W杯アジア最終予選第3戦 日本1-1オーストラリア

誰もがその時だけは息をのんで見守るしかない、神に祈るしかないそんな時間。そんな時間を……盗めれば別っ…! 即ち…! FKを蹴る前! FKを蹴る前に笛を吹ければ別っ…! 突っ込んだのだっ……! レフェリーは…神の時間に手を……!

絶好の位置でFKを獲得した日本が、最後のワンプレーで見事勝利を手繰り寄せるか、それともオーストラリアが意地のディフェンスで耐えきるか、会場のサポーターが固唾をのんで見守っていた中で試合終了の笛なんて、怒りや呆れを通り越して笑えてきましたよ! こんなのってあり!?

多少ホームに有利な笛を吹くぐらいは大目に見ますけど、試合をぶち壊すような意味不明の笛はホント勘弁して欲しいです…。白熱した試合の決着を左右する最後の攻防を見せずに強制終了なんて、エンターテインメントとして失格でしょ。せっかくの強豪ライバル同士の対決が、審判の露骨な采配のせいで白けちゃったなぁ。

スッキリしない気持ちは、遠藤のパフォーマンスの低調さにも原因が。遠藤は代表になるとホントにシュート打ちたがらないですね~。周りに決定力の高い選手がいるんでパスしたくなる気持ちはわかりますけど、ゴール前でフリーなら躊躇せずシュート放って頂戴。

もう1人のガンバ戦士今野はまずまず。Jリーグで空中戦の弱さを露呈して失点を重ねているだけに、放り込み主体のオーストラリア相手は大変不安だったんですが、上手くいなしていましたね。地上戦では得意のしつこい守備も見せてくれましたし。

オーストラリア代表は結構メンバーが様変わりしてましたけど、Jリーグでお馴染みの選手がたくさんいて親近感

ノース(コンサドーレ札幌)
スピラノヴィッチ(浦和レッズ)
ミリガン(ジェフ千葉)
アレックス(清水エスパルス)
ケネディ(名古屋グランパス)

アレックス・ブロスケは今日は存在感薄かったですが、清水ではいい活躍してる選手。後半はケネディ出しても良かったんじゃない?

EA BEST HITS FIFA 12 ワールドクラス サッカー

EA BEST HITS FIFA 12 ワールドクラス サッカー

定価:¥ 3,758

Amazon価格:¥ 510

カテゴリ:Video Game

発売日:2012-06-14


4 Responses so far.

  1. 草薙静流 より:

    諸般の事情で暇になったので珍しく最初から見ていましたが…前半の胃の痛くなるような緊張感から一転して後半の栗原先制点後のカード出しまくりの大荒れになった試合でしたね。

    ラストのFK途中での笛は海外の試合ではでは良くあるようですけど確かに興醒めでしたね。印象的なのは日本側だけじゃなくオーストラリアサイドも抗議に出ていたこと。やっぱり判定にかなりの不満があったんでしょうね(素人の私でもおかしいと感じましたし)。

    ツイッターでも誰かがつぶやいていましたが、得をしたのは日本でもオージーでもなく、次の試合で主力を大量に出せなくなって有利に進められる中東チーム(と今日の主審)だったという事でしょう。

    まあ楽な予選なんてあるとは思っていませんけどね。

  2.  草薙静流さん
    TVを見ていた日本サポーターは「ええええ~~~~~!!!?」と口を揃えたでしょうね(笑) この筋書きは読めなかった。

    でも、完全にオーストラリア贔屓というわけでもなく、とにかくピーピー笛を吹きたがる変な審判だったので、両国の選手ともウンザリしていた感じ。実際、日本もオーストラリアも消耗しまくりで次戦以降に尾を引きそう。静流さんの仰る通り、あの審判が本当に贔屓したかったのは中東(イラク)なのかも…。サウジとイラクは確か仲悪かったように思いますけど。

    すんなりW杯に出場してもつまらないので苦戦は歓迎ですけど、こういうサッカーを冒涜するような真似は慎んで欲しいものです。

  3. ペーター より:

    笛を吹きたがる審判ってどのスポーツにもいるものなんですが今回のはひどい。
    いい加減アジア枠は東と西で分割した方がいいのではないかと思えてきましたよ。
    中東の笛も怪しいものがありますし、今のままだと灼熱のサウジから季節真逆のオーストラリアに中3日で連戦(移動時間8時間)とかあり得るわけで範囲が広すぎるんですよね。

  4.  ペーターさん
    最大のライバルである韓国と一度も戦うことなくW杯出場が決まるのは釈然としませんし、範囲が広すぎるというのはありますよね。東アジアから2、西アジアから1、残り1枠をプレーオフで争うぐらいがいいかも。

    でも、中東各国の何が何でも勝とうとする姿勢には肯定的ですし、多少の悪条件ではへこたれないぐらいタフな日本代表になって欲しい。そういう意味では、中東の試練を経験することは決してマイナスじゃないかな。