W杯アジア3次予選第2戦 日本1-1ウズベキスタン

アジア第3次予選最大の難関、アウェーのウズベキスタン戦。まぁ、負けても予選突破にはそんなに影響しないんですけど、ザックジャパン無敗記録がかかっているから最低でも引き分けでという思いで視聴。

日本はトップ下に柏木ではなく長谷部を配置して、ボランチには代わりに阿部。早めに先制点を奪われてしまった日本は、遠藤も長谷部と並べて前目に上げるなんだか不格好なフォーメーション。いつもの日本の良さが出ない中、李がCFらしい動きでシュートまで持って行くも惜しいところで不発。

後半に清武を入れて、各人のポジションを本来の位置に戻すとようやく日本らしさを取り戻す。清武は代表ではリンクマンに徹していますけど、要所要所でホントいい仕事しますね。アシスト量産中のサイドからのクロスの精度もさすが。守備の不安があるんでしょうけど、もう素直に先発起用でいいんじゃないでしょうか?

ウズベキスタンで注目だったのは8番のジェパロフ。前線でのキープ力があり、タメを作ってサイドにパスを送ってはすぐさま自分も攻撃の一枚に加わる献身性。今、日本は本田の穴埋め模索して苦しんでいる最中ですが、最適なのはまさにジェパロフみたいな選手なんですよね~。アジア年間最優秀選手の称号は伊達じゃない(遠藤も)。

65分に内田のクロスから岡崎が見事な超低空ダイビングヘッドを決め、なんとか同点に追いついた日本は、そのままドローで試合終了。いつもよりキレも運動量もなくて試合内容的にはイマイチでしたが、アウェー中東ならこんなもんでしょうか…。とりあえず、最低限最低限。

ワールドサッカーウイニングイレブン2012

ワールドサッカーウイニングイレブン2012

定価:¥ 8,208

Amazon価格:¥ 1

カテゴリ:Video Game

発売日:2011-10-06


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. ウズベキスタンが隣国アウェー→ホーム、日本がホーム→ウズベキ遠征ですから、コンディション的に考えても今回の引き分けは御の字だったかと思います。

    >遠藤も長谷部と並べて前目に上げる
    机上のシステム論はあんまり…なのですが、一応は4-1-2-3で日本ではグランパスが採用しているタイプですね。有名なのはバルサ。(ただし2009/2010以前。2010/2011以降はある意味メッシシステム)

    中盤3人が、アンカー1枚 ブスケツ→阿部ちゃん
    セントラルMF2枚 万能型 イニエスタ→長谷部キャプテン
              司令塔型 シャビ→遠藤さん

    ぶっちゃけますと、今回のピッチコンディションみたいな場合には不向きですし、前線3枚(特にCF)が相手を上回ってないとダメだったりします。

    >本田の穴埋め
    家長君が案外似たタイプだと思うんですけど、献身性は(笑)
    素直に新旧セレッソ3人で良い気もしますが、昨日清武君が守備でやらかしていたので、ザックさん的にはやらない・・・かな。

  2. ウズベキスタンは遠すぎー。もうアジアで一括りにせず、中東は中東で1.5枠、その他のアジアで3枠でもいいんじゃないですかね。

    フォーメーションはバルサと同じというと強そうですし、メンバーもバルサと似通ったタイプがそれなりに揃っているので機能しそうなんですが、現実はなかなか上手くいかないから難しい。でも、アジアでは自分たちでディフェンス打開する展開が増えるので、ザックは長谷部・遠藤も前線に絡んでくる攻撃を所望しているんでしょうね。

    >前線3枚(特にCF)が相手を上回ってないとダメ
    私は昨日の李はよくやっていたと思うんですが、割とみんな厳しめの評価。これだけ選手層の厚くなった日本なのに、依然としてCFだけは埋まらないのが悲しいなー。

    >家長君が案外似たタイプだと思うんですけど、献身性は(笑)
    家長の前線でのキープ力はすごいですからね! テクニック、ドリブルスキルも高く、パスセンスも抜群。あとはシュートが枠に飛ぶようになるのと、もう少し走る姿勢を見せてくれれば…(笑) まぁ、ブラジルのトップ下でガンソみたいな奴も出てきましたし、今のスタイルを愚直に貫いてもいいのかもしれない。