プロ野球ドラフト会議2014 競合指名の有原は日本ハム、安楽は楽天へ

2014プロ野球もつつがなく終了してストーブリーグに突入(まだ日本シリーズがあるって?)。今年のドラフトはハズレ年との前評判で、これといった目玉が不在の年。それだけに、各球団の独自色が出たドラフトを期待していたのですが…。

一番の注目株は早稲田大の有原。そんなに指名が集中するほどの逸材ではないと思いますが、他に目玉がいないせいで消去法的に需要が高騰。事前報道では8球団が重複すると無茶苦茶な話でしたけど、さすがに4球団に留まりました。

話題性でいえば、済美高の安楽。本来は、彼が10年に一度の逸材として世間を騒がせていたはずですが、右肘の怪我のせいですっかり商品価値が低下。しかし、甲子園を席巻したスター性とポテンシャルは相変わらず高いですから、リスク承知で指名して欲しいところです。

個人の希望としては、阪神に安楽を指名して欲しかったところですけど、案の定阪神は有原狙い。広陵高校と早稲田大学を異常なほど偏愛している阪神さんは、広陵→早稲田という経歴を持つ有原にすっかり夢中であったようで…。別に即戦力投手を必要としているチームでもないんですから、将来性を考えた指名をしてくれりゃいいのにねぇ。

結局、安楽はヤクルトと楽天の2球団競合で、楽天が指名権を獲得。2分1程度の確率なら苦もなく潜り抜ける楽天の豪運。松井裕樹に続いて安楽も獲得してしまうとは、さすがですよ。「楽天」の「安楽」ってすごい脳天気な感じがしますが(笑)

有原は、阪神・広島・横浜・日本ハムによる競合。4分の3ならセリーグに来てくれるだろうと思っていたら、引き当てたのは日本ハム。日本ハムはどれだけドラフト巧者なんですか…。ドラフトの目玉選手は、日本ハムと楽天とソフトバンクと西武が根こそぎ浚っていく印象。まったく、セリーグ何やってんの! 安楽智大も松本裕樹も高橋光成もみーんなパリーグじゃないですか! 本当に情けない!

そんな中、巨人はセリーグで唯一高卒選手となる岡本和真を単独指名。守備位置が1塁・3塁に限られること、プロでの活躍実績のない智弁学園出身であることを考えると、岡本の1位指名は高いリスクを伴うのですが、それでも「自前で高卒スラッガーを育てるんだ」と強い意気込みが感じられる指名を私は評価したいです。

小利口に大学・社会人の即戦力投手ばかりを狙うんじゃなくて、やっぱり先を見据えたスター候補生の獲得を考えていかなくちゃ。特に巨人と阪神は、球界を背負って立つ可能性を持つスター性溢れる選手を指名する義務があると思いますよ。じゃないと、本当にパリーグに人気で追い抜かれますって。今、セリーグにスターと呼べる若手選手が何人いますか。

京都大学の田中英祐と大阪桐蔭の香月一也はロッテ、琉球トルネードの島袋はソフトバンク。動向を注目していた選手は全員パリーグに行っちゃって寂しい限りです…。

実況パワフルプロ野球2014 - PS Vita

実況パワフルプロ野球2014 - PS Vita

定価:¥ 7,538

Amazon価格:¥ 3,380

カテゴリ:Video Game

発売日:2014-10-23


この記事のトラックバックURL

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。