍するといってたり、
    昇格後即優勝を狙える可能性あるといってたり、ずばずば予言が的中してるのが凄いと思いました

    • ガンバサポーターの人なら大体みんなが抱いているであろう共通認識なので、予言という程大層なものではないですよ(笑) 予言が当たったというよりは願望が叶ったという感覚ですね~。

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。