AFC CHAMPIONS LEAGUE 2015 ガンバ大阪が城南FCとの一戦を制し、グループ首位突破を果たす!

ACLグループステージ最終戦。絶望の2連敗スタートでいきなりあとがなくなったガンバは土俵際から息を吹き返し、この城南FC(韓国)との戦いに勝てば予選突破が決まるという状況まで持ち直しました。天国と地獄を左右する大事な大事な一戦。私もスタジアムに足を運んで現地観戦してきました。おかげで、劇的な逆転勝利で突破を決めるという最高の試合を観させてもらいましたよ!!

絶対に勝たなくてはならない試合で、いきなり先制点を食らったときはもう目の前が真っ暗でしたけど…(笑) ここ最近のガンバは連戦続きで、DFが次々と怪我で離脱して正規のDFを試合に出せないという緊急事態。本来ボランチを務める新戦力の小椋が急遽右サイドバックを務めているんですが、正直内容はかなりひどかったです。慣れないサイドバックでポジショニングを誤るのは仕方ないにしても、1対1の対人守備ですら無様に抜かれてしまうようでは使い物になりません。右サイドハーフの阿部がカバーに奔走させられ、前半はほとんどいいカタチが作れませんでした。

後半はその小椋が退き、CB丹羽が右サイドバックに。この丹羽もサイドバックはほとんど経験がないはずですが、この起用で守備が一気に安定。丹羽は非常に闘志溢れる激しいディフェンスを見せてくれて、韓国の選手相手に怯むことなく、思いきり身体を当てに行って強引にボールを奪い取っていました。

これまではJリーグ仕様のリトリートディフェンスで球際の弱さを露呈し、韓国や中国にいいようにやられていましたが、意識改革できたのかこの日の試合ではフィジカルコンタクトで圧勝。逆に韓国の選手を2人も負傷退場させましたしね。サッカーはこれぐらい厳しく行かなきゃ、ダメなんですよ。

フィジカル的には強さを見せてくれたガンバですが、中2日、中2日、中3日という地獄のスケジュールのせいで、運動量は残念ながらかなり低かったです。でも幸いだったのは、城南FCの方も後半ぱったり足が止まってくれたこと。調べてみれば、相手も11連戦をこなしていて相当コンディションは悪かったみたい。しんどいのは日本だけじゃなく、韓国もということですね~。

全体的に選手の足取りが重い中で、FWのパトリックと宇佐美はよく動いてくれていました。パトリックは前線で何度も動き直しをして、ボールを引き出そうとする献身的な動き。宇佐美も守備しない・運動量がないと問題視されていたのが今は昔。この日は試合終了まで守備に奔走し、数々のピンチを救う大活躍。今ガンバで一番疲労がたまっているのは宇佐美のはずなんですが、その宇佐美が攻守両面で奮闘してくれたのが勝利に結びつきましたよ。

というか、もう宇佐美は別格ですね。宇佐美が前を向いてボールを保持したときは、ことごとくチャンスに結びつく。キープ力すごいわ、ドリブルでごりごり突破するわ、広い視野でパスは的確だわ、シュート力はワールドクラスだわで、明らかにフィールド上で彼1人だけが別次元。本日誕生日ということで特別気合が入っていたんだと思いますが、それにしても圧倒的なパフォーマンスでした。日本で一番すごいサッカー選手ですよ。

その宇佐美のバースデーゴールと、途中出場「仕上げのリンス」によって逆転ゴールがもたらされ、万博記念競技場は興奮のるつぼ。このアジアのタフな戦いを苦しみながらも勝ち抜き、見事グループステージ首位通過を成し遂げて、Jリーグ王者の面目躍如を果たしたガンバ大阪を心から讃えたいです。この試合は、私が今まで観戦した試合の中でも、最も感動的だった試合の1つだと言えますね!

まぁ、ACLグループステージ突破は目標ではなく義務なので、本当はこんなことで大喜びしていてはダメなんですが。でも、最初の3戦で1つも勝てなくて完全に諦めムードだっただけに、この奇跡の巻き返しによる予選突破は心底嬉しい。リーグ首位の浦和がアジアでまったく勝てず、鹿島まで敗退して、Jリーグの不甲斐なさが取り沙汰されていた中だけに、ガンバが決勝トーナメント進出を勝ち取ったのは大きいです。やはり昨年の三冠王者のプライドとして、こんなところで負けるわけにはいかなかったですから! Jリーグの看板を背負っているんで、アジアにJリーグの名前を轟かせる最高の結果を残してほしい!!

帰りは建設中の新スタジアムの近くを通って思いを馳せる。だいぶ完成してきましたねー。今日のような劇的な試合を、早くこの新スタジアムで観戦したいな。

フットボールサミット第27回 史上最強のガンバ大阪へ

出版社:カンゼン( 2015-01-09 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,404

単行本(ソフトカバー) ( 232 ページ )

ISBN-10 : 4862552935

ISBN-13 : 9784862552938


この記事のトラックバックURL
  1. ガンバ予選突破おめでとうございます。
    罰ゲーム扱いされているACLですが、他チームファン(notサポ)とはいえ
    やはりうれしいものです。
    あ、あと小椋は試合出場時間で察してください。

    • ACL制覇を経験しているガンバ・レッズは、選手もサポーターも恐らく罰ゲームだとは感じていないでしょう。だからこそ、そのレッズがほぼ完敗でグループステージ敗退したのは嘆かわしいですね。国内で無敗を誇るクラブが、アジアでちっとも勝てないのはJリーグの顔に泥を塗る行為ですよ! 危うく、ガンバもその立場になりかけましたが。

      >小椋は試合出場時間で察してください
      小椋もファイトしていたのであまり叩きたくはないのですが、ちょっと守備が不安すぎました。あれ以上出場していたら、きっと失点に絡んでいたはず。

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。