AFC CHAMPIONS LEAGUE 2015準決勝2ndレグ 広州恒大と引き分けガンバ大阪決勝進出ならず

ガンバは決勝進出ならず2015年のACL挑戦はベスト4で終了。結果は0-0のスコアレスドローではありましたが、気分的には3点差ぐらいついたような敗北感。ある意味で一番力の差を感じる試合でしたね。まさに横綱相撲で捻られました。

この試合のガンバの思惑としては、「1-0で勝利してアウェイゴールの差で決勝進出」でした。長谷川監督は「1-0を狙うつもりはない!」と勇ましいこと宣っていましたが、当然そんなのはブラフ。ガンバはとにかく前半を0-0でしのぎきり、後半に1点をもぎ取ってそのまま逃げ切ろうという魂胆が見え見え。

広州恒大の立場からすれば、「そうはさせるか!」でしょう。わざわざガンバの思惑通りに1点勝負をする必要はありません。アウェイゴールの1点で容易くひっくり返る状況は彼らだってプレッシャーのはずですし、普通なら点の取り合いに持ち込んで楽に勝ちたいところ。

ところが、広州恒大はガンバのゲームプランに丸々乗っかり、綱渡りの1点勝負に付き合ってくれたという。カウンターで時折決定機は作り出すものの、攻め気はほとんどなく終始ディフェンス重視。ガンバとしては願ったり叶ったり。広州恒大の驚異的な攻撃力に晒される恐れなく、これで1点をもぎ取ることだけに集中できたのですから。

ほとんど決勝進出の可能性はないと諦めてかけていた試合でしたが、これで少し光明が見えてきました。実力差ある相手でも、ホームで1-0で勝つことはサッカーにおいてそれほど不可能なことではありません。さぁ、総攻撃を浴びせかけて意地で1点をもぎ取れ!

そうした期待の上での、0-0引き分け。こっちのプラン通りの戦いで推移させてもらっていながら、それでもなお、まったく歯が立たなかったという現実に打ち拉がれます…。籠城を続ける広州恒大に対し、こちらは天を覆い尽くすほどの矢の雨を降らせましたが、放った矢は1本たりとも本丸に届くことはなく。城門すらも突破できず綺麗に全滅でした。これほど絶望感を憶えたスコアレスドローの試合はありませんよ。

パトリックの強さと高さは、他のアジアのクラブには充分通用していましたが、広州恒大の前ではその力を発揮できないまま。ガンバは192cmの長身FW長澤を途中投入して、パトリックとのツインタワーでパワープレイに持ち込みましたが、それでもほとんど何もさせてもらえませんでした。中央を制圧されているガンバはセカンドボールをことごとく相手に奪われ、チャンスすら生み出せず終い。全然ダメでしたね。広州恒大すげーわ。


ACL2015、ガンバ大阪の戦いを振り返って

昨年三冠に輝き、Jリーグの看板を背負って足を踏み入れたACLの舞台でありながら、最悪の開幕2連敗スタート。Jリーグの顔に泥を塗る無様な醜態にほとほと呆れかえりましたが、そこからよく立て直してベスト4まで駒を進められたと思います。7年ぶりのACL制覇ならなかったのは無念ですが、Jリーグ代表として面目立つ結果は残せたかなと。

今年のガンバが評価できるのは、FCソウル、城南、全北と対戦のあったKリーグ3チームを総て撃破していること。毎年のようにKリーグに苦杯を舐めさせられてきたJリーグだけに、この苦手意識を払拭できたのは大きいです。

ガンバがKリーグと互角以上に渡り合えていたのは、フィジカルで引けを取らなかった点。ガンバの選手は決して体格に恵まれた選手が多いわけではありませんが(パトリックは別格とはいえ)、序盤の連敗以降、チーム全体が意識改革して、フィジカル勝負から逃げずに真っ向から立ち向かうようになりました。競り合いを恐れず、球際に強くいって、身体をぶつけてボールを奪う。当たり前のことですけど、Jリーグはその当たり前のディフェンスができていませんので。

アジアの舞台で戦うならそういった勝負ができないと話にならないですし、ここは意識さえ変えれば何とかなる部分。ラグビーのエディー監督風に言うなら、マインドセットですよ。Jリーグの他のクラブも、そういったマインドセットをきっちり行った上でACLに挑めば、そうそうKリーグに後れを取るはずがないのです。

最後の広州恒大はマインドセットでどうこうできる相手じゃなかったので、ここを上回るのは単純にチームとしての底力を上げていくしかないですが…。中国に負けてなるものかと、Jリーグ全体でレベルアップに取り組んでいかなきゃですね。世界がどうのこうの叫ぶ前に、こんな身近にいい目標がいるんですから、まずはここを超えましょうよ。

No Responses so far.