AFC CHAMPIONS LEAGUE 2015準決勝1stレグ ガンバ大阪は1ー2で広州恒大に敗れる

ガンバが1点を先制しながら、後半に逆転を許して惜しくも敗戦。でも貴重なアウェイゴールは得られましたし、1点差なら大丈夫大丈夫! 次はホーム万博で1-0で勝てばいいだけ! いけるいける!

スコア的にはそんな風にポジティブになれる結果でしたが、実際試合を見るともはやガンバに勝ち目はないと痛感します。…こんなに実力差がありますか。スコア的には体面を保っても、試合内容的にはまったく勝負の体を保っていなかった。完全に大人と子供の差で、ガンバは何1ついいところなし。これは辛い…。

広州恒大はシンプルに強かったです。ムリキがいた頃は、中国人が必死に守って、外国人様あとはなんとかしてください戦法だったのですが、今や名実共に王者のサッカーをしていますね。フィールドを目一杯広く使ったダイナミックな攻めで、攻撃のアイディアも多彩。逆にガンバの方が、日本人で必死に守って、攻撃はパトリック様なんとかしてください戦法。すっかり立場が逆転しましたな…。

相手にボールが渡ると全部がピンチに感じられるほどの威圧感。こちらがボールを保持していないと怖くてしょうがない。1-2で済んだのは、相手の細かい部分の精度の低さと、運のなさ(ガンバにとってはラッキー)に助けられた結果だと言えますよ。

ガンバディフェンスは選手同士が連携していい距離感を保ち、ファーストディフェンスが崩されてもすぐさまセカンドディフェンスで対応できるカタチができており、この守備組織は最後まで大きく崩れることはありませんでした。しかし、「厚みのあるディフェンスでしっかり対応できた」というと聞こえがいいですが、ガンバはことごとくファーストディフェンスで止められない。セカンドディフェンスでなんとかギリギリ防いでいたという表現の方が正しく、基本的には好きなようにやられていましたね。

問題は、ガンバの選手が中央で全然身体を入れられず、相手に好きなように展開を許してしまうところ。このレベルになると意識の差ではカバーできないフィジカルの差が感じられます。中央のバイタルエリアでボールが奪えないので、とにかく引いて引いて壁を作るしかない。そんな苦し紛れの守備。

攻撃面でも、中央を一度たりとも崩すことができなかったので、サイドでボールを回すだけで手詰まり。中央でボールを競れないようでは、攻撃も守備もぼろぼろなのは当たり前の話ですよ。2ndレグに希望が持てないのは、そういう基本的な部分で完敗してしまったからです。

まぁ、この試合ガンバは最初から腰が引けた戦いだったのは間違いありません。本当の勝負はホーム万博でつける算段でいたでしょうから、2ndレグはこれよりは多少マシな試合ができるはず……そう信じたいです。潰されて失点に繋がったのはレギュラーCBではないキムジョンヤでしたので、そこは丹羽が復帰すれば修正できると思いますし、攻撃面では前掛かりになった方が宇佐美は活きてくる。この試合の宇佐美は、一切存在感なかったですけどね。

ウイニングイレブン 2016 - PS4

ウイニングイレブン 2016 - PS4

定価:¥ 8,208

Amazon価格:¥ 6,980

カテゴリ:Video Game

発売日:2015-10-01


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL