W杯アジア3次予選第5戦 日本0-1北朝鮮

平日夕方に50,000人もの観客を動員させる北朝鮮は恐ろしい。俄に殺気立ったスタジアムに君が代が流れると、掻き消すような一斉のブーイング。相変わらずで安心しました。

北朝鮮は観客も選手も前半から飛ばしすぎで、途中で絶対バテバテになるだろうと思っていましたけど、その運動量がなかなか落ちてこない。闘志を剥き出しにプレスをかけ、球際は厳しく、ハイボールには身体を投げ出して競り合う。その溢れる気迫がラフプレーに表れていたりもしましたが、この必死さ・懸命さは見ていて気持ちがいい。特にフィジカル負けしないハイボールの競り合いは日本も見習わなくては。

さすがに後半30分を過ぎると北朝鮮も足が止まり始めてチャンス到来。が、日本はビハインドで気が焦っているのか落ち着いたいつものパス回しができない。せっかく日本の時間なのに日本のサッカーをやれずに、無駄な拙攻の繰り返し。こういうときこそ、チームとボールを落ち着かせられる遠藤がいればなぁって感じましたね。

遠藤は本日休養。こんな消化試合で、人工芝のピッチで疲労MAXの遠藤を酷使されてはたまったものじゃないんで、ガンバファンとしては安堵していたのですが、遠藤を欠いただけでこんなにも質が落ちる日本代表には頭が痛い。「やっぱり遠藤がいないと…」という意見が噴出するのは嬉しいやら悲しいやら複雑な気持ちですよ。

これでザックジャパン初黒星。過ぎた連勝は慢心を生み、重荷にもなりかねなかったので、消化試合の今のうちに1つ負けておくのは丁度良かったと思います。ただ、負けた相手が北朝鮮ってところがチョット気に入らないだけで。

ワールドサッカーウイニングイレブン2012

ワールドサッカーウイニングイレブン2012

定価:¥ 5,122

Amazon価格:¥ 650

カテゴリ:Video Game

発売日:2011-11-03


この記事のトラックバックURL
  1. 軍人と上層階級の方々総動員ですよねぇ、どうみても。ザックさんが珍しく怒りを滲ませてたコメントでしたが、それ見越しての遠藤さん・香川君等のレギュラーメンバー温存だったのでしょう。東アジアの中では比較的フェアな戦いのチームにしては珍しいラフさでしたね。

    遠藤さんの他にも、吉田君・ウッチー(途中出場でしたが)といった縦のクサビ入れれる選手が不在だったのが、最後まで「怖い」攻撃が出来なかった原因かな?
    まぁ、遠藤さんの代わりと言っても、個人的には日本代表歴代NO.2のレジスタの代役がすぐに出てこないのはある意味仕方が無いかもしれません。
    (ちなみに、個人的NO.1は名波氏)

    >鹿島は次から次へと有望な若手が出てきて世代交代がスムーズ
    鹿島は創設時からブレてませんからねぇ、フロントの方針が。自チームのコンセンプト叩きこむのに3年かかると想定して、世代のバランス取ってますから。レンタル出す場合も基本はその後ですし、ベテランを戦力外にする際も、他のチームでまだ戦える内に…ですから。

    週末に日本で最も過酷な戦いの地域決勝が開始されますが、今年は決勝ラウンドが長居第2なので羨ましいです。一度は生で観戦してみたいので。

  2. 勝ってしまうと無事に帰ってこれなそうだし、これで良いのかなと思いました。
    これで大事な予選で格下と慢心して敗けることはないでしょう
    次は快勝してくれると期待してます

  3.  ののさん
    ラフプレーは確かに好ましくないですが、それを理由に敗戦の言い訳など成り立たない。戦力に劣る北朝鮮がフィジカルでがつがつ来るのは当然の戦略ですし、当たり負けして試合にも負けたなら、それはフツーに日本の弱さだと思いますね。

    ACLで勝ちきれないJリーグの問題点と一緒ですよ。お上品なサッカーに慣れすぎて、ラフに来られるとすぐ腰が引けてしまう。フェアプレーとは「親切」と同じで、自分が行うものであっても相手に求めるものじゃない。向こうがラフに来てもそれを寄せ付けない技術を身につけるか、逆に相手を潰してやるぐらいの気迫を持たなきゃ!

    >吉田君・ウッチー(途中出場でしたが)といった縦のクサビ入れれる選手が不在だった
    遠藤の役割を求めていたわけじゃありませんが、細貝がかなりひどかった…。攻撃の起点がどこにもなく、北朝鮮相手にチャンスメイクすらまともにできなかったのは失望。

    >自チームのコンセンプト叩きこむのに3年かかると想定
    世代交代のための育成を行いつつ、常勝を保つというのは本当にすごい。通常、常勝と育成はどちらかが疎かになるものなのに。有能なフロントによる綿密なスキームがあってこそですね。

     残念だがさん
    これまでの日本代表はあまりに上手くいきすぎている感があって、ふわふわしていた感じ。監督や選手は浮かれていなかったでしょうけど、ファンの気持ちを引き締めるために、意味ある敗戦だといえるかもしれませんね。

  4. >ラフに来てもそれを寄せ付けない技術を身につけるか、逆に相手を潰してやるぐらいの気迫を持たなきゃ!

    個人的には同感ですね。メジャーの報復死球みたいにやられたらやり返せの気持ちでいてほしいのですが、アジアの場合だとラフに付き合ってこちらも激しく身体当てにいくと報復行為受けたと演技するの上手い国ありますからね…。特に中東辺りは(苦笑)

    となると寄せ付けない技術となりますが、今の日本だとトップスピードの状態で正確に止めて蹴るといったことはまだまだな訳で。先は長いです。

    >細貝
    タイプ的にはスペース空けても潰しにいくクラッシャーなので、遠藤さんと組ませるなら大丈夫ですが、長谷部とのコンビだとどちらも動くタイプなのでそもそも合いませんでしたね、出来の方もアレでしたが。

    ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111117-00000005-sph-socc
    ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111117-00000005-sanspo-socc

    この状態で→国歌ブーイング→ラフプレイ
    流石に今回は腰引けるかな(汗)
    栗原辺りなんて、最初の1プレイでやられて最後まで立ち直れてませんでしたしね。ユース時代ヤンチャすぎたので、本能的な恐怖感じたのかと(汗)

    タジキスタンといい、過去の日本アウェー戦線の中でダントツのNO.1の過酷な連戦でしたね。

    >常勝と育成はどちらかが疎かになるもの
    ウチは折角若手育ってもお買い上げされる立場なので、とても身に沁みる言葉でございます。

  5. 相手にやられても我慢して相手しないのが「大人の対応」とされる日本において、「やられたらやり返せ」の精神はなかなか理解されにくいでしょうねー。でも、無法者相手には、ちゃんと抗議して、ちゃんとやり返さなきゃダメだと思います。サッカーの話なのか外交の話なのかわからなくなってきましたが。

    >(細貝)長谷部とのコンビだとどちらも動くタイプなのでそもそも合いません
    攻撃面はともかく、守備面でも相性が悪いなんて…。そういえば、レッズでも長谷部と細貝が共存していた時期ってなかったですよね? 今後、長谷部のスペアとしてはありかもしれませんが、長谷部と同時起用は控えるべきかなー。

    >この状態で→国歌ブーイング→ラフプレイ流石に今回は腰引けるかな
    うーん、記事を読むと確かに可哀想だと同情もできますが、国を代表して戦う選手としてはやや情けない感じもします…。仮に恐怖で心が折れたとしても、そんな弱音を記者に吐かないで欲しいな。まぁ、記者の勝手な創作記事って可能性もありますけど。

    >タジキスタンといい、過去の日本アウェー戦線の中でダントツのNO.1の過酷な連戦
    本当ですね。つい厳しい意見を並べてしまいましたが、本当に選手たちにはお疲れ様と労いたいです。

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。