2016セントラルリーグ 広島東洋カープが25年ぶりに優勝

広島が25年ぶりのセリーグ制覇。当時の私はまだそんなに野球興味なくて、カープが優勝したときの記憶がまったくないので、体感的にはカープ初優勝。全12球団の中で唯一広島カープの優勝だけ“見たことがなかった”んですよ。

2015年、優勝のためのあらゆるピースが揃い、もう優勝確実だろうと思われたカープが、CS出場すら果たせなかったという醜態。千載一遇のチャンスを逃し、絶対的エースの前田健太をメジャー移籍で失ったカープは、もう当分優勝に縁はないだろうと思っていました。これだけの戦力で優勝できないなら、この先も優勝できるはずないと。だから、開幕前はカープを最下位予想していたんですが…。ホント見る目なくてすみません。死んで詫びます。

マエケンの穴が野村祐輔の成長であっさり埋まってしまったというのは予想外。打つ方では、22歳の鈴木誠也が神懸かり的ブレイク。昨年までほとんど戦力として見られていなかった2選手が、いきなり最多勝エースと5ツールプレーヤーに成長したら、そりゃチーム力が急激に上昇して当たり前ですって~。

若武者の台頭、中堅菊池・丸の完全復調、ベテラン新井・黒田が存在感、ついでに外国人はどこかのDeNAとは違って全員大当たり。総てが好循環の中にあったといった感じで、優勝チームでもこれだけ全体のバランスが充実した戦力は珍しいんじゃないでしょうか。昨年は気の毒なぐらいボロカスに叩かれていた緒方監督もめっきり名監督扱いですし、欠点が何も見当たらなくなりましたね(笑)

カープというチーム自体には個人的な思い入れは特にないものの、先程も名前が出ました新井と黒田の活躍には並々ならぬ喜びがありました。経緯は異なるとはいえ、愛するカープを優勝させたい一心でチームにカムバックした2人のベテランが、念願の優勝を成し遂げて感極まりながら抱き合っていた姿には思わずもらい泣き…

黒田がすごいのは当然として、半ば戦力外で阪神から放出された新井が、これほど見事な活躍を見せるとは誰が想像したでしょうか。9月10日時点で、打率.304 本塁打18 打点98の堂々たる成績。FA移籍で一度はファンから蛇蝎の如く嫌われた新井が、こうしてチームに復帰して25年降りの優勝の原動力になるなんて、できすぎたドラマですよ。

丁度、NBAでも今年レブロン・ジェームスが生まれ故郷クリーブランドに優勝をもたらしたんですよね。地元の生え抜きスターがFAでマイアミ・ヒートに移籍したときの叩かれっぷりは凄まじかったですが、「I’m coming home」と再びクリーブランドの地に戻ってくると、見事キャバリアーズを52年ぶりの優勝に導いたという。選手の格こそ違えど、新井とレブロンが歩んで来た道はほぼ同じ。新井さんもこれで立派な広島のレジェンドですね!

広島カープの選手、ファンの皆さん本当に優勝おめでとうございます。今日はただただ広島カープの偉業を祝福したいです。しかし、あまり自惚れすぎない方がいい。貴方たちが今年セリーグを独走優勝できたのは、セリーグの他5チームが雑魚すぎたせいでもあるのですから! 今のカスみたいなセリーグを勝ち抜いたからといって、真の強者とは言えまい! この優勝を確かなものとするには、CSを勝ち抜き、パリーグとの日本シリーズを制するのみ! 真の戦いはこれからだ! 頑張れ広島カープ!

余談


せっかくカープが四半世紀ぶりに劇的な優勝を遂げるなら、本拠地マツダスタジアムで決めさせてあげたかったよね。そのお膳立ては完璧に整っていたはずなのに、まさかあそこで阪神の藤川が逆転スリーランを打たれるとはなぁ(笑) あれは巨人ファンの私ですらがっくりきましたよ。甲子園にまで駆けつけて、間接的にカープを応援していた広島ファンの落胆する姿が物悲しかった…。

2016 広島カープ 栄光への軌跡 絶対優勝特別号 (アサヒオリジナル)

出版社:朝日新聞出版( 2016-08-31 )

定価:¥ 1,080

Amazon価格:¥ 1,080

ムック ( 128 ページ )

ISBN-10 : 4022724900

ISBN-13 : 9784022724908


No Responses so far.