AFCアジアカップ2015準々決勝 日本1(4)ー1(5)UAE

連戦続きで中2日という過酷な日程。この状態で日本代表に万全なパフォーマンスを望むのは難しい。それでもスタメンは4試合連続で変えてこないアギーレ監督。出し惜しみなく交代カードを早めに切ることで対応はしていましたが、その早すぎる交代が土壇場になって響いてきたと言えましょうか。死に体だったUAEにPK戦まで持ち込まれ、無念の敗退を喫してしまいました…

立ち上がりにいきなり先制して試合を優位に運びながら、そこからは日本の一方的な猛攻に耐え続けるだけだったUAE。序盤こそ守勢に回りながらもカウンターの意識を残していましたが、後半早々にスタミナ切れで足が止まると、もはやガードだけを必死に固めるサンドバック状態。この時点でKOは時間の問題でした。

ところが、完全にグロッキーになっているUAE相手に、いくらパンチを連打してもまったく有効打を与えることができない日本の不甲斐なさ。相手はまったく寄せに来ることなく、ただゴール前で壁を作っているだけなのに、ちっともその壁を乗り越えられない。密集地帯となっているエリア内でわざわざボールをもらいたがったり、密集地帯となっているエリア内にわざわざクロスを上げたがるいつもの悪癖。緒戦のパレスチナ戦でもまっっったく同じこと言いましたけど、どうしてもっとミドルで打開しようとしないんですか!

事実、唯一奪った柴崎の得点はミドルシュートだったじゃないですか。日本代表はエリア内で打ちたがる選手が多すぎるんですよ。インサイドを固められたら、外から3Pで射貫いて守備範囲を広げる。こんなのバスケじゃ基本も基本。ゾーンで中が固められているのにムキになって、ポストアップで勝負させたり、ペネトレイトを仕掛けたりするバカはいないのですよっ。

でも、日本代表のメンバーを見てみると、3Pシューターと呼べるのは柴崎と長谷部ぐらいなもんなんですよねぇ。こういうとき、宇佐美というピュアシューターがいれば、攻撃を質をガラッと変えることができたのに。結局、私の不満は宇佐美を呼ばなかったことに集約されてしまうわけですが…(笑) 「走らないから…」なんて理由で宇佐美を呼ばないほど、日本は贅沢言えるようなチームじゃないでしょ!

まぁそれでも、相手はガス欠で何もできない有様ですから、追いつきさえすれば延長で普通にトドメを刺せると思っていました。しかし、ここで長友が右足負傷というアクシデント。既に3枚カードを切っているので交代選手を送れない日本は、事実上選手を1人失ったままで、攻撃に行けなくなってしまう。結果、日本とUAEのお互いが無理をすることなくPK決着を望む展開に。

この判断も私はどうかと思いましたけどね~。完全に戦闘意欲を失っていたUAE相手にPK戦までもつれ込まれる時点で、日本は負けていましたよ。日本は意地でも120分の間に勝負を決めておくべきだったでしょ。

終わってみれば、UAEのシュート3本に対して、日本はシュート35本。UAEのコーナーキック0本に対して、日本はコーナーキック18本。この圧倒的なスタッツの差で負けるとは、本当に恥以外の何物でもないです。ハードラックや決定力不足では片付けられない日本の救えぬ勝負弱さ。

香川は前試合の得点で厄落としできたと思ったのに、今日は怒りを通り越して哀れみを感じるほどにダメダメでしたね…。勝負に行くところで行かず、無理に勝負して枠外に外す悪循環。もう香川と武藤だけで半分ぐらいシュート外していたようなイメージ。遠藤からの絶妙なクロスを、ドフリーの武藤がそのままヘディングで決めていたら、なんてことなく勝てていた試合だったのになぁ~。

ヘイトを吐き出してばかりなのも何なので、最後に良かったところを1つ挙げておくとするなら、酒井高徳の頼もしさ。豊富な運動量で攻守両面で活躍してくれていて、内田がいない穴を充分すぎるほど埋めてくれました。オマルに頭突きされたあと、ヤンキー顔負けのガンつけをしていたのも良かったね!(笑) あの顔で凄まれると超怖い!!

ワールドサッカー ウイニングイレブン2015 - PS3

ワールドサッカー ウイニングイレブン2015 - PS3

定価:¥ 8,208

Amazon価格:¥ 1,790

カテゴリ:Video Game

発売日:2014-11-13


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL