コンフェデレーションズカップ2013 日本1-2メキシコ

日本とメキシコという然程見どころはないであろう対決に駆けつけてくれた52,000の観衆。互いにグループリーグ敗退が確定しているTHE消化試合だというのに、こんなに分不相応な大歓声を送ってくれるんですから、ブラジル国民のサッカーへの情熱には恐れ入ります。

今日の日本の敗因は、一言で言えば疲労ですよね。立ち上がりはいつも通り無双状態の日本でしたが、それも最初の20分ほどでガス欠。とにかく日本は動けていませんでした。サイドの戻りが鈍く、中盤の寄せが甘く、DFラインは下がりすぎ。終始受け身受け身になることで、攻撃面もまったく上手く機能せず。

メキシコはきびきびとしたタイトな守備で、イタリアのときのように中盤で易々とボールを回させてくれない。ボランチから2列目へのボールの出し入れが封じられたとき日本はなかなか次の攻撃パターンが出てこないのが問題。中盤でのパス回しが容易でないときの打開策がないんですもん。

頼みの本田も完全にエネルギー切れでしたし…。高さ対策で外した内田と、調子が上がらなくて外した吉田を途中投入するというよくわからない選手交代をするぐらいなら、なんで体力ゲージが点滅していた本田を代えてあげなかったのかなー。

遠藤も疲労からいつもより運動量がなかったように思えますけど、攻撃面ではまぁまぁ。遠藤→岡崎ラインで2得点あげましたからね(最初の1点はオフサイドじゃないよっ)。PA内にするすると侵入して、フリーでボールを受けた2点目のアシストは見事でした。

過密日程は向こうも同じ条件なのであまり言い訳にならないかもですけど、日本はコンフェデ始まる4日前にイラクでアジア最終予選やっていましたんで…。今更になりますけど、あの試合はホントいらなかった。せっかく最後の1戦が消化試合になって、主力を休ませる・控えを試せる権利を得たというのに、バカ正直に主力で望んだのは疑問が残りましたよ。

まぁ、いろいろ申しましたが、ブラジル・イタリア・メキシコという組み合わせで3連敗は当たり前。期待感あったせいで悔しさは残りますけど、今まで築き上げてきたザッケローニのサッカーを全否定するようなネガティブ思考は必要ないない。本番のW杯はどんな死のグループに入れられようと、これほどの組み合わせはあり得ないんですから、逆に気楽に望めるってもんでしょ。

EA SUPER HITS FIFA 13 ワールドクラス サッカー - PS3

EA SUPER HITS FIFA 13 ワールドクラス サッカー - PS3

定価:¥ 2,052

Amazon価格:¥ 440

カテゴリ:Video Game

発売日:2013-06-27


No Responses so far.