プロ野球ドラフト会議2012 阪神タイガースが藤浪を引き当てる

ドラフト最大の目玉だった藤浪を引き当てたのは、12回連続でくじを外し続けた稀代のハードラックを持つ阪神! ここぞの場面で地元出身のスーパースターを引き当てた会心のドラフトでしたね! ここのところ目玉選手は全部パリーグに流れていましたし、東浜も案の定パリーグに流れてしまった(横浜がだらしないから…)ので、セリーグのためにも阪神が藤浪を引き当てたのは喜ばしいことです。

ドラフト前に個人的に注目していた選手は、大阪桐蔭の藤浪と光星学院の北條・田村の大阪出身トリオ。この3人は甲子園での活躍ですっかりファンになってしまったので、是非とも地元阪神に入団して欲しかった。

私は一応巨人ファンですが、大阪という土地柄、猛虎魂が体内に5%ぐらい混じっているので、やっぱり阪神には強くなってもらいたい思いがあるのです。

北條は最悪ハズレ1位でも阪神に行ってくれればと思っていましたが、まさかの藤浪・北條のW獲りとはパーフェクトすぎる。同じ地元出身で、高校時代のライバル同士が、阪神でエースと主砲を任されるかもしれないなんてロマン溢れる指名ですよ。阪神的には文句なしに100点満点のドラフトだったんじゃないでしょうか。

そういう意味では、福谷を単独指名し、ちゃっかり濱田も2位で拾った中日も大収穫のドラフトだったはず。共に地元出身でドラフト1位クラスの逸材ですから~。

さて、盛り上がるドラフトの中で1人蚊帳の外だった巨人は、とりあえず念願だった菅野を確保。今回は波風なく普通に獲れました。巨人も菅野も悪いことしているわけじゃないんですけど、どうしてもこの実質逆指名のような入団はダーティーなイメージがつきまといますね~。私もこういったドラフトの意義を失わせるような指名は本意じゃないです。

では、どうすればこの実質逆指名は防げるのでしょうか?

現行システムの最大の欠陥は、強硬指名で交渉が不調に終わったあと、貴重な1位指名権が丸損してしまうところにあると思います。ゆえに、巨人志望を公言している選手の指名に及び腰になってしまい、巨人の実質逆指名を暗に認めざるを得ない空気を作り出している。

これを防ぐには、指名直後のトレードを認めればいいと思うんですよ。もしトレードが可能となれば、強硬指名後に交渉が不調に終わったとしても、巨人にトレードを持ちかけ、菅野の代わりの人員を確保できる。指名権が無駄でなくなると思えば、今後他球団は強硬指名がやりやすくなりますし、特定球団の実質逆指名を防ぎやすくなるはずです。

指名される側にとっても、無駄な浪人を強いられることなく初年度から希望球団でプレイできるメリットがあり、指名拒否による悪者イメージも少しは払拭されるでしょう。球団・選手、双方にとっていいことずくめの案だと思うんですけどね。

アメリカでは普通に認められているドラフト直後のトレードが、何故日本で認められていないのか不思議。どうやら江川事件絡みで禁止されたようですが、この実質逆指名という悪習を防ぐために、「指名直後のトレード解禁」を考えるべきでは?

ドラフト2012(アマチュア野球33) (NIKKAN SPORTS GRAPH)

出版社:日刊スポーツ出版社( 2012-10-10 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,500

単行本 ( 116 ページ )

ISBN-10 : 4817255269

ISBN-13 : 9784817255266


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL