2013年からガンバ大阪を率いていた長谷川健太監督の退任を発表

ガンバ大阪のシーズン直近10試合は、3勝2分5敗。夏場に強いはずのガンバが完全に失速し、優勝争いから無残に脱落。サポーターの間でも監督交代の議論が活発になっていた最中、とうとう公式で長谷川監督の退任がリリースされました。

シーズンを通した成績は11勝6分7敗ですので、数字上では解任に値するほどひどい成績と言えないかもしれませんが、今年の7敗ってぜーんぶ完封負けなんですよね。1点さえ取れればガンバは負けがなくなるといっても、その1点がなかなか取れない! ホームで戦いながら、まったく得点の匂いがしないサッカーを繰り返してストレスは最高潮。私はギリギリまで長谷川監督支持派でしたけど、生観戦していた8月19日の柏レイソル戦で、何1つ良いところがなかった0-1の完封負けを見せられ、長谷川監督の限界を察しました。

長谷川監督には今でも感謝しかございません。ガンバがJ2降格というどん底状態で監督に就任してくれて、至上命令であった1年でのJ1復帰を見事に果たし、翌年には昇格後即3冠制覇という大偉業を達成。人柄も素晴らしく、ガンバファンとして、長谷川監督には感謝しても感謝してもしきれないほど、莫大な恩があります。

それだけに、現状の長谷川監督の取り扱いは大変難しいものでした。必勝を期していたACLで、2年連続目も当てられない大惨敗。攻撃面での無策、選手マネージメントの拙さ、新スタジアム移行後のホーム勝率の悪さなど、一向に改善されない不満点の数々。監督交代を求めたくなる要素はいくつもありながらも、これまでの長谷川監督に対する恩を考えると、なかなか解任してしまえとは言いにくい…(それなりに良い成績を残してくれますし)。

それと、ガンバファンは西野監督の強烈なトラウマがありますから…。長年ガンバに尽くしてくれた西野監督を一方的に解任し、セホーンとかいう素性の怪しいオジサンを連れてくると、チームは見る影もなくボロボロに崩壊、真っ逆さまにJ2降格したという悪夢が…。次またセホーンがやってくると思ったら、長谷川監督は軽々に切れないんです!!

それでも、長谷川ガンバは明らかにジリ貧で、潮時を迎えていたのは確か。攻撃サッカーを志向するチームカラーともそぐわなかったですし、惜しい気持ちはありつつも、監督交代はすべきだったと私は思います。決定的にダメな部分があるわけじゃないですから、本当に心苦しいんですけど…。

1,鹿島アントラーズ   石井正忠→大岩剛
2,浦和レッズ   ペトロヴィッチ→堀孝史
3,川崎フロンターレ   風間八宏→鬼木達
4,ガンバ大阪   長谷川健太→?
5,大宮アルディージャ   渋谷洋樹→伊藤彰
6,サンフレッチェ広島   森保一→ヤン・ヨンソン
7,ヴィッセル神戸   ネルシーニョ→吉田孝行

長谷川監督の退任で、なんと2016年の上位チームの7位までが、まとめて監督交代させられたという。みんなクラブの顔といえる名監督ばかりだったのに…。Jリーグは恐ろしいな。

裏を返せば、今は有能な監督が市場に溢れている未曾有のチャンスだと言えますので、やはり監督交代(発表)はこのタイミングだったと思います。監督を切るだけで切って、後任にめぼしい人物がいないのが一番困りますから! またセホーンがやってきますから! 森保一さんかペトロヴィッチさんであれば、すんなりガンバが志向するサッカーを目指せる気がするんですが、どうでしょう。とりあえず、今のうちから唾つけといて損はないですね!

退任する長谷川監督は敵に回したくない監督ですので、できればJリーグの他クラブではなく、東京オリンピックの代表監督になってほしいな(ハリルホジッチの後任もありですけど)。 堂安律、初瀬亮、市丸瑞希、高木彰人らをまとめて、日本にメダルをもたらしてください!! 5年間どうもありがとう、長谷川監督!!

この記事のトラックバックURL
  1. ミシャがガンバの監督になったら・・・
    やっぱりCBの人材には苦労するでしょうね。きちんと後ろから組み立て、攻め上がりもできる選手じゃないと難しいかもしれません。
    それと、戦術に選手を当てはめるので浸透するまで苦労すること、浸透した選手で固定されてしまうので、選手層は厚くならないこともありますかねー

    何にせよ監督選びは重要です。思い切って宮本にやらせるのもアリですかね

    • CB三浦が組み立て得意なので、今のガンバで3バックやるのは悪くないんですよ。長沢1トップに倉田とアデミウソンの2シャドーもハマりそうですし、ウイングバックの藤春とジェソクは上下動を苦にしませんし、阿部を今野、柏木を遠藤(井手口)に置き換えたら、結構ペトロヴィッチさんの戦術はすんなり当てはまりそうな…?

      でも確かに、ペトロヴィッチさんは劇薬という感じ。効果はあるけど、副作用もキツイ。何より、ガンバ自身がペトロヴィッチを苦手にしていなかったので、ペトロヴィッチ招聘は現実的にないかな…。

      >思い切って宮本にやらせるのもアリ
      宮本監督は将来的には期待したいですが、現時点ではまだ時期尚早かと。というのも、今J3のガンバU-23で指揮を取っていますが、まったく結果が出ていませんので…(チーム力がそもそも低いとはいえ)。まずは実績を作ってからですね。

  2. そろそろ交代かなと思っていたからあまり驚きもなかったですね。
    市場に有能な人が多いし早めに手を打ったということでしょう。それでも思い切って
    手を打ったなとは感じます。

    まあ個人的には余所の間チームを心配している暇はないんですよね・・・今年昇格できないか
    POに出られない時点でソリさんは解任になると思うし。うちも高齢化が激しいから立て直すのは
    容易じゃないなぁ。

    • 私はガンバファンになったのが2003年以降なので、西野→(unknown)→長谷川とほとんど監督交代を経験していないのです…。だから、監督交代のタイミングは今だと思いつつ、不安でいっぱい。やっぱり代えるべきじゃなかったと後悔しそうで。

      >POに出られない時点でソリさんは解任になる
      反町監督も松本山雅の顔になっていたのに、首筋が涼しいのですか…。今年のJ2は湘南だけ1人抜けていますが、それ以下は稀に見る大混戦ですね。反町監督のためにも、松本山雅にはプレイオフ圏内に食い込んでもらわなきゃ。

    • ガンバといい、アルビレックスといい、どうして大して実績もない呂比須監督にそこまで惚れ込んじゃうのかよくわかりません…。さすがにもう二度と呂比須監督を招聘するJクラブは出てこないでしょうけど…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。