コパ・アメリカ2011 ウルグアイが15度目の優勝

ほとんどろくに見ていなかったコパ・アメリカ2011も、決勝戦はチェック。ブラジル&アルゼンチンという本命が消えた時点で、地味な顔ぶれの対決(私のようなニワカにとっては)になってしまいましたが、ウルグアイはまだフォルラン・スアレスと私でも知っている有名選手を擁しているので、ウルグアイを贔屓しながら視聴することに決定。パラグアイ、全然知らないし。

でも、よくよく考えたら南アフリカW杯で日本が敗れた相手ってパラグアイでしたっけ…。素で失念していました。もう遙か遠い過去の出来事のように思えるなぁ。

とにかく、試合途中で応援チームをパラグアイに鞍替え。すると、途端にパラグアイが先制点を食らう。ごめん、パラグアイ…。DFに当たったボールが最高のスルーパスとなり、放ったシュートがDFに当たって最高のコースに転がるというW不運なシュートでしたけど、あれはゴールしたスアレスが上手いや。

スアレスはプレイ選択の幅が広いくせに、ボールを持ってからの判断が超早いから困る。やれることが限られているFWなら、自ずとプレイ判断も早くなるものですが、スアレスはいろんなことができる万能型FWなのに、その多彩な武器を瞬時に使い分けて、一瞬でトドメを刺す。フォルランとのコンビは、実際止めようがない感じですね~。

そのままウルグアイが終始圧倒するカタチで、3-0の完勝。でも、3失点を喫したとはいえ、パラグアイのGKビジャールはビッグセーブ連発で光っていましたよ。堅守パラグアイを体現する世界最高峰のGKであるのは間違いない。ガンバ大阪にこんなGKがいてくれたら、楽にJリーグ制覇できるのにぃぃ!

この大会に本当は日本も参加していたはずだったというのが、つくづく心残りですね。私はコパ辞退すべき派でしたけど、今の日本代表フルメンバーならそこそこやれそうな気がするだけに、南米の猛者どもとの真剣勝負に挑む日本代表を見てみたかった。ああ、震災さえなければ。

2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ オフィシャルDVD 日本代表 熱き戦いの記録

販売元:キングレコード( 2010-09-08 )

定価:¥ 3,150 ( 中古価格 ¥ 290 より )

Amazon価格:¥ 5,720

時間:120 分

1 枚組 ( DVD )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL