フロリダ合宿国際親善試合第2戦 日本4-3ザンビア

2014NBAファイナルが開幕! ヒートとスパーズが激突する全米注目のビッグイベントが、日本のキャンプ地からすぐ近くのマイアミで行われますので、現地の人はサッカーどころじゃなかったでしょうね(笑) 日本代表の選手の中にも観に行きたかった人はいたかも?

日本代表は、前回ベンチだった遠藤・長友・岡崎・柿谷がスタメンに入り、恐らくこれがザックジャパンのベストメンバー(GKが川島ではなく西川だった点は気になりますけど)。

しかし、前半早々にいきなり2点を先制される苦しい立ち上がり。高い身体能力とセットプレイにやられてしまった格好ですが、日本が不甲斐ないというよりは、想像以上にザンビアが強かったです。競り合い・球際の強さでは圧倒的にザンビアに分がありました。

ただ、日本もいいところなしではなく、前線でのプレッシングが効果的で、連動した動きから度々高い位置でボールを奪取。珍しく遠藤も前目で激しい守備。日本の1点目は敵陣でのボールカットからで、香川のクロスが相手のハンドを誘い、本田がPKを決めました。

1点を返したものの、日本は流れの中でなかなかいいカタチが作れない。ゴール前の守備に人数をかけるザンビアのゾーンディフェンスに苦しみ、エリア内で4~5人密集する強固なブロックが崩せません。これまでだと、引いて守る相手に敵陣でのボール回しに終始して手詰まり……という愚かなパターンでしたけど、今の日本は違う。様々なアプローチを試みて、ザンビアゴールに攻めかかります。

同点ゴールとなった香川の得点は、クロスがそのまま決まったラッキーなゴールでしたが、それでも大久保が中へ果敢に切れ込み、早いボールを入れた結果。堅いディフェンスを崩すことに躍起になるのではなく、とにかくエリア内にボールを入れてチェンスを生み出すことが大事ですよ。

逆転となった3点目は、エリア内で落ち着いた切り返しを見せた森重のアシストによるもの。ゾーンであるがゆえに寄せの甘さをしっかり突きましたね。フィニッシュをしっかり決めた本田の反応も素晴らしいものでした。

終了間際に、山口に当たったミドルがゴールに吸い込まれる不運な失点で追いつかれてしまいましたが、その直後、青山の縦パス一本から大久保がゴールを決めて再度日本が勝ち越し

ディフェンダー3人に囲まれながら、見事なトラップでロングボールを収めた大久保は最高でした! 何よりそこにパスを通した青山もファンタスティック! 密集地帯に「ここしかない」という絶好のTDパスを通すQBアーロン・ロジャースを彷彿とさせましたよ~!! 遠藤のライバルなので彼を褒めるのはチョットばかり抵抗あるんですが、これだけ見事なパスを見せられたら絶賛せざるを得ないです。

これが決勝点となり、日本の劇的逆転勝利。4-3の撃ち合いは、まさにサッカー版ルーズヴェルトゲームといえる大変見応えのあるものでした。

ま~、個人的には3-3の引き分けのままで終わった方が良かったような気もするんですが。ある程度兜の緒を引き締めて本番に挑むのがファンにとっても理想なので、こんな風に2戦続けていい試合を見せられたら、「こりゃいけるでぇ!」と浮かれっぱなしでワールドカップに突入してしまう(笑) ドイツの二の舞だけは避けたいのに~~!

何にせよ、8日後のブラジルワールドカップがますます楽しみになってきました。これだけ強い日本代表がどんな結果を残してくれるのか。例え悪い結果に出たとしても真摯に受け止めよう。ザックさん、遠藤はちゃんと先発で使ってね! 今野は……森重に変えた方がいいかも(笑)

最後に本田圭佑。今日は2ゴールをあげる活躍だったとはいえ、まだ完全復活だと手放しで褒められる出来ではありませんでした。しかし、キプロス戦から1段ずつギアを上げてきている。ワールドカップ本番ではきっとフルスロットルの本田が見られるはずだと、私は確信していますよ! 昨日までのHONDAを超えろ!

ワールドサッカー ウイニングイレブン 2014 蒼き侍の挑戦 - PS3

ワールドサッカー ウイニングイレブン 2014 蒼き侍の挑戦 - PS3

定価:¥ 8,208

Amazon価格:¥ 800

カテゴリ:Video Game

発売日:2014-05-22


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL