クライマックスシリーズ2013を読売ジャイアンツが制して日本シリーズ出場決定!

いくら模試で1位を取ったところで、入試でダメなら意味がない! 本当に強いチームとは、大事なプレイオフで勝ちきれるチーム! そうは言っても、17ゲームの大差を付けている広島カープに日本シリーズ出場権を奪われてしまっては大変なことになっていたところでした。

初のCS出場でボルテージが上がっていた広島カープとはタフな試合になることが予想されましたが、まさか綺麗にスウィープで退けることができようとは。第1戦では2失点のエース内海を早々に降ろした原監督の采配が光り、第2戦では菅野があの前田健に投げ勝つという好投。まさに盤石な勝ち方でジャイアンツの強さを知らしめられたと思います。

シーズンでは、影をも踏ませぬ独走優勝。元々、今シーズンは対抗馬不在で、開幕前から独走優勝が約束されていたようなものですが、優勝受取人と揶揄されていた村田が覚醒し、ルーキー菅野と新外国人ロペスとダメ外人ボウカーが大当たりするなど、予想外の選手の活躍で更に隙がないチームになりました。山口・マシソン・西村のリリーフ3枚看板はかつて阪神が誇ったJFKにも引けを取らない信頼度で、MVPはこの3人に分け与えたいぐらいです。

一方で、次代のジャイアンツを担うスター選手として、更なるステップアップが期待されていた坂本・長野・澤村・宮國といったあたりの若手がことごとくスランプに陥っていたのは気掛かり。この辺の選手がもっとしっかりしてくれていたら、「勝率7割で優勝しろ」という私のノルマも達成できていたかもしれないのにな~!

今年はどうせ巨人がぶっちぎり優勝するのはわかりきっていたため、正直そんなに応援に熱が入ることもなく、むしろDeNAの試合を熱心に見ていました。6年ぶりの最下位脱出で躍進したDeNAですが、あくまでCS出場を願っていたので残念。来季こそは、まともな先発を補強してCS出場を勝ち取ってもらいたいものですよ。

打撃に関しては、既に12球団1とも言える強力打線ですから。中でも、8月から突如覚醒した梶谷選手は本当にすごい。HRの弾道が日本人のものとは思えません。

梶谷の通うジムのトレーナーの弁によると、なにやら金本にも匹敵する球界随一の筋肉量らしい。今年の活躍は決してフロックではなく、身体能力に裏打ちされた活躍ということですね。来期以降もDeNAの、いや、日本を代表する強打者として成長していくことを信じていますよー。

さて、日本シリーズの巨人の相手はどこになるでしょうか。やっぱり楽天が出てきてくれるのが一番嬉しいなぁ。最後にジャイアンツが田中マー君の連勝記録を止められたなら最高のシナリオ。でも、それは無理そうだから、田中の登板試合以外をしっかり拾って4勝2敗で勝つ!!

余談ですが、私はCS第2戦の東京ドーム観戦チケットを取っていたのに、台風26号の影響のせいで行けませんでした。くそぉぉぉぉ!!

実況パワフルプロ野球2013

実況パワフルプロ野球2013

定価:¥ 4,093

Amazon価格:¥ 1,257

カテゴリ:Video Game

発売日:2013-10-24


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL