AFC CHAMPIONS LEAGUE 2015 Jリーグ王者ガンバ大阪がKリーグ王者全北に劇的勝利で準決勝進出!

Jリーグの地盤沈下が叫ばれる昨今、2014年に成し遂げた国内三冠という偉業を確かな価値にするためには、ACLという舞台で結果を残すことが絶対条件。特定のクラブをディスるつもりはないですけど、いくら1stステージ全勝優勝を果たしたと言ったって、ACLで惨敗していたら何の価値もないんですよ。自分たちが成し遂げた「Jリーグ優勝」という価値を高めるためには、自分たちがアジアの頂点に君臨して、Jリーグの価値を証明するしかないのです!

一方的な猛攻に晒されながら、意地と幸運でなんとか引き分けに持ち込むことができた全北ホームでの1stレグ。敵地で引き分けに持ち込めたのは御の字でしたが、アウェイゴールを1点も奪えなかったことで、2ndレグはタフな試合になる予感がありました。

その予感はあっさりと現実のものに。開始11分で早くも相手にPKから先制点を許してしまう厳しい立ち上がり。失点直後、相手のオフサイドトラップを見破っていたガンバのスカウティングの勝利ですぐさま1点を奪い返しましたが、1-1のスコアのままではガンバのACL敗退が決定。“引き分けではダメ”という状況がガンバに重たくのしかかります。

当然、全北は無理することなく、ディフェンスを固めてくる。ガンバはこの日も絶好調だったパトリックが、高さと突進力で前線を掻き乱してくれましたが、なかなかいいカタチでフィニッシュまで至らない。試合終了が近付くにつれ、全北はPA内の人数を増やしてより守備重視になり、得点の糸口が掴めないガンバ。そんな折り、巧みなポジションチェンジで相手ボランチのマークを振り切った倉田が、バイタルエリアからフリーでミドル。これが中央を固めていたDFに当たってゴールに吸い込まれ、値千金の勝ち越しゴールに!

形勢は一瞬にして逆転しましたが、ここからの全北のギアの入れ替えは見事でした。CBを2枚外して、完全なる攻撃モードにシフト。見るからにでかい189cmのスペイン人FWウルコ・ベラが投入されると、ひたすら彼にハイボールを集め、小細工なしの徹底したパワープレイ。全北の迷いのない戦術が波状攻撃を生み、リードしているはずのガンバが逆に余裕を失うという非常に拙い展開。

そして、右サイドに展開したイ・グノの滞空時間のロブパスから、ウルコ・ベラにヘッドであわせられて悪夢の同点ゴール…。ガンバディフェンスはこのパターンを最も警戒していたはずですが、わかっていても止められない高さの脅威。

残り時間僅かになって追いつかれ、再びガンバは敗退濃厚。半ば勝敗は決まったともいえる状況でしたが、「アディショナルタイムにもう1回チャンスは来るはず…!」と私はまだまだ希望を捨てていませんでした。が、そのチャンスを倉田が外して「終わったな…」と希望を捨てました(笑)

そこからラスト1プレイでの奇跡。センターサークル付近でこぼれ球を得た遠藤が精度の高い縦パスを通すと、前線に張っていたキムジョンヤがポストになり、CBとは思えぬ絶妙なトラップ&スルーパス。反応したのはSB米倉。元FWとしての嗅覚なのか、抜群のタイミングでDF裏に抜け出した彼は、背後からのディフェンスに一度はシュートを空振りさせられながらも諦めずにボールに食らいつき、執念でシュートをゴール右隅に決める! 紙一重も紙一重、少しでもタイミングが遅れたら、少しでもコースが外れたら生まれなかった奇跡の逆転ゴールでした!!

ここまで魂が揺さぶられる劇的な試合はなかなかお目にかかれません。アディショナルタイム、ラストプレイでの逆転劇という試合展開としての凄みだけでなく、ガンバと全北の選手が共に闘志を剥き出しにして、最終ラウンドのゴングが鳴り終わる瞬間まで全力で戦い続けた姿は実に壮絶でした。全北のこの試合にかける半端じゃない思いは、米倉にゴールされた直後、虚ろにへたり込むDFの泣きそうな表情が象徴していましたね。彼らも韓国王者としての強いプライドがあり、絶対に勝ち上がるんだという悲壮な覚悟で試合に臨んでいたからこそ、この歴史的な激戦が生まれたんだと思います。

こういうプライドをかけた本気の試合を体験できるのがACLの素晴らしさ。何度でも申しますが、ACLは罰ゲームじゃないですし、ここで勝てないJリーグクラブはいくら国内で無双を誇っても無意味。そのことを、チームも、ファンも、フロントも、協会も、マスコミも、全員が認識した上で、日本のJリーグを強力にバックアップしてもらいたいですね! 次戦は現役ブラジル代表を擁するアジアレベルを超越したスーパースター軍団。これに勝てたら本物だ!!

ウイニングイレブン 2016 - PS4

ウイニングイレブン 2016 - PS4

定価:¥ 8,208

Amazon価格:¥ 9,742

カテゴリ:Video Game

発売日:2015-10-01


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. いやー某動画サイトで見たけど米倉のプレーはすごかったわ。
    次節は監督不在だけど頑張ってほしい。
    あ、あと10/4は本気出さなくていいです。

    • 攻守に活躍の米倉の補強は本当に大きかったです。千葉生まれ千葉育ちなのによく大阪まで来てくれましたよ。ありがたやありがたや。

      今年はACL重点でリーグはそこまで期待していませんけど、できれば年間順位1個上げてチャンピオンシップでたいので、10月4日も勝ちたいです(笑)